« スマトラ沖地震 | トップページ | 結果オーライ »

2005.03.30

新年度を迎えるにあたり

あさって4月1日からは2005年度ということになります。
新入学、新入社員、新学年、、、と何かと新しいく、初々しい響きのある言葉が続きます。
どうか、この2005年度が、素晴らしい年でありますように、、と祈りながらも、やはりため息が出てしまいます。
なぜって???
そりゃ、先日のシャンシャンで05年度政府予算成立されたわけですが、その中味は、国民にはかなり辛いものがあります。
1,定率減税の半減
2,年金保険料の毎年値上げ
3,高齢者、障害者、生活保護世帯の負担増
4,国立大学授業料値上げ

と、ここまで来てため息が終わるかと思いきや、息つく暇もないくらい次にやってくるのは、
「ガソリン値上げ」の機運が高まっていることです。
石油元売り大手は29日、原油高騰(中東産ドバイ原油)を受け4月からガソリンの卸価格を4.8〜5.1円引き上げると決めました。
こうした生活に押し寄せてくる「経済」以外に、注目しなければいけないのは、
「個人情報法案」です。
個人情報、プライバシーの保護は慎重にも慎重を期してもらいたいものです。
しばしばあった「個人情報流出」がないように、
憲法第13条「個人の尊重」の精神に基くように運営がなされることを願っています。

いずれにしても、
いずれにしても、
新しい年度を迎えるにあたり、
元気よく、明るくいきたいものです。
これからも、いろいろ書き込もうと思っています。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

|

« スマトラ沖地震 | トップページ | 結果オーライ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/3495229

この記事へのトラックバック一覧です: 新年度を迎えるにあたり:

« スマトラ沖地震 | トップページ | 結果オーライ »