« 脳と心 | トップページ | 新年度を迎えるにあたり »

2005.03.30

スマトラ沖地震

支援のNGO、続々と被災地へ  スマトラ島沖地震ということで、医療チームなどが続々と現地に向かっている映像がテレビに映し出されていました。
「時間との勝負」と言い「インドネシアの友人たちのために」と言って現地に向かわれた医療チームの方々の、ご活躍、心からお祈りしています。また限りない敬意も表明したいと思います。
さて、時間を追う毎に被災の状況が明らかになり、胸が痛くなる思いです。
つい先日、福岡で地震が起き、襟を正したばかりの今回の地震。
なんと言っていいのか、、、言葉もありませんが、
これ以上の被害が出ないようにと祈るばかりです。
一刻も早い復旧と、今後の地震予報の充実を願っています。
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

|

« 脳と心 | トップページ | 新年度を迎えるにあたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/3494953

この記事へのトラックバック一覧です: スマトラ沖地震:

» スマトラ沖地震 [達麿ヘイチのぶつくさブログ!オーストラリア]
昨年末に引き次ぐ大規模なスマトラ沖地震はオーストラリアでも連日トップニュースで取り上げられている。今回の地震の直接の矢面に立たされたところは、インドネシアのニア... [続きを読む]

受信: 2005.03.30 14:40

« 脳と心 | トップページ | 新年度を迎えるにあたり »