« 夏至 | トップページ | 「戦争と有事法制」という本 »

2005.06.22

ワールドユース モロッコ戦

おお〜〜〜くまった、こまった。
なぁんて阿呆な駄じゃれから始めたい気分のワールドユース、モロッコ戦の観戦記。
結果は後半ロスタイムに失点して0-1で敗れ、2大会連続のベスト8進出を惜しくも逃しました。
(と、言っても勝ち上がった事の方が不思議だったのか?)
今朝から、この試合観戦記のブログや掲示板を見て、
思ったことは、「みんなの思いは同じだぁああああ」です。
では何が???
う〜〜〜んん。
言いたくない。書きたくない。
でも書かなければ。

「監督」ですよ。
監督。
あああ〜〜〜
なんか思い出しても脱力感。
結果に拘るわけではないが(いえ、本当は十分拘っています)監督の采配というか戦術が分からなかった。
素人の私だから分からないのか、と自分を責めながら、いろんなブログを拝見して、やや安心。
なぁんだ。みんな同じ気持ちだったのか。
監督の戦術が読めない。
どんな試合をしたいのか?
いつもは大声で指揮している大熊監督も、今朝はモロッコの大応援団の前には声をかき消されていました。
だからますます分からない。
もっとも聞こえても分からないのが常ですが(^^;
「つなげ、、、つなげ」と大声で騒いでいても、選手はだれも繋がずに平山の頭めがけてズド〜〜〜ン。
その平山がねっぇええええええ。
やっぱり、素質はあっても現役Jリーガとは差がついていたように思います。
それから、カレン。
頑張っていましたが、今大会は精度が悪かったようです。
しかし、
しかし、
平山君にしてもカレンにしても、それから後の選手たちも、今日は皆頑張っていたと思います。
特に、水本、水野コンビはOK.輝いていました。
梶山や小林もイキイキと走っていました。
みんな一生懸命やっていました。
途中出場の選手。
そりゃ、我らが広島の前田ですよ。
マエシュンも力を出していたと思います。自信が漲っていました。

と、いうことで選手は頑張っていました。
が、
が、
やっぱり、監督の采配、(ここで言う采配とは選手のメンバーや攻守のバランスなどです。)が見えてこなかったように思います。
実況のアナウンサーや解説の方も、多分見えないから、言いようがなくて苦労なさっていたようです。
お察しします(^^;
〜〜〜〜〜
前回大会でも指揮を執った大熊監督にとっては4点取られたコロンビア戦、5失点だったブラジル戦が「トラウマ」になっていて守備重視の戦い方を選択したのかもしれませんが、その戦術が逆に日本の良さを消してしまったように思えてなりません。リスクを避けることによってチャレンジする気持ちも忘れてしまった。それが、今回の低調な内容とパッとしない結果に繋がってしまったのではないか、と思います。
SANFRECCE Diaryより
〜〜〜〜〜〜
本当のところは分かりませんが、、、
知るのは本人のみ、です。
まぁ、監督の仕事は大変だと思います。勝って当たり前の勝負の世界だから。
捲土重来を目指して、また頑張ってください。

選手の皆さん。
お疲れさまでした。
今大会の経験を活かして、さらに大きく強くご活躍下さい。
楽しませていただき、有り難うございました。

|

« 夏至 | トップページ | 「戦争と有事法制」という本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/4661589

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドユース モロッコ戦:

« 夏至 | トップページ | 「戦争と有事法制」という本 »