« 学力テストの結果 | トップページ | 学ぶこと »

2005.04.26

日常に潜む危機

昨日は、尼崎脱線事故のニュースが日本中を駆け巡りました。
何と言っていいのか、、、
言葉もない。
亡くなった方の無念を思い、残された家族、知人の方に心からお悔やみ申し上げます。
朝、手を振って行ってらっしゃい、、、と送り出す。
いつもの光景。
一日の経験を重ねて帰って来る。
そんな当然と思っている日常が切り裂かれた、、、
突然。
なんの前触れもなく。
今まで生きていた証を確認する事もなく、もぎ取られていく命。
日常を残したまま、、、逝ってしまった人々。
なぜ?
どうして?
一人ひとりの命と思いを乗せて、いつものように走っている電車が、いきなり宙に舞い、ちぎれていく車体とともに、
遠く帰らぬ人になるなんて、、、
いったい誰が思うだろう。
だれが、そんなことを思いながら毎朝、家族を送り出しているだろう、、、
朝の途切れる事のない忙しさにかまけて、時には声を荒げ、あるいは せかして追い出す日常。
保証されていると思っているのに。
安全だと信じているのに、、、、
なぜ?
どうして?
どこへ この気持ちを持っていけばいいのか?
やりきれない。
亡くなった方、残された者。
それは他人事ではない。
いつ、どこで、だれに起きるのか、、、
改めて日常とは何か。
そこに潜む危険をえぐり出された気がする。

今、被害者の方の懸命の救助と平行して現因究明がなされています。
憶測や想像が飛び交う中、しっかりと原因究明をしていただきたいものです。
こうした事故が起きた時、決まり文句のように言われる言葉。
「このような事故が再び起こらないように徹底的に原因究明をしてもらいたい」。
虚しく響きながらも、それしかないように思います。
「そこにある日常」への信頼を手放したくはない。
今日は、とても悲しい気持ちで、そして祈るような思いで書いています。
最後にもう一度。
亡くなった方、残された家族の方々。
心からお悔やみ申し上げます。

|

« 学力テストの結果 | トップページ | 学ぶこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/3863564

この記事へのトラックバック一覧です: 日常に潜む危機:

» ■[尼崎脱線事故]完全民営化されたJR西日本 運転手はなぜスピードを上げたのか。 [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
4月26日付・読売社説 [尼崎脱線事故]「こんな大惨事がなぜ起きた」 (抜粋)線路を飛び出した車両が、線路わきのマンションに激突し、巻き付くように、「く」の字形に折れ曲がった。衝撃のすさまじさを物語る大事故だ。  兵庫県尼崎市のJR福知山線で約600人が乗る快速電車が脱線、50人を超える乗客が死亡し、400人以上が負傷した。旧国鉄時代の1963年、横浜市鶴見区の東海道線で起きた鶴見事故以後、最悪の惨事の一つだ。  再発防止へ、警察や国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会は、電車の運転状況、線路... [続きを読む]

受信: 2005.04.27 00:42

« 学力テストの結果 | トップページ | 学ぶこと »