« 何が違うのか? | トップページ | ナルニア国ものがたり »

2004.12.17

国立大学授業料値上げ

国立大学、と言っても今は大学法人ですが、その授業料が引き上げられようとしています。
現行では52万8千円ですが1万5千円上がり53万5千8百円になります。
今年4月に大学法人となった国立大学は授業料を各大学で決めることが出来るようになりました。
と、いうことは学生が多く集まる大学は授業料を安くすることも可能ですが、そうでない大学にとっては、授業料値上げは必至です。
こうしてますます大学の格差が出来てくるような気がします。
さらに私立大学でも財務省は国庫助成の削減、縮小を図るとしています。
家計の負担はますます大きくなる故、文科省の中央教育審議会でさえ、「これ以上の家計への負担は、教育への弊害になる」と警鐘をならしています。
従来の奨学金制度を担っていた日本育英会もこの4月から独立行政法人になりました。
こうした流れの基になっている主張は「受益者負担」という考えです。
つまり「学問はそのサービスを受ける人が利益を得るものだから、自分で払え」ということだそうです。
受益者負担ねぇえ〜〜〜
それを言うなら、国は、教育を受けた成人から利益を受けているのだから、国が負担するのは当然ではないでしょうかねぇえ???
いずれにしても、ますます大学間格差、そして子どもたちの学力の二極化への道は開かれていきそうです。
どの子にも学ぶ喜びと機会を、という憲法の精神をもう一度しっかりと見ていかなければと思います。

|

« 何が違うのか? | トップページ | ナルニア国ものがたり »

コメント

 受益者負担ねえ。これはある程度大学というレベルでは仕方のないことかも知れませんねえ。義務教育と高校のレベルではいけませんが・・・・。今後の議論に待ちましょうか。

投稿: hitoriyogari | 2004.12.17 17:10

お久しぶりです。
ブログ引っ越しましたのでお知らせがてら・・・
国立大学でも50万円超えてるんですか、びっくりしました。私が通ってた頃は今回の値上げ幅よりも安かったですが(笑)
当時と仕組みが全く違ってるんでしょうね。

投稿: jackyhk | 2004.12.17 21:12

hitoriyogari さん。
jackyhkさん。
こんにちは。
コメント有り難うございます。

hitoriyogari さん。
受益者負担って考え、難しいですよね。どこで線引きするか???
ただ大学の授業料に関しては、現行でもかなり大きな額になっていて、親の負担をはるかに越えています。そこでアルバイトをしなければならない状況に追いやられ、本来の学業がなかなか出来ない学生さんも沢山いることを思うと、これ以上の値上げは厳しいと思います。如何でしょうか???

jackyhkさん。
お元気でしたか???
引っ越し先のブログ、伺いました。
素敵ですね。
やさしい雰囲気になりましたね。
季節が秋になり、子どもたちに百人一首の「月」について書かせていました。
出てくる作文を見るたびにjackyhkさんのこと思い出していましたよ。子どもたちは、「ほととぎす、、、、」「たち分かれ、、、、、」などが好きでした。
さて、それはそれとして、国立大学授業料、びっくりなさったでしょう。ちなみに初年度納付金は80万円です(^^;
あっちも、こっちも大変なのです(^^;(^^;
「うしとみしよぞ、、、」となることを祈ばかりです。
これから忙しい時期になります。
おからだ大切に。
では、また。

投稿: せとともこ | 2004.12.18 17:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/2292409

この記事へのトラックバック一覧です: 国立大学授業料値上げ:

» 学びたくても学べない高校生たち [シルエットdays]
詩帆です。 最近、ちょっとやそっとのニュースでは、あまり驚かなくなっていませんか?(笑) 私はといいますと、昨夜、ちょっと怖い雷が鳴りましたが、さほど驚きませ... [続きを読む]

受信: 2004.12.17 11:36

» 高すぎる教育費 [Katazu通信社]
国立大授業料、1万5千円上げ大勢も初の格差 (読売新聞) - goo ニュース 国立大の年間授業料の「標準額」が今春、52万800円から53万5800円に1万5... [続きを読む]

受信: 2005.02.12 11:38

« 何が違うのか? | トップページ | ナルニア国ものがたり »