« 政府税制調査会 | トップページ | 従軍慰安婦 »

2005.06.13

入試問題作成って難しいなぁ

ずっと、ずっと考えていました。
入試問題で「ひめゆり学徒体験談は退屈」 青学高等部と、いうニュースが出てから、、、
そして、今なお考えています。
実際に問題や設問を何度も読みました。
また、この問題に関しては、皆さんがいろんなご意見を述べていらっしゃいます。
ちょっと参考に、ということでネットサーフィン。
みなさんのブログを拝見しながら、「フンフン」「なるほど」と首を縦に振りながら納得。
では、私の意見は?
と、聞かれたら
「そんなに大騒ぎするほど問題あるかな?
むしろ、いい問題だよ、、、、」
です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
戦後60年が過ぎ、唯一の被爆国である日本も次第に語り部が少なくなって来ている。
その実態は風化させてはならないとは思うが現実の自分を見ると、戦争体験を見たり聞いたりすることは、なるべく避けたい。
先日もテレビでドキュメンタリーをしていたが、すぐにチャンネルを変えた。
しかし、ある戦争体験者は、「言葉では言い尽くさないものをテレビは伝えてくれた」と感謝の投書をしていた。
たしかに、「言葉では語り尽くせないものが、ある」
そして、それは何か。
どうしたらいいかが、今後の自分たちの課題である
(瀬戸が、少々乱暴に意訳しましたのであしからず)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このようにテーマの設定を持ってきた上で、
問題の”ひめゆり”が出てきます。
そこに書いてあることは、
まず防空壕の印象を述べています。
言葉ではなく、感じたもの、見たものの迫力を伝えた後で、
その対極として語り部の「話し上手」な戦争体験からは「なにも感じてこなかった」という感想がかかれています。
そして、最後に、
昨年のアジアカップでの中国サポーターのの反日的な行動を例にあげて、
「言葉とは、真実を伝える道具ではあるが、その限界もある。」
だから、私たちは偏見なく過去を見、未来へ伝えるためにはあらゆる手段を講じなければならない」
ということで締めくくっていると思います。

出題者の意図には、ひめゆり関係者が今回のような抗議をする事はないように私は思います。
ーーーーーー
 沖縄では、ひめゆり学徒隊の生存者が戦争の記憶を風化させないため、体験を語り継ぐ活動をしている。ひめゆり同窓会東京支部の常任委員で、関東一円の小中学校などで語り部をしている上江田千代さん(75)は「亡くなった同窓生たちに大変失礼だと思う。そういう感想を持った人がいたとしても、それを入試の問題にする感覚は理解できない」と残念がった。
(参照)
ーーーーーーー
何回読んでも、文中のIさんは、
話し手のスキルのことは問題にしていますが、
戦争体験を否定しているとは、私は思わないのですが、、、

また、この問題を解いた受験生も、
「4択の中から、どれにしようか」と悩みはしただろうが、
ことさらに「I got tired of her story.」に執着はしていなかったと思います。

そもそも、私の経験上、「なんだ、この問題?????」なぁんていう出題はいっぱいあります。
どれだけ読んでも、出題者の意図がわからない(受験生は賢いから出題者の意図を考える)
四択の差がない、ことはしゅっちゅです。
解答を見ても容易に同意できないものが、いっぱい、いっぱいあります。
まぁ、どうしても今回のことで難を言うなら、
先のようなデリケートな問題は、「母国語」で出題する方が微妙なニュアンスが、もっと確かに伝わったかもしれません。
なにしろ、テーマは「言葉の限界」と「他の伝達手段」だったのだから。
「言葉の限界」を伝えようとした出題者の意図は皮肉にも、この様な形で伝わったのでしょうか?
いずれにしても、入試問題の作成って難しい、、、と、改めて私個人は思いました。

|

« 政府税制調査会 | トップページ | 従軍慰安婦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/4535631

この記事へのトラックバック一覧です: 入試問題作成って難しいなぁ:

» 【連載】青学高の入試問題不適切(5) [鮎の日記帳]
青学のひめゆり問題を、現青学の高校生が考えてみた。第5回。 [続きを読む]

受信: 2005.12.01 22:04

« 政府税制調査会 | トップページ | 従軍慰安婦 »