« 永田町の状態方程式 | トップページ | 自由のお値段は? »

2005.01.20

総合学習見直しを検討

昨日、朝食準備中、流れてくるFM放送のニュースで、文科省、総合学習見直しを検討という内容をアナウンサーが語っていました。
「なにを今更。」
「やっと気がついたか、、、」
というのが正直な感想。
それにしても、、、ねぇ。
あの3年前の鳴り物入りの導入はなんだったのか???
導入前の学習会。文部科学省が開催したとき、私も行きました。
その時、多くの現場の先生方から、
「授業時間が短縮される」ことの危惧について語られました。
さらに、
「生きる力」と言っても、何も無いところからできないのだから、結局教師から子どもへの押しつけになるのではないか?
と言った実践の在り方に至るまで、沢山の声が上がりました。
しかし、文科省は、「大丈夫。成功した経験が全国に一杯ある」という一点張りで、押し切ったのです。
その理由は、
今までの学校の勉強方法は暗記中心であった。そのため子どもたちが息苦しなり、さらに落ちこぼれや「キレる子」が出たのではないか、というものでした。
「生きる力は、ゆとり教育からこそ生まれる」というのです。
そして、あれから3年。
今、文部科学大臣は、
「子どもの学力低下に関連し、総合学習より国語や算数(数学)などの基礎的教科を重視」
と言う理由で見直しを検討するというのです。
あの時、あんなに熱弁を振るっていた「生きる力」とはなんだったのか?
学力調査の前に吹き飛んでしまうような生きる力とは、どんな力なのか?
生きるとはどんなことか???
文科省の方々、貴方たちに質したい???

私は基本的な立場では、現「ゆとり教育」には反対です。
それは、子どもたちの「分かろうとする力。知る力」を伸ばそうとするシステムにはなっていないから。
だがしかし、「国際学力調査結果、学力の低下が見られる」ということで、すぐに見直しを検討、以前の猛烈な勉強に戻そうとするのは、問題があると思います。
子どもたちは「もの」ではありません。
これがダメなら、アレ。それでもダメなら、やっぱりこれ。
なぁんて、なんの定見もないまま、思いつきで変えないでください。
総合学習が仮に(本当なのですが)問題があるのなら、そこをもう一度見直すとか、
最初の目的通り「生きる力」の定着に努力することが本来、すべきことでは?と考えます。
いずれにしても、
いずれにしても、
振り回されるのは子どもたちと、現場の教師と、保護者です。
しっかりと将来を見据えた指導要項を作って下さい・

|

« 永田町の状態方程式 | トップページ | 自由のお値段は? »

コメント

こんにちは
いつも思うのですが、文科省というところは文部省時代から、じっくりものごとを考えるということを知らないんじゃないでしょうか。ゆとり教育も総合学習も云い出してから実施までの間の検討期間に年単位の時間をかけてなかったし、今回も、子供たちが大人になって総合学習の成果がみえる前に見直しをいいだして。
ゆとり教育が必要なのは子供より官僚のようにみえます。
しかも、法改正の時にも、約束をを守る態度を示さず、あせったように施行前から実施しろと指導して。
子供たちの規範たれという教育者の気構えはないのでしょうか。

投稿: 隅田清次郎 | 2005.01.22 20:26

隅田清次郎 さん。
こんにちは。
コメント有り難うございます。
私も隅田さんの仰るとおりだと思います。
>ゆとり教育が必要なのは子供より官僚のようにみえます。
しかも、法改正の時にも、約束をを守る態度を示さず、あせったように施行前から実施しろと指導して。
子供たちの規範たれという教育者の気構えはないのでしょうか。

本当に。ほんとうに。
そう思います。これじゃ子どもたちが可哀想です。
なにしろ先が見えないのだから、、、
それにしても教育をはじめとして、この国の政策はどうなっているのでしょうか???
国会もグチャグチャです(^^;
しっかりと見ていかなければと思います。
今年もまたブログを通して、いろいろご一緒に考えていきましょうね(^.^)
では、まだまだ風邪がはやっています。
ご自愛ください。

投稿: せとともこ | 2005.01.24 15:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/2638505

この記事へのトラックバック一覧です: 総合学習見直しを検討:

» 【廃止派】ゆとり教育と総合学習【存続派】 [さいたまblog]
今月18日の中山文科相の「総合学習見直し」発言は、教育現場に新たな火種を持ち込んだ。前の日記にも書いたが、私はこの「総合学習」の行く末はこれからの地域社会、ひい... [続きを読む]

受信: 2005.01.27 22:03

« 永田町の状態方程式 | トップページ | 自由のお値段は? »