« おやぶん、どうもすみません | トップページ | 指輪物語とロード・オブ・ザ・リング »

2004.02.10

またまた国会です。

またまた、国会中継を見て感じたことをちょっと書いてみます。

今日は衆議院予算委員会がテレビで中継されていました。
私は夕方のほんのちょっとの時間しか見ることが出来ないのですが、今日見ていて思ったことは
野党の質問に問題があるのでは?ということです。
私が見たときは民主党の議員の「道路公団の民営化」についての質疑でした。

「そうり、あなたは私の質問になにも答えていない。」
「いや〜さっきから答えていますよ。ちゃんと答えていますよ。」
「そうり、何回聞いても同じことばかり言って、国民になにも説明していない、それでいいと思っているのですか?」
「私は、さっきから何回も答えていますよ。質問が同じだから、答えが同じなのは当然でしょう。それとも民主党は相手によって答えがちがうのですか?」
「(^^;」

この勝負、小泉さんの勝ち。

だって、民主党の議員の質問って、「総理の人間性」について質問しているのです。
そんな「人間性」について聞かれたって、
「いや、、私はそうはおもわない、、、、」と言われればそれで話はおわり。
国民である私たちにとって、「小泉総理が個人的にいい人か悪い人か」なんてどうでもいいことなのです。
それを延々と国会の場で、
質疑なんてするな〜〜〜
質問して欲しいこと、訴えて欲しいことは「現状、将来」についてなのです。

野党のせんせい。
もっと、論理学、詭弁法?
勉強してくださ〜〜〜い。

|

« おやぶん、どうもすみません | トップページ | 指輪物語とロード・オブ・ザ・リング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/183441

この記事へのトラックバック一覧です: またまた国会です。:

« おやぶん、どうもすみません | トップページ | 指輪物語とロード・オブ・ザ・リング »