« 学力低下問題 | トップページ | 国語入試問題の意図 »

2004.12.18

教育環境の低下

学力低下問題として先に書いた記事を受けて、ここでは子どもたちの実態を書きます。
「今、子どもたちは疲れている」と私は思います。
それは学年が上になるほど顕著になります。
とにかく、いろんなことに追われている、という感じがするのです。
あれもしなければならない、これもこなさなければならない、
だから一つのことに集中、執着がない、
さっぱり、サラリなのです。
それは友達との関係でも言えますが、ここではこれについては書きません。
もし、頭の中を見ることが出来たら、
子どもたちの頭の中にはいっぱい引き出しがあって、その中に少しずつ物が詰まっている。
でも、しまうとき、あまり考えないで入れるので、いざ出すときどこに入れたか分からない。
まさにこんな感じなのです。
一つ一つの引き出しを開けると「あ、、、これを入れたんだ」と思い出しますが、
実は引き出しは、一つの机、タンスの一部であるということ、つまり全体を関連付けて、なおかつ俯瞰的に物事を見る、考えることをしません。
なんとなれば、引き出しにしまうものを与える大人や先生が、そのしまい方を教えてくれないからです。
一番はじめには、しっかりとしまい方は教えなけれなりません。学ぶはまねぶです。
さらにしまった物がどんなに素敵な宝物で、時々はその宝物を出して、にっこりと微笑みながら眺めることも教えていません。しまわせたらしまわせっきりです。
つまり子どもたちの頭の中はグチャグチャに混乱していると私は思います。
そして整理のつかないまま、入れる物だけが多くなるのでもうヘトヘト。疲れてきます。
そしてもう詰め込むのはいやだ〜〜〜と拒否反応へと進みます。
では、どうすればいいか????
私が思うに、やはり「丁寧に詰め方」を教え、詰めた物をさらに磨き、他の引き出しとの関連もしっかりと教えることが大切ではと思います。
風通しいのいい詰め方を教えるには、やはり少人数学級できめ細かい指導が必要ではと思います。とくに低学年は。
次に詰める内容ですが、これは質の高い物を詰めてもらいたいです。
体験、実験、さらに作らせるなどをふんだんに取り入れないと子どもたちにとっては、たんに「文字の羅列」です。
削減した理科実験、縮小された図工や音楽の時間。
教科書から消えた算数の図形や数量などを、もういちど復活させて、丁寧に教えてもらいたいものです。
自らの体験、経験を豊かにしたならば、子どもたちは「国語の読解力」も身に付いてくると思います。
いずれにしろ、今、文科省が早急にするべきことは、
教育環境の整備ではと思います。
教員の数を増やす。
授業を黒板からフィールドへ。

|

« 学力低下問題 | トップページ | 国語入試問題の意図 »

コメント

確かに教育環境の整備は必要不可欠ですね。それにはお金がかかります。ですから義務教育にはもっと予算を回すべきでしょう。さすれば大学はある程度文科省の枠からはずれても仕方がないのかなと・・・・・。

投稿: hitoriyogari | 2004.12.18 17:52

私は中学3年の時に、市内No.1と云われる学習塾にいきましたが、そこの塾長は、大学の校庭からとってきたアリジゴクをアクリル水槽に入れて巣をみせたり、自作の実験機械で実験してみせたりしてくれました。瀬戸さんと同じことを考え、高校を退職して塾を開いたそうです。子供たちも喜んで通っていました。
授業時間が長いのが詰め込みではなく、論理や実習なき丸暗記こそ詰め込み教育でしょう。
また、文部省は教員の質を云いますが、昔の教員の給料はずっと高かったように思います。教員はその給料を教え子の奨学金にしたり、学校で買えない様な高価な洋書に使って教育者としての質を高めたんじゃないでしょうか。薄給で大人数を相手に長時間勤務しては、名物教師の卵たちも卵のままで終わってしまい質の高い授業などできません。社会還元を前提にした高額な給料というのは、佐川急便の佐川清会長も云っていたようですが、古き良き日本の道徳の一つとして是非文部省主導で復活させて欲しいです。

投稿: 隅田清次郎 | 2004.12.19 17:46

hitoriyogari さん。
隅田清次郎さん。
こんにちは。
コメントありがとうございます。

hitoriyogari さん。
確かに大学は義務教育ではないのですが、
大学の役割には、真理の探究もあるわけです。
研究にはかなりお金がいります。
今、研究者は予算がつかなくて、思うように研究ができないのが現実です。
やはり国の潤沢な財源は必要ではと思います。
また学生にしても、アルバイトで本来の学業がおろそかになる実態を考えると、大学においても「学問の保障」をしてもらいたいと私は思います。
いかがでしょうか???

隅田清次郎さん。
先日、リンク、トラックバックありがとうございました。
お礼をと思いながら、あれやこれやしているうちに、隅田さんから先にコメントいただいて、ありがとうございます。
こちらで書かせていただく失礼をお詫びしながら、、、
「オフ会」楽しい思いでになられましたね。
すてきな出会いをなさったのだなと思いました。
ネットで知り合った方々は普段の自分の生活範囲を超えているから、いろいろ刺激になりますよね。
これからもステキな出会いがいっぱいあるといいですね。
さて、
>授業時間が長いのが詰め込みではなく、論理や実習なき丸暗記こそ詰め込み教育でしょう。
すごく、すごく賛成です。
私もそう思います。
「質の高い授業」。
本当に子どもたちに贈りたいです。
では、、、
また。

投稿: せとともこ | 2004.12.20 12:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/2302268

この記事へのトラックバック一覧です: 教育環境の低下:

« 学力低下問題 | トップページ | 国語入試問題の意図 »