« 上賀茂神社 | トップページ | 京の六地蔵巡り »

2006年8月22日 (火)

下鴨神社

賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)は、京都市左京区にある神社で、一般には下鴨神社(しもがもじんじゃ)と言われています。
式内社、山城国一宮、二十二社の一社で、旧社格は官幣大社。
賀茂別雷神社(上賀茂神社)とともに古代の賀茂氏の氏神を祀る神社であり、賀茂神社(賀茂社)と総称され、両社をもって一社のような扱いをされてきました。賀茂神社両社の祭事である葵祭で有名。葵祭については別に記事にします。
上賀茂神社の祭神である賀茂別雷命の母の玉依姫命および玉依姫命の父の賀茂建角身命を祀ることから「賀茂御祖神社」と呼ばれる。八咫烏は賀茂建角身命の化身です。
社伝では、神武天皇の御代に御蔭山に祭神が降臨したと伝えられます。
西暦紀元前の崇神天皇の時代(BC90年頃)に神社の瑞垣の修造が行われたという記録があるといわれています。
また社殿が造営されたのは西暦450〜500年頃といわれているようであるが、天武天皇6年(677年)とするのが正確ではと言われています。
また一説には、天平のころに上賀茂神社から分置されたともされます。
上賀茂神社とともに奈良時代以前から朝廷の崇敬を受け、
平安遷都の後は桓武天皇が、当神社に行幸されて以来、皇室との繋がりが強くなったといわれています。
平安京遷都以降は皇城鎮護の 神、賀茂皇大神宮と称せられるようになり、大同2年(807年)には正一位となり伊勢神宮に次ぐ地位が与えられ、伊勢神宮と同様、齊王(さいおう:神社に 奉仕する未婚の皇女)がおかれたという。より一層の崇敬を受けるようになりました。
 
見所は以下のとおりです。(いずれの建物も重要文化財指定です。)
・糺の森:
 神社は3万6千坪の広さをもつ「糺(ただす)の森」の北側に位置しており、参道はこの森の中を縦断。「糺の森」は古代の山城国の名残をとどめている自然環境とされ、国史跡に指定されている。

・森の中、参道に平行して西側に馬場が設けられており、ここで毎年5月3日には「流鏑馬(やぶさめ)神事・平騎射」が行われます。

・縁結びの御神木:
 楼門の前、楼門に向かって左側に「縁結びの御神木」があります。
 この「縁結びの御神木」の傍に祀られている下鴨神社の末社「相生社」の神威によって二本の木が一本に結ばれたといわれ、陰陽和合、縁結び、安産子育て、家内安全の御神徳の現れであるとされている。

・楼門:

御手洗社:

・「御手洗社(みたらししゃ)」
 社の前の池は「みたらしの池」とよばれ、毎年7月の土用丑の日には多くの人がこの池に足を入れ厄除け、病除けを祈るという「足つけ行事」が行われる。また、この池に湧く水の泡を人の形にかたどったのが「みたらし団子」で、ここがそれの発祥の地という。

・言社
 「えとの守り神」ともいわれ、中門の内側、幣殿の前に建てられている。
 大国主命は七つの名前を持っており、名前ごとに祀られているので七つの社になっているという。それぞれが十二支の守り神として、また、商売繁盛の神として信仰されているようである。

・本殿:
 「西本殿」には賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)、「東本殿」には玉依媛命(たまよりひめのみこと)が祀られている。
国宝に指定されている。

・大炊殿・御井
 「大炊殿」はお供え物の内、主として飯、餅など穀物類を調理する場所で、「御井」はお供え物の調理に用いる水を汲む井戸であったとされている。

上賀茂神社ともども参考として神社の公式サイトやwikipediaなどを見て勉強しました。

|

« 上賀茂神社 | トップページ | 京の六地蔵巡り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下鴨神社:

« 上賀茂神社 | トップページ | 京の六地蔵巡り »