« 郵政民営化 | トップページ | 権威と権力と情報 »

2004.09.28

中秋の名月

今日、9月28日は,「中秋の名月」です。
あいにく、曇り空の地域が多そうですが、
もしご覧になれたら、空を見上げて下さい。
こよみのページというサイトに、
時々の行事が詳しく書いてあり、中秋についても、丁寧に書いてあります。
このサイトによれば、
「中秋の名月」の日は「仏滅」だそうです。
六曜の計算によると、そうなるとか。
私は、今日が仏滅か、どうかは知りませんが、、、
また、その歴史やら、行事など
なかなか蘊蓄深く、面白いです。
また、このサイトによれば、
中秋の名月は台風などで、
10年に9年は、見ることが出来ないとか(^^;

現代の私たちは、
月を見ること、
夜空を見上げることって、
本当に少なくなりました。
しかし、
昔の人にとって、
「夜空」は生活の一部でもあったのでしょうね。
またたく星を眺め、
リンと冴え渡る月を愛で、
かまびすく鳴く秋の虫の音に耳を傾けたのでしょうか、、、
そして、
ひとりで、
あるいは恋人と、
語り合ったのでしょうか。
時は、
ゆっくりと、
たゆたうように流れたのでしょうね。
何をか思い、
何をか応えてくれたのでしょうか?
昔の人の思いに迫ろうとすると、
なんだか切なくさえなります。
きっと、
あの月には、ウサギが住んでいるに違いない、
とか、
かぐや姫を迎えに月の使者が舞い降りてくるとか、、、
他愛もないけれど、
なぜか透きとっていて、
ロマンチックで、それでいて、なかなかしたたかであったりと、
いろんな意味で、
素敵です。
月を詠んだ歌が百人一首の中にはいっぱいあります。
今日の天気を考えて、
その一つ。
〜〜〜
秋風に たなびく雲の 絶え間より  もれ出づる月の 影のさやけさ
〜〜〜
雲の絶え間から、のぞいてくれるといいなぁ〜〜

また、
明日9月29日は小惑星トータチスが地球に最接近するそうです。
しばらく夜空の天体ショウーが、続きます。
尚、あすは十六夜です。
いつまでも、
月に名残を惜しんでいたのでしょうね。
昔の日本人の自然を愛する心に、
ちょっと触れてみたいと、思った私です。

ところで、余談ながら、
芭蕉の有名な俳句。
「名月や池をめぐりてよもすがら」
この俳句、
池を一晩中めぐったのは、
作者でしょうか?
はたまた月でしょうか???
あなたは、
どちらだと思いますか???
美しい月を眺めて、
池を一晩中何回となく回っていたのか、
あるいは、月がゆっくりと一晩をかけて
池の周りを回ったのか???

|

« 郵政民営化 | トップページ | 権威と権力と情報 »

コメント

はじめまして。なすびと申します。
こちら、北海道は、雲が厚く、今日は、月が見えません。
池をめぐったのは、作者と思います。月だとしたら、池をめぐる月を見ていた、作者も、「よもすがら」だったので、月も作者も、どちらも「よもすがら」だったのではないでしょうか。
リ・ハンジェ選手は、広島なのですね。北朝鮮戦で、福西が倒れて、起き上がる時、相手の選手の頭に踵を落としたのを見たときは、残念でした。戸田がストイコビッチを踏んだ時と同じくらい、残念でした。その後の、リ・ハンジェ選手の対応を見て、「この子を、ずっと応援しよう」と、思いました。

投稿: なすび | 2005.09.18 19:17

なすびさん。
こんばんは。
コメント有り難うございました。
北海道は昨夜は十五夜、観ることは一晩中かないませんでしたか???
こちらは、おかげさまで、しっかりと観月ができました。
毎年、この時期は天候に恵まれない地域が多いようです。

さて、なすびさんも「よもすがら」は作者と思われますか?
私も同意見です。
ただ、国語の問題となると、上のようなことが問いに出されるのです。
まぁ、文法上の解釈はともかく、情緒と言う部分では、
この俳句、風情があって、やさしくて大きくて大好きです。

また、リ・ハンジェの件。
彼は本当に精神的に成長したと思います。
以前は気が強かったのですが、今はその強気とさらに緩急のバランスが良くなった気がします。
これからも、リ・ハンジェ、よろしくお願いいたします。

そうそう、インプラント。
私もそうです。
とてもい親しみを持って記事を拝見いたしました(^.^)
じゃ、、、またね。

投稿: せとともこ | 2005.09.19 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/1541064

この記事へのトラックバック一覧です: 中秋の名月:

« 郵政民営化 | トップページ | 権威と権力と情報 »