« 成人の日 | トップページ | 軍事費予算 »

2005.01.10

全国高校サッカー選手権

全国高校サッカー選手権の決勝戦が、きょう国立競技場で行われました。
ここまで勝ち抜いてきたのは、千葉の市立船橋高校と、鹿児島の鹿児島実業高校の二校でした。
結果は鹿児島実業がPK戦の末、優勝しました。
おめでとうございます。
試合内容は、スコアドローということもあって、双方手堅い守りと、攻めきれないFWの焦りが感じられるものでした。
前半は、お互いの力量を推し量るような、遠慮気味の展開でした。
(ちょっと、眠くなったりもしました、ゴメン。)
後半になって、相手が分かり出したのか、双方、自分の得意のサッカーを行い、
何度もゴ〜〜ルというシーンがありましたが、もう一つというところで得点に結びつきません。
迎えた延長戦も、その流れは変わらず、お互いにチャンスとピンチの繰り返し。
それでも得点できず、ついにPKにもつれこみました。
準決勝の星稜高校との試合を彷彿とし、
さらには昨年のサンフレッチェ広島ユースと鹿島アントラーズユースまで思い出しました。
PKは、いずれが勝っても辛いものがあります。
以前は、双方が優勝になったのですが、
勝敗を決めなければならない、、、ということで取り入れられたようです。
私は個人的には、両チームともに優勝の栄誉、名誉に値すると思いますが、、、
いずれにしても、両チームの皆さん。
本当に有り難うございました。
清々しい戦いでした。
さて、それはそれとして、我が家で注目を浴びていたのが、市船の薬袋君。
実は、星稜高校の時、活躍していたのですが、彼の名前を読むことができません。
「ねぇ、あの7番の選手、なんて名前?」
「う〜〜〜ん。クスリブクロ?」
「ヤクブクロ?」
とかとか悩んでいました。
テレビのアナウンサーも、うまい具合に彼の名前を読んでくれません。(^^;
「う〜〜〜ん????」
わからないまま、星稜の時は、時間切れ放送でそのままになった薬袋君。
そして、今日、最初からテレビを見ていなかったので、やっぱり活躍の薬袋君、名前がわからない。
テレビのアナウンサーも、上手に彼の名前を言わない、、、
うううううう。
なんて読むんだぁあああああ。
いろいろ、いろいろネットで検索してついにわかったのです。
「みない」君と呼ぶことを。
後から「みない」と入れて変換させたら、ちゃんと辞書にありました。
(思えばきっとアナウンサーはミナイと言っていたのでしょうが、まさか7番の薬袋君とは思わなかったのでしょうね)
さて、その意味が洒落ている。
「長寿健康の村では、富山の薬袋を見ないから、それが転じて薬袋=ミナイになった」そうです。
すごい〜〜〜〜
そうだったのか!!!
なんだか、すごい。
漢字が読めたこともスッキリ、嬉しかったけれど、それ以上にその意味を知って感激(^.^)
それにしても、日本語ってスゴイ
改めて感心。
なぁんて、思いながら観戦していた決勝戦でした。
薬袋君。
これからも頑張ってくださいね。応援していますよ。
それから、両チームの皆さん。
ますますのご活躍お祈りしています(^.^)

|

« 成人の日 | トップページ | 軍事費予算 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/2531683

この記事へのトラックバック一覧です: 全国高校サッカー選手権:

« 成人の日 | トップページ | 軍事費予算 »