« 上野千鶴子著「家父長制と資本制」 | トップページ | バンザイクリフ »

2005.06.27

バトン トラックバック

ブログ仲間の隅田さんから、今、ブログ界隈で賑わっている Musical Baton をトラックバックして頂きました。
頭をかすめたのは、「チェンメール」や「○○のハガキ」。
トラバ下さった隅田さんも、
私が以前書いた、なんと『ジャンクメール」という記事へのトラックバック。
そのユーモアに思わず笑ってしまいました。
内容を読み、さらに皆さんの反応はどうかと、あちこちブログ仲間を訪問。
これが、また来ているんですね、、、
そして、多くの方が戸惑い、迷いながら
『まぁ、面白いから乗ってみます」という感じで回答。
そして、次にバトンタッチ。
そうそう、その折、必ずと言っていいほど、次の言葉が添えられています。
「どうぞ、お気になさらず。無視してくださっても結構です」と。
と、書かれていてもねぇ〜〜〜

私も質問の中味について、あれこれの回答をそれなりに考えました。
しかし、いざ記事に、と思ったらなかなか書くことができません。
と、いうわけで、今回のバトントラックバックは
皆さんの記事を楽しませていただく「見る阿呆」に徹したいと思います。
そんなわけで、隅田さん。
折角、声をかけてくださったにも拘わらず、ゴメンナサイ。

|

« 上野千鶴子著「家父長制と資本制」 | トップページ | バンザイクリフ »

コメント

おばんです、隅田です。有り難う御座います。実はそのお答えを期待していました。エントリーまでしていただくとはおもいませんでしたが、どこかで連鎖を切る必要があるとおもっていました。
私にTBをくれたくまりんさんはお題に”ねずみ講”と表現されていましたが、見事な表現だと思います。
とまどいながら、答えないのもいやらしいからと書かれた人が何人かいらして、遊びが半ば強制になってしまっているようなので、私は次の5人を公表しないでTBのみにしました。これなら次の人がご自分のblogの最近のTBのところを消せば終わりです。私はTB返しにて返答と書きましたが、そこまで書いてなくとも、この形式ならTB元にことわりのメールをしておけば角もたたないと思います。

投稿: 隅田 | 2005.06.28 04:12

>「どうぞ、お気になさらず。無視してくださっても結構です」と。
>と、書かれていてもねぇ〜〜〜

まさしく僕もそう思いましたねぇ。

ふと考えたんですがね。
この企画自体はそれほど悪くないと思うんですよ。
でもなぁ…… 企画告知の手法が明らかにスパムな人が多くって、それが原因で反感を買う部分が多いんでしょうな。
ウチにもいくつか告知が来ましたけどね。
スパム的な「テーマを無視したコメント」とか「目に付いた最新記事にとにかくトラバ」ってのはごく少数でしたがいました。
正直、「おいおい、そんな内容、メールでいいじゃん」って感じましたね。

なにごとも、やる方が一瞬だけ自分の頭で考えればスパムなんかにゃならないハズなんだけどな。
っていうか、バトンのルールには「スパムしろ」とは書いてないワケですからね(笑)。

まっ、これに限らずなにごとも、言葉をウノミにして自分の頭で考えないのは良くないことですナ。

投稿: ろぷ | 2005.06.28 05:01

隅田さん。
ろぶさん。
コメント有り難うございました。

隅田さん。
楽しい企画の招待、有り難うございました。
おかげで、音楽のこと、もう一度考えるいい機会になりました。
どんな風に書こうかな?
「クラシックしか聴きません」なぁんて嘘はかけないし、、、
キヨシばかり聞いています、って本当のこと書いたら
♪やっぱりねぇ、、そうだよね
と、思われるかな、、なぁんて。
一人で楽しみました(^.^)
ただ、ネックはやはりバトンでした。
そういう意味では、隅田さんの方法は、とてもいい方法で、私も直にメールをしようかと思ったのですが、
ちょっとは中味を考えたりもしたので、記事にしました(ゴメン)
しかし、隅田さんの記事やいろんな方の記事を拝見して、楽しませていただきました。有り難うございます、
これからもよろしくお願いいたします。

ろぶさん。
記事、拝見いたしました。
笑いました。
なるほど、なるほど。
踊っている姿まで想像したりして(^^;

そうそう、ちょっと前の記事、
エスカレターの突風。
涙出して、読ませていただきました。
(涙なしでは、とても読めない)
女子は集まると、コワイ。
ですよ。ろぶさん。
うちの夫はエレベターでは目をつぶっていて、降りるときにつんのめっています(^^;
私、個人は女子が強くなることは大いに賛成。
あ〜〜〜また涙が出てきました。
楽しくて、蘊蓄あるお話、また伺いに行きます。
では、ねぇ。

投稿: せとともこ | 2005.06.28 15:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/4728425

この記事へのトラックバック一覧です: バトン トラックバック:

« 上野千鶴子著「家父長制と資本制」 | トップページ | バンザイクリフ »