« イラク戦争 二年目 | トップページ | 未知なるもの »

2005.03.22

藍色夏恋

藍色夏恋という映画を観ました。
御存知の方も多いと思いますが、台湾映画で3人の男女の友情と恋を描いた作品です。
全体の印象は爽やかでした。
台湾のむせるような暑さの中で、ひたすら日常を生きている人々の息遣いが、
主人公の少女の悩みとともに清々しく伝わってきます。
「恋」をとるか、「友情」をとるか迷い、戸惑う少女がそこにいます。
自分の手にあまる悩みを抱え、それをそれとも自覚できない。
しかし、心の中で蠢いている何かをしっかり感じている主人公。
なんでもないことで怒り、何気ないことで感動して、他人を気遣いながら実は自分の世界で空回りしている。
そんな青春時代の一筋縄で行かない気持ちの揺れ動きが、
自転車の揺れるシーンとマッチしていて、観ている私には涼しい風が頬に伝わってくるようでした。
最後は、
「5年後、10年後、あなたはどんな風に変わっているだろうか、、、その姿を私は今、観ることが出来る(瀬戸意訳)」と思いながら自転車に乗り風をきっているシーンで終わりました。
未来は繋がっている〜〜〜確実に今ここから。
と、感じることが出来るような淡くて、清々しい映画だった思います。
どの時代も、
どこの国でも、
青春は甘酸っぱいのでしょうか、、、

|

« イラク戦争 二年目 | トップページ | 未知なるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/3392843

この記事へのトラックバック一覧です: 藍色夏恋:

« イラク戦争 二年目 | トップページ | 未知なるもの »