« 顔は口ほどにものを言う | トップページ | かささぎの渡せる橋 »

2004.07.04

人はなぜ勉強するの?

いつも訪問しているmazra先生の日記
は、専門教科の数学のことや、クラブのことなど、
いつも楽しく書いてあります。
子どもいわく「4コマ漫画」のように、軽快に、要領よく、コミカルに、
学校の様子やご自分のことを描かれています。
そのmazra先生のブログで、
「テストはなぜあるか」と書かれていました。

今、期末試験の真っ最中。
我が家も子どもが、
「かあさん、化学教えて〜〜〜」
「数学、みて〜〜〜〜」
と、やってきます。
その都度、
「とうさんに先、聞いてご覧。
それでわかんなかったら、かあさんが教えてあげる。」
なんて言って逃げます。(^^;

父親の所に行った子ども。
「とうさん、○○がわからないんだけれど〜〜〜」
「ど〜〜〜れ、見せてご覧。
・・・・・・・・
あっ、それはだな。
大学に行ったらもっとよく分かるぞ。」
「(^^;」
と、
やっています。
それでも、数学、物理、化学、英語と見てやっています。
(私はホッ(^.^)
高校までの数学は、一つひとつ基礎をやりますが、
それはバラバラで学ぶため、
面白さが分からなくて、
「こんなことなんのためにやるの?」
と、思いがちです。
大学では、
それらが機能的、有機的に結びついて学んだりします。
「あ〜〜〜,そういうことだったのか!!!」
と、感動。
目からウロコがポロポロ。
「勉強ってオモシロイ」
と、つくづく感じ入るのですが、
高校までは、
その基礎作りの時期だから、
全体が見えにくいということは良くあるんでしょうね、、、
勉強することで、
分かること、感じること、見つけること
は、深く、広くなるのでしょう。
「どうして勉強するの?」と疑問に思っている段階と、
勉強をした後では、
質問、疑問もおのずと違ってくると思います。

「人は何故勉強するのか?」
と悩む前に、
勉強してから
「人は、どの様に勉強をすればよいか?」
と、悩むようになるかもしれませんね!!!

やはり、
まずは、
やることでしょうか、、、

ちなみに、
私自身の考えは、
「何故人は勉強をするか?」
という問いの答えは、
「生き延びるため」
と答えます。
人類は、直立歩行を得、
火、道具、文字などを得て、
やがて文明が誕生したわけです。
この一つ一つの過程は、
「よりよく生きること」
「天敵から守ること」
でした。
今、
科学は宇宙へ飛び立とうともしています。
一方、環境の汚染も日に日に進んでいます。
これらのバランスがどうしたら取れるか?
どの様にあるべきか?
生き延びるために、、、
これを知り、考えることが、
「勉強する目的」であると私は思うのですが、
あなたは如何ですか???

|

« 顔は口ほどにものを言う | トップページ | かささぎの渡せる橋 »

コメント

なるほど…
勉強=生き延びるため
ですか。

確かに、原始時代と現代ではゼンゼン世界が違ってしまいましたよね。狩りをしてたのが仕事をするようになってしまったけど、実はやってる目的自体はあんまり変わってないんですねぇ。

狩りも仕事も究極的には「生きるため」ですもんね。

僕は今まで漠然と「知識欲(知りたい~って気持ち)を充たすため」と思ってたけど… なるほど、そう考えると「生きるため」って納得できますね。

目からウロコです。

長々と語ってしまってごめんなさい。
ペコリ(o_ _)o))

投稿: ろぷ | 2004.07.05 07:04

僕は、高校までの数学が面白くないのは、末梢的な知識ばかりを教えて、本質的なことを教えないからではないかと思っています。本質を学ぶことが出来る知識は、それほどたくさん詰め込まなくても、深く考えることで本質がつかめると思います。しかし、学校教育での数学は、とにかく知識量を増やすことしか考えていないんじゃないかと僕には感じられます。

この末梢的な知識というのは、専門的に論理的に深い思考をしようとすると、かえって邪魔になります。大学初年度に苦労したのは、高校までの数学の知識があったからだと僕は思っていました。これらの知識を棄てて、数学を学び直すのに時間がかかったものです。

数学というのは、答が出せなくて「分からない」と言うときはありますが、答を出すことが出来て「分かる」と言うときは、その答が正しいものであるかどうかは自分で判断できなければなりません。うっかり数字を見間違えたというミスでない限り、間違えた答を出してはいけないんだと思います。高校までの数学は、このセンスを全く育てていません。このセンスこそが数学ではもっとも大事だと僕は思うんですが。

末梢的な知識を教えるよりも、どんなに易しいことでも、それが確かに正しいことだという確信を得られるような数学をやった方がいいと思うんですよね。

投稿: | 2004.07.05 11:08

ろぶさん。
秀さん。
書き込み有り難うございます。
「人はなぜ学ぶか」って、難しいテーマを書き始めて、
自分ではどこで落ち着かせようか、ハラハラして書いていました(^^;

ろぶさん。
ろぶさんの目のウロコ、さっき見つけましたよ〜〜〜
ちなみに私もろぶさんのところには、沢山落としていますので、
よろしくお願いします。
まぁ、冗談はさておき
私は、勉強をする、学ぶ目的は広義でも狭義でも
「生き延びる」ためと思っています。
子どもに達には、
「孤島に流れても、遭難しても生き延びる知恵を学びなさい」と教えています。
正しい行動をとるために、
如何にあるか?という目的のために、
自然の仕組みや道具の使い方、
諦めないという人生観などを自ら持ってもらいたいです、、、
その、延長でより豊かに生きる知恵が芸術やスポーツ等があるかな、なんて思っています。

秀さん。
本当に仰るとおりだと思います。
今の教育って、
一つひとつがジグソーパズルのピースみたいで、
全体が俯瞰できない、
つまり「どうしてこんなことをするのか、よく分からない」と思ってしまう子ども達が多いと思います。
やはり、教育のあり方に大きな問題を感じます、、、
文科省には、やっぱり文句をいいたくなる〜〜〜
私です。
また、ご意見お聞かせください。

投稿: せとともこ | 2004.07.05 18:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/898365

この記事へのトラックバック一覧です: 人はなぜ勉強するの?:

» なぜ勉強しなきゃいけないの? [mazra日記]
中学生と関わっていると「なぜ勉強しなきゃいけないの?」とか、「勉強して何になるん?」といった言葉に出くわします。中学生の永遠の疑問、、、とでも言いましょうか。さ... [続きを読む]

受信: 2004.07.04 17:51

» 弁証法的に学ぶ [Passing Strangers]
 せとともこさんが書かれていた「人はなぜ勉強するの?」という問いについて、すこし [続きを読む]

受信: 2004.07.05 04:13

» a high chair [無相亭日乗]
今日は、親類の子供の1歳の誕生日プレゼントに用意した子供用のイスを渡しにいった。 [続きを読む]

受信: 2004.07.06 02:08

« 顔は口ほどにものを言う | トップページ | かささぎの渡せる橋 »