« マーフィーの法則 | トップページ | 「日常」というドラマ »

2004.07.28

防衛懇 論点整理

小泉首相の私的諮問機関
安全保障と防衛力に関する懇談会
が、27日、これまでの議論をまとめた論点整理を公表しました。
この中で、
「自衛隊の国際活動を、本来任務とすることの重要性」
「独立国としての必要最小限の基礎的な防衛力の保有を考え直す」
「憲法の平和原則に基づき、外国への武器輸出を原則禁止している武器輸出三原則は不合理」
と、しています。

また、石破防衛庁長官は、27日の記者会見の席で、
「自衛隊が海外の敵基地に対する攻撃能力を保有する事について、
現在は考えていないが、これから、検討していく可能性はある。」
と、述べました。

簡単にいうと、
「敵と認めたら、相手を攻撃することが可能になる」
と、いうことです。

敵、、、、、ねぇ。
一体 誰の敵なのかな?
だれが
「こいつは 、テキだ!!!」
って決めるのかな???

私たちの思いを置いてきぼりにして、
事態はダンダン、進んでいきそうです。
このままで行くと、
本当に
日本は
戦争をする国になりそうです。

「国を守るため」って???
国を守るために、わざわざ海外に出ていって
敵の基地を攻撃する理由があるのでしょうか???

「やられる前にやる」って???
本当に相手が、こっちに敵意を持っているかどうか分からないとき、
先制攻撃をかけるって事は、
どんなにひいき目に見ても、
戦争仕掛人は、こっちがわだよね。

それにね、それにね。
なんといっても
武器ってすご〜〜〜く すごく高いじゃないですか。
武器は、一つもいいところがない。
人を殺す。
環境を破壊する。
その上、目が飛び出るほど高い。(お金はもっと有効に使いましょう)
戦争の犯罪性は、明らかであることを、
私たちは、学んだはずではなかったのでしょうか。

これ以上、日本が、
戦争への道をひた走りに走ることに、
とても、不安を覚えます。

|

« マーフィーの法則 | トップページ | 「日常」というドラマ »

コメント

絵本「戦争のつくりかた」りぼん・ぷろじぇくと(原案・監修りぼん山本)という本をオススメします。
子供達に是非とも読んで欲しいし、大人(親)と一緒に内容をよく考えて欲しいと思う本です。


http://www.ribbon-project.jp/book
を参考にして下さい。

投稿: にしかは@京都 | 2004.07.31 00:32

にしかは@京都 さん。
こんにちは、
ご紹介いただいた、本。
早速、みんなで読み合わせしました。
有り難うございます。
すご〜〜〜く、
怖い。
ありそうで、怖い。
何気なく、さりげなく、私たちの生活に入ってくるのでしょうか????
本当に多くの方に、知らせねば。
また、一緒に考えていきたいですね。

まだまだ、暑い日が続きます。
お元気で。

投稿: せとともこ | 2004.08.02 16:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/1070454

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛懇 論点整理:

» dichotomy [無相亭日乗]
晴れ、酷暑 何かを分かりやすく示すためにしばしば対置するという方法が使われる。 [続きを読む]

受信: 2004.07.29 00:41

« マーフィーの法則 | トップページ | 「日常」というドラマ »