« 記憶と和解の日 | トップページ | 原点 »

2005.05.09

全頭検査 国と都道府県

BSEの全頭検査、全都道府県が自主継続の意向というニュースを発見。
私はこのブログでつい先日これに関して書いたばかりです。
ニュース記事によれば、国が「全頭検査緩和」を打ち出すも、都道府県は独自に今まで通りの検査を実施していくとの事。
今後、どのような動きになるかは注目ですが、この判断が内閣府食品安全委員会への再考を促すものになることを願ってやみません。
何回も何回もしつこく書くようですが、
食の安全は、すぐに結果が出ません。
何年も、何十年もたって、出てくるもの、あるいは子孫に遺伝する可能性だってあるかもしれません。
リスクがあるかもしれない、、、
しかも日本人は遺伝学的に発症しやすい部位を持っていることは周知です。
ならば、やはり安全には安全を期すべきだと思います。
そして、この動きを推進する力は、私たち消費者の安全に対する認識だと思います。
今、いちどリスクコミュニケーションが本来の意味での会議に立ち戻ることを願っています。

|

« 記憶と和解の日 | トップページ | 原点 »

コメント

ご無沙汰しています。毎回楽しく拝見しております。
さて、全頭検査の緩和でうがった見方をしているのですが、都道府県の自主検査に任せることで、国としては安心して緩和に踏み切ったのではないでしょうか。
それでアメリカにも顔が立ちますし、地方分権への弾みにもなります。
全頭検査への補助金も継続するようです。
うまく立ち回ったのか、姑息な手段なのか、時代の流れと見るかはそれぞれの方の感性によると思いますけれど。

投稿: 聞きかじり | 2005.05.10 08:35

聞きかじりさん。
こんにちは、。
お久しぶりです。お元気でしたか?
聞きかじりさんのこと昨日、思い出していたところです。
丁度、一年くらい前だなぁ、とか与謝野晶子の事とか、、、
そうしたらコメント頂いてビックリ。
とても嬉しいです(^.^)

さて、BSE問題。そうなんですか、、、なるほど。ありそうなことですね。
外圧に負けたのどうのと言われていますが、やはり、、、ねぇ。
胃袋もアメリカに捕まれているのですかね(^^;
いずれにしても消費者である私たちはしっかりと意見を言っていきたいものです。

さてさて、W杯。どうなるでしょうか?
奥様もご覧になっていますか?
現地観戦はできないようですね(^^;
テレビの前での応援になりそうでえすが、、、
勝ってほしいですね。
気合いを入れて。

では、これからもいろいろ教えて下さいね。
奥様によろしく。

投稿: せとともこ | 2005.05.10 14:38

気に留めていただいているようで、うれしいです。
ココログはあまり書いていませんが、他のブログなどで「新東京タワー」など活躍しています。(笑)

ジーコジャパン、自由の発想を大事にしているのはいいことだと思っていますが、ヨーロッパ組みが入ると萎縮しちゃう日本組に落胆しています。
その点、ポジションをとった高原にボールを回さずに強引に結果を出した大黒様には期待しています。

経済状況が厳しい中、家内とは信頼しあって生計を営んでいます。
これからもユニークなブログ、楽しみにしています。

投稿: 聞きかじり | 2005.05.11 06:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/4053390

この記事へのトラックバック一覧です: 全頭検査 国と都道府県:

» 世界初、生体牛テスト開発News & 別件で感度10倍、費用1/10のテストも [BSE&食と感染症 つぶやきブログ]
■「世界初の生体のままでのBSE検査法開発」ニュース 笹山登生さんの掲示板より、笹山さんからのご紹介です。 http://www.sasayama.or.jp/saboard/b_board.cgi サイト http://www.newswire.ca/en/releases/archive/June2005/16/c2783.html によると、この画期的検査方法を開発したのは、 Vacci-Test(TM) Corporation  http://www.... [続きを読む]

受信: 2005.06.20 08:03

« 記憶と和解の日 | トップページ | 原点 »