« 脳のはたらきと子どもの教育を読んで、その2 | Main | 脳のはたらきと子どもの教育を読んで、その5 »

January 21, 2010

脳のはたらきと子どもの教育を読んで、その4

坂野登さんの著書「脳のはたらきと子どもの教育」もあと、残すところ、
「学び取り」と「能力、学力、人格」の二つ。
では、早速「学び取り」についてみていきます。
まず著者は「進化の最高段階にある人間の脳」について確認。
脳の中で大脳皮質の占める割合が大きいこと、その中でも前頭葉の占める割合が大きく、左右の大脳半球が対照的ではなく、分化していることが、人間の言語、ならびに知的操作能力に大きな役割を持っていることを述べます。
ここで再確認。
第三ブロックと第二ブロックの共同作業が学び取りには大切である。
と、言うこと。
そして、いよいよ本題として学び取り。
これは学習すべき素材を自分の中で消化、わがものにすると言う過程のことだと著者は定義。
そのためには、まず学び取りたいと本人が十分に動機をもつことが必要。
ここで母国語習得について例として挙げています。
まず、子どもは母親(保護者)との感情的結びつき、共感を持つことで第一ブロックと、さらに第三ブロックが密接に結びつく。
その感情的支えが学び取りの基礎である。
ここでは、子どもの意識をさらにはっきりさせる、つまり記憶痕跡が確かに定着していると、次の情報にも対応が早い、と言うのです。
具体的には規則正しい生活を送らせる、ということです。
生活のリズム、自分の役割などなどを基本的な生活として学び取る。
これが第一ブロックの準備体制を整えることだそうです。
学び取りとは模倣。
ゆえに子どもは何回も試行錯誤する中で母国語を獲得していくようです。
その手段としては、「読むとか書く」は必須だそうです。
さらに著者は「詰め込み教育」について脳の見解から述べています。
それによれば、詰め込みは主に脳の第二ブロックに関係しているそうで、
本当に自分の中で消化、わがものに出来るのは、第三ブロックのはたらきによることが大きいと言うのです。
この後は私の私見ですが。
と、言うことは、子どもの発達段階を考えると、
第三ブロックが急速に発達する7〜8歳児以降でなければ、
高度な知的活動はまだ無理なのかもしれません。
幼児教育がガンガンと言われて久しいのですが、
この時期の子どもたちには、計算をやたらさせたり、外国語を覚えさせることよりも、母国語をしっかり定着させるとか、あるいはワクワクするような「体験」「経験」が必要なのでしょうか???
その後、就学期に入った児童の場合、低学年はまだ第二ブロック段階なので、
ドンドンと詰め込ませる(ひらがなとカタカナとか、簡単な計算とかとかのことですが)。
そして頭のポケットに情報を入れる。
その後、高学年になり第三ブロックが発達した頃は「意味」を考える時期にきているので、しっかりと意味付けをして教えることが効果的なのでしょうかねぇ???
なかなか参考になります。
尤も、これも一つの理論であり、個人差は当然あるので、一様ではありませんが、
子どもの発達についてきめ細かく観察しながら課題を与えることは必要だと思います。

|

« 脳のはたらきと子どもの教育を読んで、その2 | Main | 脳のはたらきと子どもの教育を読んで、その5 »

Comments

I believe what you wrote made a great deal of sense. But, what about this? what if you were to write a killer title? I am not saying your content isn't good, however what if you added something that grabbed people's attention? I mean 脳のはたらきと子どもの教育を読んで、その4: イマドキ(ドキ)の子どもたち is a little plain. You ought to peek at Yahoo's front page and see how they write news headlines to grab people interested. You might add a related video or a picture or two to get people interested about what you've got to say. Just my opinion, it would bring your blog a little livelier.

Posted by: Googleplaygiftcodegenerator.Blogspot.Com | September 16, 2015 at 02:05 AM

Do you have a spam issue on this website; I also am a blogger, and I was wondering your situation; we have created some nice procedures and we are looking to swap methods with other folks, why not shoot me an e-mail if interested.

Posted by: free google play Gift card Codes | October 03, 2015 at 08:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/47351298

Listed below are links to weblogs that reference 脳のはたらきと子どもの教育を読んで、その4:

« 脳のはたらきと子どもの教育を読んで、その2 | Main | 脳のはたらきと子どもの教育を読んで、その5 »