« 君子危うきに近寄らず | トップページ | 都・教育委員の米長邦雄さんってどんな人? »

2004.08.26

親の責任って、ナーニ?

8月25日、東京都内で、「全国教育問題協議会」主催のシンポジウムが開かれました。
自民党、公明党、民主党の国会議員が出席。
その場で、「教育基本法」改正の発言をしました。
自民党議員は、
「今の子どもは鍛錬する機会がない。占領軍関与で作られた憲法や、教育基本法のために、学力低下、学級崩壊、教員の質低下、また教科書の偏向がある。」と発言。
民主党の議員は、
「子どもが自信がないのは、教育で誇りを教えないからだ。
愛国心を明記すべきだ。」と発言。
公明党の議員は、
「親の責任を基本法にいれるべき。」と主張。

うううう〜〜〜〜んんん。
なんと書いていいのか、しばらくは頭が回りませんでした。
占領軍関与の教育、
(オイオイ、その占領軍にシッポふってんのは、ダレダ???)
愛国心、
(愛すべき国を今、占領軍の意のままにしているのはダレダ????)
親の責任,
親の責任って、何でしょうか?
明記すべき、親の責任とは????
(それより、あなたちの親の顔を先に見せてくれ〜〜〜〜〜)
、、、、、、
うううううう〜〜〜〜〜んんん。
もうすこし考えさせてください。
こんな大きな問題、ちょっとすぐには書けない。
とくに
親の責任って言葉。
親の力って、弱い。
親は、今、へぇへぇ言いながら生きている。
誰だって、よりよく生きたいし、よりよく子どもを育てたい。
社会が放棄している責任を全部、おっかぶらなきゃならない親たち。
つらいねぇ〜〜〜〜
厳しい。
つめたいねぇ〜〜〜〜今の政治は。 


25日に行われたシンポジウムの内容報告を書きながら怒り心頭の私、、、

|

« 君子危うきに近寄らず | トップページ | 都・教育委員の米長邦雄さんってどんな人? »

コメント

まったく、その議員連中「よう言うわ」と呆れるばかりです。憲法と教育基本法を、ちゃんと守ってないから、ぐだぐだになってるんでしょうが!
んでもって、「親の責任」だあ?
「自己責任」の次は、親に何もかも押し付けるつもりかよ・・・

投稿: 龍3 | 2004.08.26 23:53

東京に来られたんですか?
いつかぜひ浅草にも立ち寄ってください。

教育の問題、糸口はたくさん見つかるのですが、なかなか解きほぐせないですね。
最近の日経新聞では、経済の切り口ですが、ここ数十年の特殊性が書かれていました。
その特殊な環境の中から物を見ていると、次に進まないのでしょう。
でも、外から見る目は持っていないし。

見えそうで見えない、これが一番ぞくぞくします(^ ^;

投稿: 聞きかじり | 2004.08.27 08:24

龍3さん。
聞きかじりさん。
こんにちは。
書き込み、有り難うございます。

龍3さん。
お久しぶりです。
坊ちゃん、元気ですか???
夏バテしていなければいいけれど、、、
さて、私も、全く同意見です。
自分たちのこと、棚に上げて、私たち国民には、「痛み」と「責任」だけを押しつけてくるような感がしてなりません。
一体、この国は、どうなるんでしょう???
ところで、話は変わって、
小説・残光、読んでいますよ。
話も、ドキドキしますが、写真が、すごく印象的です。切ないですね、、、
楽しみにしています。
では、、、

聞きかじりさん。
お元気ですか???
教育の問題、本当に難しい。
みんなが、自分の経験という物を持っているから、
そして、それが全部だから、そこから出発するので、
100人いれば100人の考え方があります。
本当に仰るように、
だからこそ「ゾクゾク」するのかもしれませんね、、、
これからも。「ゾクゾク」するご意見、続々お聞かせください。(ゴメン。下手な駄じゃれで(^^;)
では、また。

投稿: せとともこ | 2004.08.27 15:40

瀬戸さん、お久しぶりです。
夏休みも終り、また子供たちが学校に行く
日常にもどりますね。

さて、親の責任というのとは、だいぶ
ちがうのですが、いろいろご意見いただけたらと
思い、トラバさせていただきました。
ではでは。

投稿: ぶんぶん | 2004.08.29 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/1286794

この記事へのトラックバック一覧です: 親の責任って、ナーニ?:

» ★正真正銘の大人とは?・・・ [ぶんぶんの落とし穴]
 「星の王子さま」には、素敵な言葉がたくさん溢れている。うーちゃんが教室に持ってきたので、久しぶりに目を通した。そしてこの夏、気になったのは次のコトバです。  ... [続きを読む]

受信: 2004.08.29 23:51

« 君子危うきに近寄らず | トップページ | 都・教育委員の米長邦雄さんってどんな人? »