« 1000万円の夢 | トップページ | 失道 »

2004.10.23

この方法で生きのびろ!

この方法で生きのびろ!という本の「はじめに」には、こう書いてあります。
「人で何が起こるかを前もって知ることは出来ない〜〜〜〜〜〜実際に勇敢な行動を求められたとき、自分は何をすべきかを知っていただきたい。〜〜〜〜〜〜〜」
そして、各ジャンルの専門家が、それぞれの場面での「対応の仕方」を書いてくれています。
例えば、「クマに襲われたとき」「クーガーに襲われたとき」、、、「走る車から飛び降りるとき」「飛行機を着陸させるとき」などなど。
読んでいると、自分がまるでテレビ番組の「サスケ」になっているような気分。
木に飛び乗り、ジャンプして、駆け上がり、くぐり抜け、、、と。

さて、先日の台風。
テレビで、バスの屋根で一夜を明かした人々の救助の模様が写しだされていました。
全員無事救助。
本当に良かった。
また、あの近辺には、そのほか大勢の人たちも、救助を待って心細い一夜を過ごされたそうですが、
全員、助かり本当に、良かったと胸をなで下ろしています。
その後の放送で、その時の恐怖を語られていましたが、アッという間の出来事だったようです。
それにしても、咄嗟の判断がスバラシイ。
そして、みんなで励まし合い、助け合って救助を待ったと言われていました。
これこそが知恵だと思いました。
どんなときも「生き延びる」ということを心に刻み、冷静に行動することを教えていただきました。
この後、お疲れが出ないようにと祈ります。

不測の事態に備え、普段から心の準備をすることを強く思った私は、本棚から「この方法〜〜〜」を、引っ張り出して、もう一度読んでいます。
読みながら思ったこと。
こうした事態に備える心構えはそれとして、
政府が今、行おうとしている大増税という事態に対しては、
どの方法で生き延びたらいいのだろう???
と、いうことです。

|

« 1000万円の夢 | トップページ | 失道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/1751376

この記事へのトラックバック一覧です: この方法で生きのびろ!:

« 1000万円の夢 | トップページ | 失道 »