« 心はひとつ 広島が好きじゃ〜〜〜 | トップページ | 国際宇宙ステーション »

2005.04.04

空飛ぶ聖座 

ローマ法王死去のニュースが流れました。
私は信者ではありませんでしたが、ローマ法王ヨハネ・パウロ二世は尊敬しておりました。
子どもがウ〜〜〜ンと小さかった頃、
斜塔で有名なピサに住むイタリア人の友人の家に遊びに行った事があります。
その時、バチカン市国も訪ね、サンピエトロ広場に座りながら、「ここにローマ法王がいらっしゃるのよ」と幼い我が子に教えていました。子どもは、そんな事はわからないので、「こっちがイタリア、こっちがバチカン」と国境(?)を行ったり来たり。
81年2月には広島にも見えましたが、その時は私は行けませんでした。
そういうわけで、お目にかかった事はありませんが「積極的外交」でいつもニュースに流れていたローマ法王の死を知り、心から哀悼の意をここに示します。
「空飛ぶ聖座」の異名をとるヨハネ・パウロ二世は、その法王としての在任中は、
積極的に他宗教、多文化との対話、交流を試みました。
また、地動説謝罪をはじめとして、
歴史的謝罪
ユダヤ人迫害で謝罪 など
謝罪の法王でもありました。
そして近年はイラク戦争反対を掲げ、ブッシュ大統領に二回、「武力攻撃を思いとどまる」ように書簡を送りました。
ローマ法王死去の報に世界各地で弔意のミサが始まっています。
ブッシュ大統領は、ローマ法王を「人間の尊厳の証言者」と語り、「世界は人間の自由のチャンピオンを失った」と語りました。
最後まで、平和を祈り、人類の繁栄を願ったローマ法王ヨハネ・パウロ二世の冥福を、心から心から祈ります。
「ヨハネ・パウロ法王様。
長い間、有り難うございました。
安らかにお眠りください。」

|

« 心はひとつ 広島が好きじゃ〜〜〜 | トップページ | 国際宇宙ステーション »

コメント

<そして近年はイラク戦争反対を掲げ、ブッシュ大統領に二回、「武力攻撃を思いとどまる」ように書簡を送りました。

ブッシュのキリスト教とはだいぶ開きがあるようです
ともこさん、書き込みありがとう
こちらにもTBしておきます。

読売新聞の社説はどうなの 2
http://love.ap.teacup.com/kouhei2/

投稿: kouhei | 2005.04.05 19:06

ごめんなさい
郵政問題 テーマ違いを、あやまってTBしてしまいました。
削除してください

投稿: kouhei | 2005.04.05 21:09

kouheiさん。
こんばんは。
コメント、こちらこそどうも有り難うございます。
先日はBSEの記事、お教え下さったのに、
取り込んでいて(^^;、
それきりになって、ちょっと気にしていました。
後ほど、手直ししておきますね。
私、あわてんぼうなので、ちょくちょく間違えたりします。
こんな私ですがこれからもよろしくお願いいたします。
それから、民営化の方は、私も参考にさせていただきましたので、このままにしておきますが、よろしいでしょうか???
では、、、

追って、
今日は花粉がツラ〜〜〜イ(^^;(^^;(^^;

投稿: せとともこ | 2005.04.06 19:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/3556841

この記事へのトラックバック一覧です: 空飛ぶ聖座 :

» ■[ローマ法王死去]イラク戦争を批判し命の大切さを訴えた法王 [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
4月4日付・読売社説[ローマ法王死去]「冷戦終焉の立役者でもあった」 (本日は全文を引用する)  歴代法王の中でも3番目となる長期在位だった。冷戦の終焉(しゅ... [続きを読む]

受信: 2005.04.05 19:12

» ■[郵政民営化]何のために??「一生懸命やってます」これは答弁なのかな? [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
4月5日付・読売社説 [郵政民営化]「看板の掛け替えに終わらせるな」 (抜粋) 政府が、郵政民営化法案の骨子を決めた。だが、骨子が映し出す民営化後の姿は、現... [続きを読む]

受信: 2005.04.05 19:33

» 「薔薇の名前」 [Passing Strangers]
 ジャン=ジャック=アノー監督「薔薇の名前」を昨日(4日深夜)NHK BSで久々 [続きを読む]

受信: 2005.04.06 03:42

» 先生はそのとき、なにをしていたの? [罵愚と話そう「日本からの発言」@WebryBlog]
http://ts.way-nifty.com/makura/2005/04/post_4.html#trackbackへのTBです。   日本の平和運動と、ポーランドの平和運動は基本的に性質がちがっている。日本の平和運動は、あの戦争の加害者としての悔恨の情念からスタートしている。それに比較して、ポーランド人の感情はちょっと複雑だ。   昨日まで仲よく近所づきあいしていた、となりのユダヤ人一家が、突然、消えていなくなる。翌日には、町はずれの工場の煙突から煙がのぼる。なにがおきているのか...... [続きを読む]

受信: 2005.04.09 16:47

» 「先生はそのとき、なにをしていたの?」 [罵愚と話そう「日本からの発言」@WebryBlog]
「「先生はそのとき、なにをしていたの?」について」について   ガンジーのような非暴力の抵抗、反対の声はあげるが、武力的な抵抗はしない反対は、民主主義的な手段としては、ありえます。自国の軍隊への武力行使反対は、民主主義国の住民なら、選挙権の行使によって表明できます。自衛隊のイラク派遣に反対する日本人は、選挙で自民党政権を倒せばいいのです。   アメリカのような、自由主義国への政治的干渉も、効果は薄くなりますが、可能です。共産中国や韓国の反日デモは、日本への干渉にはなります。独裁政権への政...... [続きを読む]

受信: 2005.04.10 03:05

« 心はひとつ 広島が好きじゃ〜〜〜 | トップページ | 国際宇宙ステーション »