« 山本ジャパンよ、どこまで行く? | トップページ | カジノが解禁されるの? »

2004.08.17

日本の海は、空は、 誰のもの?

8月13日、米海兵隊普天間基地(沖縄剣宜野湾市)に、隣接している、沖縄国際大学構内に、米軍の大型輸送ヘリが、墜落しました。
さいわい、人的な被害はありませんでした。
この事故に関して、米軍は、16日午前、沖縄県警や市消防の現場検証をさせないまま、
事故機の回収鉄橋作業を強行しました。
事故現場を封鎖したよりどころとされているのが、
日米地位協定
です。
これは、1960年に、日米が、相互協力および安全保障に基づいて、米軍が日本で利用する施設、区域についての協定です。
この中で、
施設、区域の提供、航空交通管理、通信、米兵の身分保障、税金などが書いてあります。
沖縄で悪名高き米軍によ少女暴行事件も、この協定を隠れ蓑にして、
当事者には厳罰が下されませんでした。
こうして、米兵はやり放題、したい放題。
しかし、我が国は、何も言えません。
なにしろ、アメリカに守ってもらっているのだから。
今回の事件でも、
外務省は、
「アメリカは、きっちり手順を踏んでいるから、別に異議は申し立てない」
そうです。
なにしろ、アメリカのすることは正しいのだから。

ところで、この地位協定、しっかり読むと、
コ・ワ・イ
なにが怖いって???
〜〜〜〜〜〜〜〜
合衆国は、施設及び区域内において、それらの設定、運営、警護及び管理のため必要なすべての措置を執ることができる。日本国政府は、施設及び区域の支持、警護及び管理のための合衆国軍隊の施設及び区域への出入の便を図るため、合衆国軍隊の要請があったときは、合同委員会を通ずる両政府間の協議の上で、それらの施設及び区域に隣接し又はそれらの近傍の土地、領水及び空間において、関係法令の範間内で必要な措置を執るものとする。合衆国も、また、合同委員会を通ずる両政府間の協議の上で前記の目的のため必要な措置を執ることができる。(第三条、第一項)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
つまり、米軍の基地、またその隣接地域は
アメリカの要請があった場合は、日本国政府は、
米軍の便宜を図るために、ただひたすら努力をしなさいよ、、、
と、いうことなのでしょうか???
日本の海や、空は誰の物なのでしょうか???
日本は、米軍基地の天下です。
まず、首都東京に隣接して、横田基地と厚木基地があるのです。
スゴイ拡大解釈すれば、
東京もアメリカに掌握されているのでしょうか???
ここで、思い出されるのは、
1977年、.横浜緑区での米軍機墜落事故です。
この事故では、幼い二人の子どもと、その母親が犠牲になりました。
次第に明らかになってきた事実は、
「救助にきた自衛隊員は、被災者よりも、米軍を助けて、
後は、何もしなかった、、、、、」
などなどでした。
結局、愛する家族を失った父親であり夫である椎葉さんが、
国と米兵を相手に裁判。
ついに勝訴したのですが、
この事故以外にも、米軍機墜落や、ニアミスは後をたちません。
しかし、
いつだって国は、
政府は、
被災者の方には顔をむけていません。
アメリカの方ばかりです。
なにしろ、
アメリカが日本を守ってくれているから、、、
なにしろ、
アメリカは正しくて、偉いのだから、、、

この国は、
一体誰を守っているのでしょうか?
この国が、
言う「国を愛せ」とは一体なんなのでしょうか????
アメリカの言いなりで、
自国にヘリが落とされても、手を加えたまま見ているだけで、
自国民が、他国で拉致されても、誘拐されても、
手をこまねいているだけで、揚げ句には、「自己責任」と言い放ち、
アメリカの言うことは、なんでも言いなりで、、、、
私たちが、愛さなければならない国とは、
こんな国なのでしょうか????

私は、日本人だから、日本が好きです。
日の丸が象徴する「過去」は嫌いですが、
日の丸そのものは、好きです。
素朴で、自然に祖国が好きです。
しかし、
こんな気持ちを、
「権力を持った国家」というものに利用されたくはない。
と、
先日の沖縄米軍ヘリ墜落事故その後を見て、改めて思いました。

|

« 山本ジャパンよ、どこまで行く? | トップページ | カジノが解禁されるの? »

コメント

昔せとさんに教えた軍事情報のHPには
「今回のヘリ墜落事故は、最悪と懸念していた場所に、最悪な形で墜落したと考えています。幸い米兵3人以外に死傷者が出なかったのはまさに奇跡的だと思います。もう米海兵隊は市街地に囲まれた普天間基地で訓練を行うことは無理なのです。今回はそれが証明されたと思います。
 ちなみに次に危険なのが厚木基地(神奈川県)の夜間離発着訓練です。3番目に危険な訓練が各地の山岳地帯を低空で飛行する低高度進入飛行訓練です。
 厚木基地周辺の市街地に空母艦載機が墜落するとか、中国山地などの山村に攻撃機が墜落という事故はすでに予測されています。これらの危険な訓練は普天間と同じように予測可能なのに延々と行われています。まさに政治の怠慢です。これで市民が死ねば政府が行なった殺人と同じです。
 ラムズフェルド国防長官が指摘したように、普天間基地は誰が見ても最も危険な基地であることは間違いありません。今回の事故を教訓として普天間基地から撤退をするのか、それとも次の墜落事故で市民が殺されるのを待つか。その二者選択しかありません」
とあります。言うべきことは言わないと、1977年、横浜緑区での米軍機墜落事故の悲劇を繰り返すことになりかねないです。

あと、現場を封鎖された理由は劣化ウラン弾とか何らかの危険物を積んでいたからという情報があがってきてます。

投稿: somewhere | 2004.08.18 20:32

少々古いですが、基地以外でも、低空飛行訓練で各地に被害が出ていました。
最近は聞きませんからどうなったか知りませんが、奈良県(確か十津川村)や高知県本山村では林業で使うワイヤを切られたり、実際大きな事故になりかねないような事態が生じていたのは確かです。
参照
第132回国会 内閣委員会 第5号 平成七年三月十日(金曜日)
(http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/132/0020/13203100020005c.html)


つい30年程前まではGHQ(=アメリカ)の政策で航空機の製造もさせてもらえなかったのですから、未だに日本には制空権なんて無きに等しい気がします。
ソ連時代は偵察機が縦断したり、どこぞの長距離ミサイルもまたいで行ったり素通りですから。(一応アンノウン航空機に対してはスクランブルはかかってますが)

米軍基地の在り方について真剣に考えなければならない時期に来ているのではないでしょうか。移転でなく規模縮小とか。ドイツや韓国は減らすというのに、厚待遇な日本からは撤退しにくいか(爆)

投稿: にしかは@京都 | 2004.08.26 00:59

somewhere さん。
にしかは@京都さん。
こんにちは。
とても、ためになるご意見有り難うございます。

somewhere さん。
お久しぶりです。
夏は忙しくて、お返事、遅くなりました。ゴメンナサイ。
さて、さて、、、
劣化ウランのこと、ありそうな話ですね。
私が以前住んでいた所は、
米軍の弾薬庫が近くにあって、
その辺りは、かなり放射能が高く検出されていたようです。
単純に、こわい。
理由なんて、理屈なんて抜きで、「こわい」です。
しっかり、見ていかなければいけませんね。今後の展開を、、、
では、また。

にしかは@京都さん。
そうだったのですか、、、
やはり、想像以上に、ニアミスってあるんでしょうね。
私たちが知らないだけで。
家のすぐそこを、電車が走っているのですが、それだけでも、すごくウルサイのです。
騒音に加えて、生命まで脅かされる可能性のある基地近くの方々の気持ち、想像するに、硬くありません、、、
なんとかして欲しいものですね、、、
また、ご意見、お知らせください。
では。

投稿: せとともこ | 2004.08.27 15:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/1212012

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の海は、空は、 誰のもの?:

» 米軍ヘリ墜落 現場検証拒否は法的に可能か? [猫の法学教室]
米軍のヘリが、沖縄国際大学に墜落した。(大学生による現場写真集) 米軍ヘリ墜落事... [続きを読む]

受信: 2004.08.22 15:07

» 「私は貝になりたい」 [愛のまぜご飯]
昨日フランキー堺主演「私は貝になりたい」を観ました。 (日本映画チャンネルで8月30日、9月4日と9日に放送されます) もう三回以上は観ていますが、何度観て... [続きを読む]

受信: 2004.08.24 11:27

» 嵐はどちらに向かって吹くのか(1)-沖縄(ヘリ墜落事件) [BigBan]
台風16号が辛くもコースを外れた沖縄を歩いた。 発生以来10日以上が経過するが [続きを読む]

受信: 2004.08.31 15:11

» 沖縄米軍ヘリ墜落事故で考える いつまで米帝のケツ舐めしなきゃいけないのか? [反米嫌日戦線 LIVE and LET DIE(嫌なら読むなって)]
写真は現場の模様。すぐ近くが幹線道路。中古車店もある住宅密集地帯だ。ゾーッ!! またまた「SIGHT」夏号、宮台真司の記事より ■戦後史を思い出すべし。冷戦深... [続きを読む]

受信: 2004.09.04 15:09

« 山本ジャパンよ、どこまで行く? | トップページ | カジノが解禁されるの? »