« 瓜田李下 | トップページ | 男はつらいよ しかし女もつらい »

2005.04.06

新しい季節

入学、新学期の時期を迎えることになりました。
子どもたちは、それぞれに、それぞれの思いで、これからの新しい一年を思っているのではないでしょうか?
さて、今日は多くのブログで「教科書問題」が取りざたされています。
これは、いろんな立場の方がいろんなご意見を持っていらっしゃると思います。
この問題については、今後もみなさんの意見や本などを読んでしっかりと勉強をしていきたいと思います。
今日は「教科書から消えた項目」が「発展」として復活した事に関して考えを述べたいと思います。
まず、事実。
中学教科書に指導要項を超える内容を「発展」として認めたのは今回が初めてです。
教科書の囲み記事として登場。
数学の二次方程式の解の解法。球の体積、表面積。
不等式。立体の切断、投影。
理科の元素周期表、生物の進化、遺伝の法則、イオン、力の大きさとバネの伸び。
などです。
私に言わせれば、これら原理は発展というより基礎だと思うのです。
例えば理科。
イオンを教えないのに、電池や電気分解を教えると言った今までの現場のありかたでは、
学ぶ子どもたちも当惑するのですが、教える側も大変なのです。
「電子」を教えないで電池を教えるということは則ち暗記しろということなのです。
これじゃ、子どもたちは理科を理解するのは難しい。
先日、中学生の子どもに「からだのしくみ」を教えていて、循環つまり心臓のしくみを教えていた時のこと。
「ねぇ、カエルって何心房何心室?」ときく私に首をかしげる子どもたち。
よ〜〜〜く教科書を見れば、心室、心房は無い。
彼等にとってはおサカナさんも、カエルさんも蛇さんも鳥さんも、みんな同じ心臓の仕組みなのです。
勿論、人間も。
高校生の息子にこの話をしたら、
「へぇ〜〜〜それじゃ、心臓がどこから血液を送り出し、受け入れるのか疑問に思わないの?」と言う。
「そりゃ、思わないよ。心臓は一つだもん。」と私。
「そうか、、、心臓は一つかぁ」と息子。
二人で妙に納得。
まぁ、ことほどさように「一つひとつバラバラの知識だけが詰め込まれているが、配線が繋がっていない」教え方をされてきた「ゆとり」の世代の子どもたち。
今回の発展の導入が少しは、子どもたちの学ぶ意欲と知識の定着に役立つことを祈るばかりです。
新しい季節が、どの子にも素敵なことで一杯でありますように。

|

« 瓜田李下 | トップページ | 男はつらいよ しかし女もつらい »

コメント

<今日は「教科書から消えた項目」が発展として復活した事に関して考えを述べたいと思います。

教科書問題はいまひとつわかりにくくて困っています。この問題費引き続きエントリーをしていただきたいと思います。私なりの考えを書いてみました。
TBします
読売新聞の社説はどうなの 2
http://love.ap.teacup.com/kouhei2/

投稿: kouhei | 2005.04.06 21:51

kouhei さん。
こんにちは。
コメント有り難うございます。
教科書問題、とくに歴史に関してはそれこそ歴史があります。
私も随分、勉強してきましたが、デリケートな問題になるので、なかなか難しいです。
ただ、教育基本法については、以前書いたことがあります。
こちらも、いま崖っぷちに立たされているようですね、、、
問題は山積です(^^;
これからもご一緒に勉強をしていきましょうね。
よろしく!!!
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2005.04.07 15:19

智子さん TBうけとりました

わたしのブログはテーマの性格上、コメントのコーナーも緊張感があります。
すこし気楽には話したいときには掲示板に書いていただけると、こちらも返信が書きやすいんですよ。そんなことで掲示板も活用してもらえると助かります。
■掲示板(気楽に書きたい、画像を送りたい方は) 
こちらからどうぞ 平和、共存共栄のための談話室
http://8609.teacup.com/kouhei/bbs2?BD=7&CH=5

投稿: kouhei | 2005.04.08 12:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/3591313

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい季節:

» ■[歴史教科書]竹島の記述、政府が検定で指導したのであれば責任は政府にあるでしょう [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
4月6日付・読売社説 [歴史教科書]「検定、採択は日本の国内問題だ」  (抜粋)来春から使われる中学校教科書の検定結果が公表された。  注目されていた歴史... [続きを読む]

受信: 2005.04.06 22:10

» 教科書問題・理数編 [バリカタBlog]
 この時期の風物詩となっている?教科書検定問題。今年もかなりエキサイトしました。 [続きを読む]

受信: 2005.04.07 01:32

« 瓜田李下 | トップページ | 男はつらいよ しかし女もつらい »