« 新しい仲間 | トップページ | 安全宣言 »

2004.12.07

シビリアンコントロール

陸自幹部:憲法改正案作成 中谷・改憲案起草委座長が要請と言うニュースが今、問題になっています。
つまり、先に提出された自民党憲法調査会の「改正草案」に陸上自衛隊の幹部が関わっているということです。
この草案は、「国防義務」や「「軍刑法」「軍事裁判所」の設置なども盛り込まれています。
これに関して、首相は憲法改正は国会で決めることだから「シビリアンコントロール」に問題ないとしています。
また、細田官房長長官は、経緯を調査すると発表しました。

うううううう
????????????????????
小泉さんは、「シビリアンコントロール」またそれに対置する「ミリタリーコントロール」という言葉の意味をご存じなのか?(勿論、知っています。あの人は確信犯だから)
憲法が、軍によって意のままに作られたら、どうなるのでしょう?
国会の役目は、今以上に形骸化され、
私たちの日常が、「軍」によって統制される日も近いということなのでしょうか?
これは、伝わってくる言葉以上に危険な兆候ではと私は思います。
本当に、目が離せない。
そこにあった平和を、今、私たちは失おうとしているのでしょうか???
本当に、語り継いでいかなければならない。
そこにある平和の大切さを。

=軍が書き、政府が通す改憲案。座りしままに笑うは○○なり。=
○○には、お好きな言葉を入れてください。
私はアメリカかなぁ?それとも財界かな?あるいは???

|

« 新しい仲間 | トップページ | 安全宣言 »

コメント

シビリアンコントロールと言うのはあくまで最終決定権を文民が握るということですので、小泉首相の発言に何ら間違いはありませんよ。
瀬戸さん何か勘違いしてませんか?

>憲法が、軍によって意のままに作られたら、どうなるのでしょう?

どうにもなりませんから安心して下さい。
軍部が独走する憲法と言うのは実質的に国会議員や官僚の権力を奪うことになります。
今持ってる権力を大幅に削るような憲法を国会通過させる国会議員がどこにいると思いますか?
いないからこそ政治改革、行政改革は中々進まないんですよ。

軍部統制の日が来る可能性は中国が日本近海で戦争始める可能性よりもず~~~~~~~~~~っと低いですから安心して下さい。

投稿: | 2005.11.09 22:38

凌 さん。
こんにちは。

>軍部が独走する憲法と言うのは実質的に国会議員や官僚の権力を奪うことになります。

そうなんです。
凌 さんが書かれているように、そんな危なっかしげな社会になるとは思っていないし、またなったら大変と思います。
私も、貴方が紹介して下さった、(Wikipedia)のシビリアン・コントロールはしっかり確認して、上記の記事を書きました。
勘違い、思い違いというより、
少々大袈裟とは思いつつ、警鐘をガンガン鳴らしたと思ってお読みください。

>軍部統制の日が来る可能性は中国が日本近海で戦争始める可能性よりもず~~~~~~~~~~っと低いですから安心して下さい。

中国の動きも不安ですが、
この頃の世界情勢、どこを見てもため息が出ます。
フッ〜〜〜(ため息)

私は、今までも、これからも、
「どんな理由があれ、戦争は反対」という立場です。
本当に、
次代の子どもたちに「いいもの」を受け渡していきたいと願っています。
また、これからもご意見お聞かせくださいね。
では、、、


投稿: せとともこ | 2005.11.10 13:42

「私たちの日常が軍によって統制される日も近い」

憲法九条改正や有事法制などに反対する人達は、このような表現を使いがちですが、あくまで非常時の対応を定めるものであって、そうでない時の日常を統制する訳ではありません。こういうのはためにする議論かプロパガンダでしょう。それこそ「確信犯」です。

もしも政権や国防軍が何の理由もなく一般人の日常を統制する(何のために?)ようであれば、選挙で政権を変えればいいことです。私たちは主権者ですよ。

「どんな理由があれ、戦争は反対」

かっこいいですが、隣国がミサイル発射しても反対ですか?その時は、一般市民ですが私は戦いますよ。そのかわり、こういう立場の人は見捨てます。

何の問題もないのにあるかのようなことを書いて警鐘鳴らすのは、空騒ぎではありませんか?

投稿: フロレスタン | 2006.06.11 14:11

>先に提出された自民党憲法調査会の「改正草案」に陸上自衛隊の幹部が関わっているということです。

最近自衛隊は米軍の一部となっているとも云われてもおります。 また、イラクでは武装米兵までも空輸しているとも聞いております。 実質、自衛隊は海外で米国の戦争の一翼を担っていると言っても過言ではないようです。 無辜のイラク市民を苦しめている、やってはならない無法な戦争に既に日本政府は荷担しているようです。 そしてこれは、何はさておき、その解決に焦眉の急を要する重大問題です。

このような状況下で、自衛隊は違憲の行動をしており、法の支配に基く日本の民主政治が崩壊しつつあるのではないだろうかと、私は大変危惧しております。

そのような重大な国政上の疑義を有する自衛隊の幹部が、事もあろうに、憲法改正草案づくりに関わっていたという事は、二重の意味で、日本の民主政治の根幹を揺るがす大問題のように、私には思えます。

主権者である国民は、日本の民主政治の重大問題として胸に刻み、即刻問題の所在を論議し、広め深めていかなければならいと、思います。 民主政治は草の根から一人一人の主権者の自覚と努力の上に作られて、本物になっていくのではないでしょうか。

投稿: hamham | 2006.06.11 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/2183447

この記事へのトラックバック一覧です: シビリアンコントロール:

« 新しい仲間 | トップページ | 安全宣言 »