« 書くということ | トップページ | バレンタインディー »

2005.02.12

鞍馬山

今日、鞍馬山に行ってきました。
NHKの大河ドラマの「義経」の影響か沢山の観光客が見えていました。
私は、初めてこの山に登った(?)ので、その由来などは知らなかったのですが、
鞍馬山って、なかなか面白い。信仰の対象が宇宙エネルギーなのです。
尊天という宇宙エネルギーが我々をいかし、存在させている。
その力、働きが愛と光りと力になって我々にふり注ぐ。
一人ひとりが尊天に気づき、自分の霊性に目覚め高め、輝かせるという教えです。
したがってどの宗教にも属していません。
いわば、宇宙と自分ーーーなのです。
歴史深い杉木立のみちを歩いていくと、
そこここに歌碑が立っています。
牛若がここで過ごしたという史実に基づき、遠い日のかの人を懐かしむ歌が沢山ありました。
季節は早春。
まだ風が強く、時折雪もちらつく中、鞍馬の山を歩きながら、自然と、宇宙に親しみました。
その後、鞍馬温泉にいき、露天風呂に入りました。
そこでも、旅行客が沢山見えていました。
かわいいお嬢ちゃん連れのお母さんと親しくお話をさせていただいたりと、
鞍馬の天狗さんとお嬢ちゃんによる縁で、楽しいひとときを過ごしました。
また、機会があればお会いしようねと言ってお別れしましたが、
素敵な出会いのあった楽しいひとときでした。
(露天風呂の外で待っていた夫にはちょっと申し訳ありませんでしたが(^^;)

|

« 書くということ | トップページ | バレンタインディー »

コメント

お忙しいのによく鞍馬へ行って来られましたね。それにしても同じ光景を見せられて、笑っちゃいました。私も露天風呂に妻と娘がはいってるのをガードマンのように外で待ってました。     NHKの「義経」は「新撰組」と違って、なかなか面白いので毎回見てますが、信仰の対象が宇宙エネルギーだとは知りませんでした。

投稿: hitoriyogari | 2005.02.13 17:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/2900859

この記事へのトラックバック一覧です: 鞍馬山:

« 書くということ | トップページ | バレンタインディー »