« 夏休み自由研究 | トップページ | 親の責任って、ナーニ? »

2004.08.25

君子危うきに近寄らず

論語に出てくる言葉で、
「君子、すなわち徳のある人は、はじめから危険な所には近づかない」
という意味です。

今日、愛のまぜご飯
で、heteheeteさんが、自転車の無灯火の危険について、呼びかけていらっしゃいました。
そのエントリーを拝見しながら、
「本当にそうだ、、、」と、同意。
自転車の無灯火、
二人乗り、
本当に危ない。
本人は、「自分は大丈夫」と思っているのでしょうが、
クルマを運転しているドライバーにとっては、はなはだ迷惑。
なにかあったら、悪いのはドライバーになるのです。

我が子が、保育所に行っている時、
その送り迎えは、なるべく歩いて、手をつないで、、、と思っていたのです。
が、
朝の忙しい時間、何かと走り回っているうちに、
つい遅くなって、時間が迫ってきます。
「あっ〜〜〜〜イケナイ。」と思いつつ、
自転車の後ろに乗せて、保育所に連れていった記憶が蘇りました。
保育所だから、働いているお母さんばかり。
朝の時間に追われて、あっちでも、こっちでも、
自転車に我が子を乗せた大急ぎの母親が、やってきます。
足がペダルに巻き込まれないように、小さな短い足を思い切り、開いて、
うしろの荷台に乗っている子ども。
その我が子を、ヒョイと抱えて、小走りに教室に連れていき、
保育士の先生に子どもを手渡します。
そして、来たときよりも大急ぎで、自転車に乗って職場へと急ぐお母さんたち。
みんな、自転車の二人乗りがいい、なんて思っていないけれど、ついやってしまう。

自転車の無灯火、
悪いとはわかっているけれど、太陽のまぶしい昼に、
「自転車の電灯」を修理することを、つい忘れてしまう。

子どものシートベルト。
電車内の携帯電話。
、、、、、

とにかく、とにかく、
悪いと、分かっているけれど、
自分は大丈夫と思って、ついやってしまう小さな罪。

そして、この感覚の延長に、
「自分は大丈夫」と思って、やってしまったことの結果、
大惨事が起きた事件が、この頃後を経たないような気がします。
医療ミスもそうでしょう。
トンネル内、タイヤ修理もそう。
それから、原発事故も、モチロンそうです。
三菱自動車も、、、
、、、、、、、
こうした大きな罪が待っているのです。
とにかく、
いろんな事故の原因を探ると、
その心理的な部分では、
「自分は大丈夫、これくらいどぉ〜〜てことない。」
と、いうものが多いような気がします。

しかし、
なにも自分は特別ではない。
いつだって、どこだって、
自分も巻き込まれる可能性はあるわけです。
「君子、危うきに近寄らない」ようにしていても、
向こうから、危険がやってくることも一杯あります。
なにしろ、
空から飛行機や、ヘリコプターが落ちてくるのだから、、、
そんな時は、もうどうしようもない。
「杞憂」では、すまされない現実の出来事が、
堂々と(?)
行われているのだから、、、、
こうした危険については、ではどのように対応するか???
それは、もう政府に考えてもらうしかない。
個人のレベルを超えている危険。
しかも予想される危険。
何回も過去に起きている危険を、
放置している政府、
こんな政府こそが、
君子が危うくて近寄れないものなのか、、、なぁんて思っている私です。

今日、小泉首相は、
沖縄県知事と、今回の「米軍ヘリ墜落事件」のことで、会談するそうです。
果たして、どんな結論がでることか、注目。
ところで、余談ながら、
小泉さんの君子感、がメールマガジンに掲載されていました。
「君子は和して、同ぜず」
だそうです。

|

« 夏休み自由研究 | トップページ | 親の責任って、ナーニ? »

コメント

おはようございます。
興味深い記事をトラックバック頂きまして
どうもありがとうございます!

『こんな政府こそが、
君子が危うくて近寄れないものなのか、、、』

本当に!正しく今の政府はそのように感じます。
総理のやる気のなさそうなご発言を聞いていると
もうちょっとポーズだけでも
なんとかしてくれないかしらんと
溜息をつきたくなってしまいます。

投稿: heteheete | 2004.08.26 15:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/1276068

この記事へのトラックバック一覧です: 君子危うきに近寄らず:

» 嵐はどちらに向かって吹くのか(1)-沖縄(ヘリ墜落事件) [BigBan]
台風16号が辛くもコースを外れた沖縄を歩いた。 発生以来10日以上が経過するが [続きを読む]

受信: 2004.08.30 19:30

« 夏休み自由研究 | トップページ | 親の責任って、ナーニ? »