« 愛だよ。愛 | トップページ | 小泉さんの国作り »

2004.09.26

「九条の会」講演会

「九条の会」講演会に行ってきました。
私が会場に到着したのは1時過ぎ。
2時開演にもかかわらず、もう一杯の人で、
行列が数百メートル。
いつの間にか、待っている人同士が話はじめます。
「いっぱいですね〜〜〜」
「本当に、、、」
もう、第一会場には入れず、第二会場で聞くことになりました。
「えっ〜〜〜第二?」
と思ってしぶしぶ会場入り。
すでにここも沢山の人。
やっと見つけた椅子に座り、ホッ。
その後からも、來は、くるは。大勢の人が。
椅子に座れない方は、前方スクリーンのまえに、敷いてあるシートの上に座ったり、
あるいは、床にじかに座る方も。
また、立っている方と。
文字どおり、立錐の余地もないくらい大勢の方が集まりました。
後で知ったのですが、会場に入ることの出来ない方もいたとか、、、

さて、いよいよ講演開始。
講師は、
大江健三郎さん。
鶴見俊輔さん。
奥平康弘さん。
大江さんは、作家らしく「想像力と創造力」の話を中心に、
ゆっくりと、感情豊かに話してくださいました。
映画ビューティフル・マインドで知られるジョン・ナッシュさんと、ニューヨークの地下鉄で友人になった話や、ご子息光さんとの会話などを、話して下さいました。
映画でも描かれているように、ジョン・ナッシュは、「心の病」に苦しんでいました。
「彼を一個の人間として扱うことを諦めようとしなかった人たち、制度が彼を病から救った」
(奥平康弘さんの著から)
どんな人にも生きる権利がある、そんな社会が、ひとりの、多くの天才を生むのだ、、、という話でした。
次の鶴見さんは、哲学者。
何と、小学校を出るとすぐにアメリカに渡られたそうで、日本語より英語の方が、よく話すことが出来る。
日本に帰るにあたり、彼の日本語の講師が、なんとライシャワー元駐日大使だったそうです。
戦争にあたり、
母として、どの様な立場をとるか、という事に関して
三人の母の話を、盛り込みながら、戦争のもたらす非人間性を暴いてくれました。
鶴見さんは、いま82才。
「82才でも、まだやることはいっぱいある。」と元気に話されて、
平和を訴えられました。
最後の奥平さんは、憲法学者。
「憲法が古い」という人がいるけれど、とんでもないことだ。
憲法の精神は、いまだ新しい。
と、話して、
いまの「権力」の中枢がいかに、
ひとりひとりの人間、国民を大切にしていないかのエピソードを、
プライバシーと関連させて話してくださいました。
国連常任理事国入りと、憲法改正とは、全く違う次元なのに、
それを、いっしょくたに土俵に乗せてくる、その論理の矛盾について、
力いっぱい話されました。

三人の講師の方は、それぞれに、
それぞれの話し方、雰囲気で話してくださいました。
会場全体が、一体になってまたたく間に時間が過ぎ、
講演会は、無事終了。
そして、三人の講師は、第二会場にまで足を運んでくださり、
再び、挨拶を交えて、
いろんな話をしてくださいました。
(なんだか得した気分)

「憲法を守らなければ」
と、思っている方が、実はこんなにもいるんだと、
改めて思い、力になりました。
充実の一日。
これからも、
「日本国憲法」について勉強をして、
もっと、もっとみんなに伝えていきたいものです。

|

« 愛だよ。愛 | トップページ | 小泉さんの国作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/1523673

この記事へのトラックバック一覧です: 「九条の会」講演会:

« 愛だよ。愛 | トップページ | 小泉さんの国作り »