« そこのけ  そこのけ  年金が通る | トップページ | 和製 ボーリング フォウ コロンバイン »

2004.06.03

そのときはすでに遅かった

ナチスが共産主義者を攻撃したとき
自分は少し不安だったが、
とにかく自分は共産主義者でなかった。
だから何も行動しなかった。
次にナチスは社会主義者を攻撃した。
自分はさらに不安を感じたが、
社会主義者ではなかったから
何も行動に出なかった。

 ナチスは学校、新聞、ユダヤ人等をどんどん攻撃し、
そのたびに不安は増したが、
それでもなお行動に出ることはなかった。
それからナチスは教会を攻撃した。
自分は牧師だった。
だからたって行動に出たが、
そのときはすでに遅かった

マルチン・ニーメラー
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

有名なマルチン・ニーメラーの詩がまた再浮上。
ネット上、あちこちで目にします。
ナチスの迫害に抵抗し、ダッハゥ収容所に送られるも
奇跡的に生還した牧師です。
ニーメラーのようには書けないが、
こんな詩を作ってみました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本国政府が国民年金を改悪したとき
自分は少し不安だったが、
とにかくまだ自分は若く関係がないから、
なにも行動はしなかった。

次に、自衛隊が海外に派遣された。
自分はさらに不安を感じたが、
自衛隊員ではなかったので、
なにも行動に出なかった。

日本国政府は、学校に「日の丸・君が代」
新聞に「マスコミ規制」
などをした。
そのたびに、不安はどんどん増したが、
それでもなお行動にでることはなかった。

それから
日本国政府は
国民徴兵制を強いた。
私は国民だから、
赤紙が来ることに反対をした。
しかし、
そのときは
すでに遅かった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
な〜〜〜んてことに
ならないように、
祈らずにはおれません。

|

« そこのけ  そこのけ  年金が通る | トップページ | 和製 ボーリング フォウ コロンバイン »

コメント

その可能性は、絶対にないと否定はできないでしょうね。
教育や思想統制というのは、怖いもので、
たった10年から20年もあれば、完成させることができます。
共産主義が恐ろしいものだというのは、戦前に喧伝され、
それは今でも危険なイデオロギーとして、
日本国民におそれられています。
また戦時中、神の国となりましたが、
それも、大正期、修身が確立されてからでは?
明治天皇は神というよりも英君という位置づけだったように
思います。
私は、そうなったときは、
スウェーデン人と結婚して、スウェーデンに行きます。
もちろん、日本民族としての誇りはありますが、
国家に忠誠を誓うかどうかは別の話だと思ってますので。
って、それは、だめですかねσ(^◇^;)

投稿: ichirokun24 | 2004.06.03 20:48

ichirokun24 さん。
こんにちは。
書き込みどうも有り難うございます。
スウェーデンですか、、、
いいですね。
本当に、そうなったら、
日本人で溢れたりして。
ところで、 ichirokun24 さんのブログ、拝見していますよ、、、
アメリカの独立宣言。
勉強になりました。
確かに、多くのアメリカ人は、
自由で、明るくてバランス感覚があって、
民主主義もきっちり身についているのでしょうね、、、
私は楽しくて親切にされた記憶で一杯です。

やはり悪いのは一部の「死の商人」を中心にした勢力なのかな???
また、いろいろ教えてくださいね。
では、、、

投稿: せとともこ | 2004.06.05 13:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/703587

この記事へのトラックバック一覧です: そのときはすでに遅かった:

» アメリカ独立宣言 [脱藩浪人志士の部屋]
アメリカの独立宣言を皆さんは、読んだことがあるだろうか。かくいう私も抜粋しか読んだことはないのだが、最初読んだときは、相当なショックを受けた。というのも、その文... [続きを読む]

受信: 2004.06.03 20:49

« そこのけ  そこのけ  年金が通る | トップページ | 和製 ボーリング フォウ コロンバイン »