« 赤神と黒神 | トップページ | 引っ越し体験 その2 »

2004.03.21

引っ越し体験記 その1

夫の仕事の都合で、先週引っ越しをしました。
長年住み慣れた東広島を後にするのはとてもつらいものがありました。
子どもも友人と別れるのは、寂しいのか、口にこそ出さないものの体が変調をきたしたりと大変でした。
さて、しばらくこのWEBで引っ越し体験を書きますね、、、

今日は引っ越し業者の選定。
私は引っ越しすることは予めわかっていたので、一月の終わりに数社の業者に見積もってもらいました。
営業の方が見えて、おおよその日程や、こちらの希望(どこまで自分でするかなど)を聞かれました。
次に、家をザッーと見て家具や家電製品などをチェック。
箱の数を計算してどれくらいのトラックで運ぶか算出。
そして見積金額を出してきます。
そこで驚いたことには、業者によって値段が倍も違うということです。
同じ物をみているのに、、、
まず、作業人数が違う。トラックの大きさが違う。箱の数も、もちろん違います。
さらに驚いたことは、ある業者の営業担当は初め「奥さん、○○くらいかかりますよ、、、」
と言うのです。
そこで、私が「ちょっと高そうなので考える」と言ったら「では○○ではどうですか、、、」
なんと、最初に言った金額の半分を呈示。(^^;
こんな業者は信用できない。
よ〜〜く見積もりの内訳を見て、丁寧に明細の書いてある業者、また営業のアドバイスが的確かどうかなどを計って、私はM引越センターにお願いをすることに決めました。
もし、これから引っ越しを予定している方がいるとしたら、私からのアドバイス。
たとえ、費用が会社から出るとしても、見積もりは複数でとってもらった方がいいこと。
何か言ったらド〜〜ンと安くする業者は信用が置けないと思った方がいい。
作業人数と箱の数、トラックの大きさ、保険の有無をしっかり確認。
以上を心がけることですが、最終的には「人とのかかわり」です。
こちらも誠意をもって付き合っていくと引っ越しやさんもしっかり答えてくれるものです。

次回は各手続について書きます。

|

« 赤神と黒神 | トップページ | 引っ越し体験 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/334562

この記事へのトラックバック一覧です: 引っ越し体験記 その1:

« 赤神と黒神 | トップページ | 引っ越し体験 その2 »