« 国際宇宙ステーション | トップページ | 瓜田李下 »

2005.04.05

年々歳々花相似たり

桜の花が咲き出しました。
薄くかすんだ遠くの空と山脈を背に、
淡いピンクの花を一杯に咲かせる桜は春の代名詞でもあります。
その美しさは儚くて散り際の美事さから、この花は万葉の昔から人々の心をとらえ、に詠まれてきました。
百人一首の中でも数々詠われていますが、「花・老い・孤独」という視点の取り合わせに、今も昔も変わらない花への思いを感じます。
さらに、人の一生を花に譬えて有名な唐の 劉廷芝の「白頭を悲しむ翁に代る 」の
〜〜年々歳々花相似たり
歳々年々人同じからず〜〜
に思いが至ります。
人の一生は短い。
ならば、短い人生をもっと優しく、こころ豊かに生きていきたい、
そんなことを、たゆたいながら散る桜の花びらを見ながら思いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
白頭を悲しむ翁に代る  

洛陽城東桃李の花
飛び来たり飛び去って誰が家にか落つる
洛陽の女児顔色を惜しみ
行く行く落花に逢って長く嘆息す
今年花落ちて顔色改まり
明年花開くとき復た誰か在る
己に見る松柏の摧かれて薪と為り
更に聞く桑田の変じて海と成るを
古人復た洛城の東に無し
今人還た対す落花の風
年々歳々花相似たり
歳々年々人同じからず
言を寄す全盛の紅顔子
応に憐れむべし半死の白頭翁 
     劉廷芝作(初唐時代)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

|

« 国際宇宙ステーション | トップページ | 瓜田李下 »

コメント

智子先生、お久し振りです。
トラックバックありがとうございました。こちらからもトラバ返ししました。:-)
桜はやはり人を酔わせます。
(今どき珍しく)花粉症ではない私は、桜が咲くこの季節が大好きです。

投稿: fumi_o | 2005.04.06 13:00

fumi_oさん。
こんばんは。コメント、トラックバック有り難うございます。
あなたのブログ、伺ったらあまりに素敵な桜で思わず自分の記事をトラックバック致しましたが、あなたの瑞々しいブログにふさわしくなかったのでは、、、と思っています。

それから、以前トラックバックしていただいて有り難うございました。
すぐにお返事をと思いながら、御存知だったかもしれませんが、当方、取り込み中でした(^^;
お礼、お返事できなくて大変失礼を致しました。
これに懲りず、またお寄りくださいね。
私も拝見させていただいています(^.^)
では。
なお、花粉症ないの???
う・ら・や・ま・し・い〜〜〜〜

投稿: せとともこ | 2005.04.06 19:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/3574397

この記事へのトラックバック一覧です: 年々歳々花相似たり:

» [@HOME ]
生涯を恋にかけたる桜かな                            [続きを読む]

受信: 2005.04.06 12:57

« 国際宇宙ステーション | トップページ | 瓜田李下 »