« アダムとイブとそしてヘソ | トップページ | ふるさとの山 »

2005.01.07

七草粥

「七日、雪間の若菜摘み、青やかにて、例はさしもさるもの目近からぬ所にもて騒ぎたるこそ、をかしけれ。」
と清少納言が枕草子でも書いている七草粥。
今日、一月七日は、この七草粥の日です。
昔から正月七日に七草粥を食べるとその年は無病息災でいられるという言い伝えがあります。
そもそものいわれは、中国から来ているのでしょうか?
 中国では、一月七日を「人日(じんじつ)」と言います。
 人日とは「人を殺さない日」の意で、中国では昔からこの日、刑を行わなかったのだそうです。
また、 この日の風習の一つに、七種類の菜でお吸い物を作る風習がありました。
 七草は、中国の人日の一月七日という期日と七種の菜で作られるお吸い物を食べる風習が今に伝わったものでしょうか。
いずれにしても、春早々、若菜を摘みながら、一年の幸せを祈った昔の人の思いが偲ばれます。
〜〜〜〜〜〜〜
君がため 春の野に出でて 若菜つむ 我が衣手に 雪は降りつつ
(きみがため はるののにいでて わかなつむ わがころもでに ゆきはふりつつ)
光孝天皇詠む 百人一首より

|

« アダムとイブとそしてヘソ | トップページ | ふるさとの山 »

コメント

七草粥、私も毎年一月七日に頂きますが、所詮、中国では旧暦の事ですから多分二月の初旬ですよね。日本の一月七日はお店から買ってきた七草を使わなければなりません。故郷の裏日本では雪の下から七草を摘むのは大変です。桃の節句にしても何にしても、旧暦の行事を新暦でやるものだから、みんな季節のずれた物を祀るんですよ。ここにも日本人の寛容さが現れています。

投稿: hitoriyogari | 2005.01.09 18:20

hitoriyogari さん。
おはようございます。
コメント有り難うございます。
>旧暦の行事を新暦でやるものだから、みんな季節のずれた物を祀るんですよ。ここにも日本人の寛容さが現れています。

私もそう思います。
旧暦と新暦。
なんだかごちゃ混ぜにしています、わたし。
例えば、節分、その次の立春。
さらに桃の節句や端午は四月、六月まで人形を出しています。
しかし、七夕は七月ですね〜〜〜
その合間にいろんな国の行事を入れたりと、一年を忙しく暮らしています(^^;
ハレとケ、と言うようなことがもうゴチャゴチャ。
日本人が寛容なのか、せわしなくなったのか???
ちょっと悩むところ。
でも、まぁ楽しく日々の生活をしていくことが一番肝要かと自分で言い聞かせています。
これからもまた、いろいろ教えてくださいね。
では。

投稿: せとともこ | 2005.01.10 09:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/2497068

この記事へのトラックバック一覧です: 七草粥:

« アダムとイブとそしてヘソ | トップページ | ふるさとの山 »