« きみはサンダーバードを知っているか?? | トップページ | フェミニズム運動について »

2004.04.22

映画「ロード・オブ・ザ・リング」を見て

以前、ここに「指輪物語とロード・オブ・ザ・リング」について書きました、
先日、トラックバックをいただいたので、
(TB有り難うございました)
今日は、ちょっと映画を見た感想を書かせてください。

「オモシロかった。」というのが
第一声です。
「よくできていた」
というのが、二番目。
「悪があっけなかった、、、」
は三番目の感想。

そして、我が家で話題になったのは「ゴラム」です。
子どもと私は「原作」を曲がりなりにも(曲がりなりは私です。子どもまで巻き添えにしてはいけない)
読んでいるので、
「ゴラムは可哀想。」でした。
あの映画からはゴラムの悲哀、葛藤、苦しみが伝わってきません。
迷いし者の「救い」に対する渇望。
孤独から身を守るために作りだした「第二の人格」
本当のゴラムは「安らぎ」をひたすら求めていたのでは、
と私は思うのですが。
そしてゴラムは「死」をもって救われたのです。
と、いうわけで私たちは「不満」でしたが、
夫は原作を読んでいないので、純粋に「映画」として楽しんでいました。
ゴラムに象徴される「悪」については
「あの描き方が一番いい」と言っていました。

まぁ、ゴラムの「悪」に感情移入しながらも
最後は、スカッーと全てが丸く収まる「ご都合主義」の映画に
それはそれで、十分楽しむことができました。
機会があればまた見てみたいと思います。

|

« きみはサンダーバードを知っているか?? | トップページ | フェミニズム運動について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/476511

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ロード・オブ・ザ・リング」を見て:

« きみはサンダーバードを知っているか?? | トップページ | フェミニズム運動について »