« たびは終わらない〜〜 | トップページ | お〜〜いお〜〜いサンフレッチェ »

2004.04.17

煽られちゃいけないよ、、、

ほんのちょっと感じたことを書かせてください。

政府が今回のイラク人質事件で,どれだけのお金をかけたか発表する、、、
というような記事が出ました。
それで、人質になった方や家族の方に「お金を請求しろ」なんて声も出ています。

でもね、でもね。
税金の無駄使いをいうなら、もっと「年金の使い道」とか「高級官僚の天下り」とか、
まぁ、その辺りも「公表」してもらいたいと、私は思うのです。

この事件が起きる前は、私たちの関心は
「国の無駄使い」や「医療保険」や「年金」「消費税」だったのです。
景気のことも教育のこともいっぱい、いっぱいありました。

ところが、今回、この事件が起きて、その一連の流れが
「国」(自衛隊撤退)だったり、「個人」(家族のありかたなど)だったり、
そしてついに税金(自己負担しろ)になったとしたら、
これって、やはり「へん!!」。
「危ないところに自分から行ったのだから当然」という意見の方。
そうしたら、
私たちは地球上のどこにも住めない。
いつ、地震や災害が起こるかわからないのだから。
なにしろ、私たちは火山の上に住んでいるのですよ、、、
不測の事態というのは前もって測られないから
「不測の事態」というのです。
いわば、今回も災害、災難のようなものです。
国民が海外で「災難」にあっているのに、
(しかも、理由が本人には本来責任のないことだったのです。)
「お金がかかるから、、、」
という政府ってやはり淋しい。
総理の言う「不測の事態に備えて、憲法も、自衛隊も、税金も使います。
備えあれば憂いなし」
というのは
国民にのみ「犠牲」を強いる言葉だったのか??

私は政府の本当の狙いは、
私たちの不満を、あえて別の方に向けさせよとしているとしか思えないのです。

家族の態度や本人の言動なんて、
「本当のところ」はわからないのだから。
私たちだって、人と話していて誤解が生じることなんていっぱいあるんだから、、、
ましてや、メディアによって切り取られた一部の情報だけで判断しては行けないと、考えます。
家族が気に食わないから「費用」払え、って私たちが言えばいうほど
どこかでニンマリ笑っている「もの」がいるような、
そんな気がします。

|

« たびは終わらない〜〜 | トップページ | お〜〜いお〜〜いサンフレッチェ »

コメント

 消費税を含めた総額表示で、消費税率を上げても目立たないようにしようとする作戦もバレバレになりました。
 ゆとり教育でバカな子供を生産し、政府に逆らわない従順な国民を作り上げる作戦もバレてしまいました。
 政府のやることみんなウラ目に出てます(^^

投稿: aranxp | 2004.04.18 03:00

私はイラクでの人質事件に対する世論を見ているととても不気味に感じますね。
十数年前あった湾岸戦争の頃は、「国際貢献で日本人は金だけ出して、危険な事は避けているのはよくない。だから世界から尊敬されない」といってたのに、今度危険な所で孤児の世話しようとした高遠さんが融解させられたら「危険な所でなくても国際貢献できる。危険なところいって事件あうなんて自己責任だ」と見事に180度方向転換。ただ自衛隊海外展開したかっただけなんですね。安全なところいるくせにそういった危険を承知で世の為に働こうとする人を尊敬はされても批判するなんてこの国はどうなっているんだろう。
こんなに簡単にだまされる国民が多いことが情けないです。

投稿: somewhere | 2004.04.18 09:39

aranxpさん、somewhereさん。
こんにちは。
書き込み有り難うございます。
本当に、おっしゃるように、この国はどうなるんでしょう、、、
今回の事件は、そういう意味で、考えさせられる
「いい機会」だったのかもしれませんね、、、
しかし、これから先のことを思えば
しっかり、見ていかなければいけないとも思いました。
また、ご意見お聞かせください。

投稿: せとともこ | 2004.04.19 10:25

 瀬戸さん 
メールで送る術がないので、コメント欄を使います。
すでにお耳に入っているかもしれませんが、高遠さんが、イラクでの活動を再開したそうです(13日付け高知新聞)。なんとも嬉しいことです。それを受けて、高知新聞のコラム「小社会」(天声人語にあたるもの)では、あたたかい声援を送っていました。高遠さんの講演での、高遠さんのことばを
<イラクでのボランティア活動再開にも、「台所にやかんを掛けたままで出て行った気がする」と意欲的だった>
と紹介していました。「台所にやかんを~」って、いいことばですねえ。まず、活動再開に至ったことを喜びたいと思います。

 このコラムの後半では、当時荒れ狂った「自己責任」論に触れて
<政府ができない支援活動に取り組み、傷ついた人たちへの理解も敬意も感じられなかった>
と述べています。全くです。

投稿: ぶっさん@高知 | 2009.06.15 08:42

ぶっさん。
こんにちは。
お久しぶりです。
お元気ですか???

コメントいただいて、とても嬉しく思っています。

そうですか、、、
高遠さん。
そうですか、、、
と、実に感慨深く拝見いたしました。
今度、改めて記事に致しますね。

その折はぶっさんにもお知らせいたします。

では、また!!!
なお、お仕事お忙しいとは思いますが、ぶっさんを必要となさっている多くの方々のために、
お体だけはお大切に!!!

投稿: せとともこ | 2009.06.15 12:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/453687

この記事へのトラックバック一覧です: 煽られちゃいけないよ、、、:

» 匿名の功罪 [Passing Strangers]
 解放された3人の日本人の人質について、小泉首相以下、いかにも頭の悪そうで無責任 [続きを読む]

受信: 2004.04.17 21:05

« たびは終わらない〜〜 | トップページ | お〜〜いお〜〜いサンフレッチェ »