« ヴェルディ勝利 | トップページ | 台風7号 »

2005.07.26

米国通商代表部

郵政民営化法案成立か否か、
今、舞台は参議院。
テレビ、マスコミの専らの関心は、誰が白票か、青票か。
解散か総選挙か?
どんな党内拘束、罰則があるか。
などなど。
ステルス作戦や、レーダーキャッチやら、なんとも物騒な言葉が飛び交う中、
肝心の国民はもはや完全に撃沈されているのでしょうか?
そんなこの頃の郵政民営化論争(?)。
そもそも、この法案の産みの親は、財界(大銀行)とアメリカであることは、みんながそれとなく知っています。
また、ブログ界隈では知られている話題の一つ、「米国通商代表部」(通称USTR)について、今日は考えていきます。
(郵政民営化、米国通商代表部で検索ください。ニュースやブログ、サイトが出てきます)
2005年3月1日付の「USTR通商交渉・政策年次報告書」では〜〜〜〜〜〜〜
 日米交渉を通じて米国が勧告し、その後、日本政府は修正のうえで郵政民営化の基本方針を発表したこと
〜〜〜〜〜〜〜
と記述されています。(PDFで出てきます)
それによると、
2004年8月、日米保険協定に基づく二国間協議が東京で開催。
米国側が「簡保と民間事業者の間に存在する不平等な競争条件」が解消されるまでは「簡保が新商品提示を停止するよう」日本政府に要求。
「その後、内閣の設計図には米国が勧告していた次のような修正点が含まれた」として、次の4点をあげています。
〜〜〜〜〜〜〜
(1)日本郵政公社に民間事業者と同じ納税義務を負わせる
(2)日本郵政公社の保険商品に関する政府保証を打ち切る
(3)日本における保険のセーフティーネットのシステムに日本郵政公社の全面的な参加を要件とする
(4)日本郵政公社の保険事業が民間事業者に適用されるのと同じ法的義務や規制上の義務の下に置くことを要件とする——。
〜〜〜〜〜〜〜〜
ここで見るべきことは、この日米二国間協議は、日本政府が郵政民営化の基本方針(2004年9月10日)を出す1カ月前であることです。
これは何を意味しているのだろうか?
内容を見ると、日本政府の基本方針発表直前に米国が要求し、その意見をとり入れて、もともとの日本の案は書き換えられたという事実を物語っています。
外務省北米二課による「日米経済関係・個別案件総覧」(PDF)を提示。今年4月に米国に提出した日本政府による「回答書」を見てみると、さらにショック。
米国側の、
(1)簡保と民間との競争条件平準化
(2)競争条件平準化が実現するまで簡保新商品を発売しない
(3)簡保に係る意思決定や郵政民営化の過程での透明性確保
等に対して、
日本側の回答。
(1)新商品導入の計画は現在有していないことを改めて確認する、変更する場合には速やかに米側に説明をおこなう
(2)民営化の議論の過程では米国を含む外資系企業の意見を聴取していく
(3)米国に対して必要な説明をおこなっていく 

うわっ〜〜〜〜
これってなんなのだ。
もう一度、しつこいようですが確認。
「変更する場合には速やかに米側に説明をおこなう」
「米国を含む外資系企業の意見を聴取していく」
「米国に対して必要な説明をおこなっていく」

国民である私たちには、
あすなろ村の紙芝居を見せているその時、
アメリカとは、こんなお約束をしていたのでしょうか?
これは、ひどい。
私たちは、郵政民営化で、国民に利益が還元されるかどうか疑問に思い、
郵便貯金が大銀行やアメリカに食いつぶされるのでは?と不安に思っています。
また、国会でもそのようなやり取りがされていました。
しかし、総理や竹中さんは、
「民間のできることは民間で」の一点張りでその後の構想については、
「なってみないとわからない」の答弁。
裏でこんなやり取りがあったのなら、答弁出来ないはずだったのですね。
なんだか、腹が立つのを通り越して悲しくなります。
ここまで、アメリカにべったり。ヘーコラしないと日本って国は国際社会で認められないのでしょうか?

自民党の郵政族って言われている議員さんも、
本当に国民の為と思っていらっしゃるのなら、
ここは、本気で踏ん張ってください。
私たち国民は、この成り行きしっかりと見定めていますから。

|

« ヴェルディ勝利 | トップページ | 台風7号 »

コメント

>自民党の郵政族って言われている議員さんも、
本当に国民の為と思っていらっしゃるのなら、
ここは、本気で踏ん張ってください。
国民の方を向いて反対している議員がどれだけいるか疑問です。打倒小泉だけで反対しているK議員もいるしね。
>ここまで、アメリカにべったり。ヘーコラしないと日本って国は国際社会で認められないのでしょうか?
過去の歴史を紐解いていけば、なぜ日本がポチと言われるのか解ってきます。
郵便局員の横領事件も民間に比べれば、話にならないほど多い。横領したお金は、国民が働いて預けたお金です。
以上、賛成派の意見です。

投稿: Chobi | 2005.07.26 15:48

Chobi さん。
こんにちは。
コメント有り難うございます。
私もChobi さんの意見、賛成です。
国会議員の資質にしても、郵便局員の横領事件にしても、税金の無駄使いにしても、どれをとっても頭に来ることばかりです。
今回の道路公団にしても、「おいおい」です。
ただ、
民営化のその背景が、大銀行やアメリカ経済であるとしたら、やはり私は、
この法案には反対の立場に立ちます。
優先的にするべきことは何か?
税金の使い途をもっとガラス張りにして、
官僚の腐敗を徹底的に大掃除してもらいたいものです。
まず、ここからでは、と私は考えています。
なお、以前の記事ですが、郵政民営化について書いたものです。
お時間がありましたら、またお目通し下さいね。
http://ts.way-nifty.com/makura/2005/07/post_9715.html)
これからもお意見やアドバイスお願いいたします。
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2005.07.26 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/5159713

この記事へのトラックバック一覧です: 米国通商代表部:

« ヴェルディ勝利 | トップページ | 台風7号 »