« 教育と競争原理 | トップページ | 科学と常識 »

2004.11.05

因果応報

未来は予見できないものなのでしょうか?
未知なるものなのでしょうか?
私は決してそうではないと、このごろ思うのです。
仏教の言葉では「因果応報」というようです。
過去の行為は、形を変えて現在に影響を必ずや及ぼしている、今行ったことは将来、結果として現れる、ということです。
FAIRNESSさんは、ブログでたびたび「過去の上に今があり、今の延長に未来がある」と書かれています。
イラク人質事件は、何もポッと出たものではありません。
日本の政府の取ってきた政策の上にあり、それは選挙の結果であったり、
アメリカとの力関係であったり、財界からの要求であったりするのでしょうが、
とにかく、一つの小さな(?)ことの積み重ね、偶然の上に必然が生まれ、ここに在るということです。

そして、今、あらたに新しい偶然がここに積み重ねられていきました。
アメリカ大統領再選という、、、

私たちは、日常の中では、「今こうしたら、未来にこの様に返ってくる」なんて、そうそう思わずに生活しています。
ましてや、自分の行動が、「世の中を動かす原動力」の一つだなんてあまり実感していません。
しかし、実は、
私たちの「今、まさに、ここにいる」そのことが、
未知なる未来への一歩だと、
つくづく感じています。

ブッシュさんは勝利した。
小泉さんは大喜びした。
彼等は、過去に、今日ある努力(?)をしたのでしょ。
だから、彼等にとって、「今日」があるのでしょ。
彼等の「今日」が、未来にとって害以外のなにものでもない(とりわけ戦争という意味では)ことを、信じている私は、
今日を、「平和な未来」のために、努力したいと願っています。

〜善因善果
   悪因悪果〜

|

« 教育と競争原理 | トップページ | 科学と常識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/1870609

この記事へのトラックバック一覧です: 因果応報:

» 過去の制約 [FAIRNESS]
人質事件に関しての対応に関する国民の意識調査 http://newsflash. [続きを読む]

受信: 2004.11.07 06:24

» 攻撃激化に反対するオンライン署名 [愛のまぜご飯]
米軍、ファルージャ総攻撃を開始 武装勢力が応戦 激しい戦闘に 『総攻撃に先立ち、イラク暫定政府のアラウィ首相は「住民を殺人者から守るためには、武力行使以外の選... [続きを読む]

受信: 2004.11.09 12:40

« 教育と競争原理 | トップページ | 科学と常識 »