« オニババ化する女たちを読んで | トップページ | 何が違うのか? »

2004.12.16

与党税制大綱

自民党と公明党が2005年の与党税制大綱をまとめました。
所得税、住民税の定率減税の半減が明記されています。
1999年度に「恒久的減税」と銘打って始まった定率減税は、所得税の20%,
住民税の15%を差し引いています。
しかし、このたび出された与党税制大綱では所得税が10%、住民税が7.5%と半減されることになります。
事実上の増税です。
すでに雇用保険料引き上げ配偶者特別控除廃止、厚生年金保険料引き上げは、決まっています。
さらに上乗せして、国民から取ろうとするのが、今回の定率減税の案です。
その先には、消費税率アップが待っていることは言うまでもありません。
子育て、働き盛りをターゲットに、一円でも多く取っていこうというものです。
「いやぁ〜〜〜この先三年は選挙がないのだから、ガンガンやりまっせ。ドンドンとりまっせ。」
と、言うところでしょうか。
しかし、これはまだ案なので決まってはいません。
私たちが「困る」と言う声をあげていけば、
変わりうると思います。
私の声は小さいけれど、願いを込めてここに書きます。
「増税、反対」!!!

|

« オニババ化する女たちを読んで | トップページ | 何が違うのか? »

コメント

私も増税反対!!大いに声を上げましょう。    

投稿: hitoriyogari | 2004.12.16 17:52

hitoriyogari さん。
こんにちは。
増税に加えて、さらに教育費の値上げなど、今、子育て真っ最中の親にはダブルパンチ。
「受益者負担」についてはどの様に思われますか?
またご意見、お聞かせください。
では。

投稿: せとともこ | 2004.12.17 13:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/2283399

この記事へのトラックバック一覧です: 与党税制大綱:

« オニババ化する女たちを読んで | トップページ | 何が違うのか? »