« 自虐史観 | トップページ | 祥月命日 »

2004.12.01

夢判断

今朝、怖い夢を見て起きました。
私は結構、異次元ワールドの夢を見るのですが、
今朝の夢はこんなでした。

〜〜〜〜〜
場所   中東らしき国 とある小屋の中
登場人物  私と数人の日本人  数人の現地の人 たち   
ストーリー 
 私たち日本人が小屋の中から逃げようとする→ 現地人が 小屋の外から銃を撃ってくる→ 頭のうえをビュンビュン弾が飛び、生きた心地もしない→ そこへ、救いの女神のような女性が現れて、私たちはその場は助かる              
〜〜〜〜〜
ここで、目が覚めたのですが、その生々しい光景はしばらく忘れることが出来ませんでした。
こわかった、、、
頭の上をビュンビュン弾が飛んで来るのですよ。
そしてなぜか枕で頭を防御していました。
イヤ、、こわかった。
朝になって自分で「夢判断」
多分、今イラクで起きている戦争がテレビの画像として送られて来ています。
それを見る度に胸を痛めていたのですが、多分深層心理の中に叩き込まれていたのでしょ。あの映像が。
そして、それが夢になって出てきたのでは???
と、判断しています。
では救いの女神はなんだったのかなぁ?
あの顔、日本人だったな?だれだろう???救いの女神は???
しかし、こわかった。
本当に、生きた心地がしませんでした。
「たったすけて〜〜〜〜」
声も出ません。
私は、夢だったから覚めたけれど、、、
遠いイラクの人々は、この悪夢からいまだ覚めないのですね。
これは現実のことなのですね、、、
ますます胸が痛みます。
あんな恐怖にいつも晒されている人々。
あ〜〜〜
どうか、どうか。
ブッシュさん。
ほんのちょっとだけ想像力を働かせて、
ご自分の身になって考えてください。
その恐怖を。

と、思った次第です。
ところで夢判断、「死ぬ」夢って縁起がいいことご存じでしたか???
私はさっきネットで調べて知りました。
新しい自分が生まれること、運勢が好転することだそうです。
そうか、夢って面白いものだぁ〜〜〜  
イラクの人たちも、新しい年は素敵なものであることを祈っています。
今日は12月1日。
いよいよ今年も一ヶ月。    

|

« 自虐史観 | トップページ | 祥月命日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/2120725

この記事へのトラックバック一覧です: 夢判断:

» 恐い夢 [隅田清次郎残日録]
最近変な話しばかりエントリーしているので、ここいらでソフト路線をば。 瀬戸智子さ [続きを読む]

受信: 2004.12.02 13:32

« 自虐史観 | トップページ | 祥月命日 »