« 人はなぜ勉強するの? | トップページ | レトリックな表現 »

2004.07.05

かささぎの渡せる橋

今週水曜日は七夕です。
七夕伝説を初め、ギリシア神話やその他蘊蓄一杯のサイトがここにあります。
私は個人的には、神話や伝承文学は好きです。
昔の人のロマンがここかしこに、、、
なんて、手あかのついた言い回ししかできませんが、
「好き」です。
ところで、
七夕といえば、
織り姫とひこ星の「愛」の物語でもあります。
天の川を挟んで、対岸にいるこの二人を、
一年に一度、かささぎという鳥が、二羽で橋を作って、
この二人を会わせる、
という中国の伝説があります。
百人一首で有名な、
〜かささぎの 渡せる橋に おく霜の 白きを見れば 夜ぞふけにける〜
は、大伴家持が、この言い伝えに因んで詠んだそうです。
なかなか味わい深い歌だと思われませんか???
広大な宇宙にきらめく天の川。
赤やら青やら銀色に輝く星ぼしの饗宴に、
昔の人々はどんな思いを込めて、
空を見上げ、
どんな願いを星に託して、
夜が更けていったろうか、、、

星に対する限りない情愛(情愛という言葉がピッタリくると思うのですが)は、
今、
天文学という学問の発達によって、
さらに広がりつつあります。
私たちの住む銀河系とウリ二つの
「NGC7331」という銀河が、
ベガスス座の方角に約5千万光年の距離にあるそうです。
また、土星の衛星タイタンの地表画像が探査機カッシーニによって
送られてきたそうです。
宇宙は広がり、
これからも観察、調査、研究が進められるでしょう。
知れば知るほど、
分かれば分かるほど、
さらに、
私たちの「星へのあこがれ」は膨らむのではないでしょうか、、、

見上げる夜空は、
悠久で、
測りしれない。
そこに人は、
安らぎと優しさと挑戦への戦きを感じるのでしょうね。

すぐそこに七夕が来ています。
ちょっと、
空を見上げて見ませんか???
そして、
チョット、
願い事をしてみませんか!!!

|

« 人はなぜ勉強するの? | トップページ | レトリックな表現 »

コメント

はじめまして。
Micchan*です。
もげきゃっちさんから飛んできました。
七夕のお話。素敵ですよね。
さぼらないで、働かないと。。。って思いました。
七夕の短冊という記事を書きましたので、トラックバックします~。

投稿: Micchan* | 2004.07.06 14:36

Micchan* さん。
トラックバック、コメントありがとうございます。

いよいよ、
今日が七夕。
晴れるといいですね。
雄大な天の川に、ひときわ輝く夏の大三角形を見ることができるといいなぁ〜〜〜
昔の人は、夜空に限りないロマンを感じたのでしょうね。
想像の翼はどこまでも、いつまでも羽ばたいたのでしょう。
素敵ですよね。
これから、どんな世の中になるか、少々不安ですが、
いつまでも美しい空を見ることが出来増すように、、、

Micchan* さん。
これからも、よろしくお願いします。
では、また。

投稿: せとともこ | 2004.07.07 11:01

こんにちは カササギの渡せる橋のお話し素敵ですね。楽しく読ませていただきました。そのカササギが実は愛媛県にもいることが解りました。一昨年からいるようです。写真でしか見ていませんがとても綺麗な鳥ですね。九州の佐賀県にしかいないと言われていただけに野鳥愛好者としては嬉しい限りです。そのうち見に行きたいと思っています

投稿: 京の森 けい | 2005.07.07 18:28

京の森 けい さん。
味わい深いコメント有り難うございました。
カササギ、愛媛にいるのですか?
それは嬉しい、、、
写真でしか見たことがないのですが、白と黒のなんとなく凛とした風情のたたずまいをした鳥ですね。
こうした鳥たちが、あちこちに生息できる環境があるということは、とても嬉しいですね。
京の森 けい さんは野鳥愛好家なのですか?
いいですね〜〜〜
いろんな鳥たちをご覧になっているのでしょうか?
それぞれの顔や言葉があるんだろうな???
いいですね。
また機会がありましたら是非お教え下さいね。
楽しみにしています。
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2005.07.08 17:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/904483

この記事へのトラックバック一覧です: かささぎの渡せる橋:

» 七夕のお話。知ってます? [もげきゃっち]
笹のぉはぁ さぁらさらぁ~♪ 七夕。 みなさんご存知のように中国から伝わったお話。 牽牛(彦星)こと、わし座の1等星アルタイル(こう書くと味気無いなぁ(汗))と [続きを読む]

受信: 2004.07.06 05:00

» 七夕の短冊 [和散歩日記]
家の近くの渋谷区の「不動通り商店街」に短冊のいっぱいついた笹が何本も並んでいます [続きを読む]

受信: 2004.07.06 14:42

» 七夕 [ごんざぶログ]
今日も暑い一日でした。今夜は七夕。現在、福岡は曇りですが、雲間から織姫と彦星が見 [続きを読む]

受信: 2004.07.07 20:11

« 人はなぜ勉強するの? | トップページ | レトリックな表現 »