« しこふんじゃった | トップページ | 介護保険と混合診療 »

2005.06.16

あすなろ村の未来

昨日15日の衆議院郵政民営化特別委員会で民主党の議員の紙芝居。
話題になっているようです。
私も見ながら笑ってしまいました。
ついに国会もここまできたか、、、という感もしましたが。
さて、紙芝居が終わってチャンチャン、
「おもしろかった」で終わり、幕引きというわけにはいきません。
私たちの今後のことなのだから。
そこで、今日はじっくりとこの問題を考えていきます。

「公社であるかぎりリスクのある資産運用ができないが、民間になればそういう点で経済的に活性化する」と公然と述べる小泉さん。
「もうかる時は大きいが失敗すれば大損することもある投機的性格の強い金融商品も含まれ、例示した事業(貸付、シンジケートローン、私募債、株式、クレジット・スワップ、債権買収など)のなかで、元本割れしないものはない」と、認める竹中さん。
実際、今の郵政公社でなんの不都合もないというのは、多くの議員が国会で答弁しています。
郵政公社が続いた場合は、納付金を納めた後でも、692億円の黒字となります。
分割・民営化会社の一つである郵便貯金銀行の経営の見通しについては、2016年度の収支が6百億円の赤字になり、以降も赤字続きになることが、政府の試算でも明らかなことは、この間、何度も言われています。
そして政府が出してきたのは「新規事業で収益があがる」ということで上に述べた金融商品になるわけです。
「私が総理大臣だから郵政民営化が国会の俎上に上った」と胸をはる小泉さん。
郵政民営化を、「資金の流れを『官から民へ』」変える「改革」だと強調。
「民営化によって、「官」(特殊法人)のムダ遣いに流れる資金を絶つ」ということです。
しかし、01年度の財投「改革」で特殊法人と郵貯・簡保の資金は切り離されていることは、もうすでに国民は知っています。
すると、小泉さんは次にはこう言います。
郵貯・簡保の資金を「民に流す」と。
しかし、私たちのどれほどが 国にそのようなお願いをしたのでしょうか?
ここで、ちょっと堅い話。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1日の経済財政諮問会議に、郵政民営化による「資金の流れ」の変化を試算した資料が提出されました。
 それによると郵貯・簡保の資金は03年度末の350兆から17年度末には210兆円に縮小。
縮小分の140兆円と経済拡大による預金・保険の増加分の440兆円、計580兆円はどこへ???
全部 民間金融会社(先に上げた投資先)が吸い上げることになります。(本来は私たちの個人資産であったものが、、、)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これについては、昨日の国会でも野党の議員に追求されていましたが、小泉さんも竹中さんも、わかりやすい返事は下さいませんでした。


こうして考えていくとあすなろ村の未来は、ひたすら暗い。
さらに、この紙芝居に付け加える必要があるのではと思いますが、、、

「あすなろ村には廃墟になった郵便局だけが残った、、、
そして、隣の ひのき町には大きく英語で”POST OFFICE"と書かれた建物と,
そばにもっと大きい銀行の建物以外は何もなかった、、、
ジャンクフードのゴミ袋が風に舞うばかり。
おしまい」と。

一体誰が最後に笑うのでしょうか???

|

« しこふんじゃった | トップページ | 介護保険と混合診療 »

コメント

 笑う人は誰もいません。580兆はもうとっくに政府の借金に消えています。預けている人達が、今すぐ返せと言ったら返すカネは有りません。賢い人たちは少しづつ引き出して、他の資産に替えています。郵貯は有ると思っていたらそれほど残っていなかったと言うことになっているでしょう。怖い話です。

投稿: hitoriyogari | 2005.06.16 16:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/4578659

この記事へのトラックバック一覧です: あすなろ村の未来:

» ■『郵政』[国会会期延長]トップは「景気対策」次は「社会保障制度改革」 [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
6月18日付・読売社説 [国会会期延長]「『郵政』だけに終始してはならない」  (抜粋)国会の会期が、8月13日まで大幅に延長された。  焦点の郵政民営化関連法案は会期末の6月19日を目前に、衆院通過のめどすら立たない。会期を延長し、今国会での成立を図るのは当然だろう。  だが、課題は多い。審議時間は60時間以上に及ぶのに、論議が深まらない。   民主党は、竹中郵政民営化相の責任追及にばかり時間を割き、肝心の中身の議論は「郵政公社のままでよい」「郵便貯金・簡易保険の全国均一のサービスは保たれるのか... [続きを読む]

受信: 2005.06.18 15:00

« しこふんじゃった | トップページ | 介護保険と混合診療 »