« 祥月命日 | トップページ | ウエミの思い出 »

2004.12.02

ご苦労な性格

私は夫から「ご苦労な性格」とよく言われます。
自分から苦労をしょい込んでいるというならカッコイいのですが、どうもそうではなくて、
ひたすらグダグダ言っているのです。
なにを?
主には健康です。
今は歯医者に言っています。
行く前から行った後までギャコギャコ騒いでいます。わたし。
こんな私。
自分でどうかならないかと、思って悩みます。
そんな時は、
どうしたらいいかと行き詰まると、片っ端からいろんな本を読みます。
そんな本の中の一つがひろさちやさんの本です。
読まれた方も多いと思いますが、なかなか元気が出てきて前向きにもなれるし、ゆっくり行きましょか、という感じにもなれる。
その時の自分の気持ちにあわせて本の解釈をしています。
そこで、ちょっと面白い一節を紹介します。
〜〜〜〜〜〜〜〜
一休さんはある日、大人に「お父さんとお母さんとどっちが好き?」と聞かれ、手に持っていた煎餅を二つに割って「おじさんはどっちの煎餅が好き?」と聞き返したという逸話がある。
人はとかく間違った質問を真剣に考えて、どちらかに答えを出そうとするが、それはつまらないことである。
例えば、同じ自分の子どもなのに、できのいい子の方が可愛いとか、自分の思いどうりになる人が好きとか、、、、
言ってみれば本質が同じなのだから、分ける、区別することは無意味である、、、」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私の要約なので、興味のある方はぜひひろさちやさんの本を読んで下さい。
さて、私流の解釈は
「とかく私は、わざわざ、悩みを作らないと安心しない性癖がある」という事です。
前にも書きましたが、以前、私はカイロプラクチックに行っていました。
聞かれもしないのに、自分で「先生、ここ、悪くないでしょうか?」と病気を作っているのです。その度に「ごくろうさん」と冷やかされました。
「悪い」と言われるまで、どこか悪いところを探し続けるのです。
「あっ、どこか痛いところないかなぁ???」と。
そして、巷間の健康番組を見て、一生懸命、健康ばかり(つまり病気探し)気にしているのです。
本末転倒なんですよねぇ(^^;
自分で悩みを作り、病気を作っているのです、、、(^^;
あ〜〜〜ごくろうさん。
スカッと生きたいなぁ〜〜〜スカッと。
今日の青空みたいに、、、

|

« 祥月命日 | トップページ | ウエミの思い出 »

コメント

 よく、二十代の頃は無茶自慢を、三十代を過ぎると病気や体の悪いところ自慢をするようになる、なんて言いますよね。
 そういう体の悪いところ自慢の話題になると、僕はついつい「今は、頭と顔が、少し」と言ってしまいます。オヤジギャグですね。オッサンの仲間入りをしてしまっているかも。
 でも、一部の人は「それは昔からや」と突っ込んできます(爆)。

投稿: さいと~ | 2004.12.03 01:54

さいと〜さん。
こんにちは。
コメント有り難うございます。
勝手ながら「年末調整」の方で頂いたコメントもこちらでさせてください。
>政治家も人気商売ですから、「貧富の格差を縮めよう」という有権者のニーズが高まると、そういう政党や政治家が出てくると思いますよ。

本当にそう思います。
結局私たちなのですよね、、、綱引きをいつも想像します。そういう意味ではあきらめずに伝えていかなければとも思います。
さて、さいと〜さんは「信長、、、」ですか。私は一時期「三国無双」でした(^^;
家族が帰ってくるのも気づかないくらいやっていました(^^;じつは結構、ゲーム好きなのです。

また、「痛いところ自慢」。分かります。わかります。私も「一番悪いのは根性。」と思っています(^^;
みんな、好きなのですよね。痛み自慢。
これがストレス発散なのかもしれませんね?
では、、、
またね。

投稿: せとともこ | 2004.12.03 15:43

 『真・三國無双2』なら、手元にはあるんですよ。今使ってるテレビが21年モノの15型テレビで、画面がにじんで隅の地図がよく見えないので、あんまりしてません。
 そういえば、一番最初に出た『三國無双』って、『バーチャファイター』や『ストリートファイターII』みたいな1対1の格闘技ゲームだったの、知ってました?

投稿: さいと~ | 2004.12.04 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/2131037

この記事へのトラックバック一覧です: ご苦労な性格:

« 祥月命日 | トップページ | ウエミの思い出 »