« 東アジア選手権 | トップページ | 夕方のお母さん »

2005.07.20

沖縄県民集会

昨日7月19日、沖縄で県民抗議集会が行われました。
金武町の米軍キャンプ・ハンセン内「レンジ4」の都市型戦闘訓練施設で実弾射撃訓練が強行されたことを受けて、 県議会、金武町、同町議会、伊芸区の四者が主催したものです。
 基地問題で超党派の県民集会が開かれるのは、米兵による少女暴行事件に抗議した県民総決起大会(1995年10月)以来、十年ぶり。
およそ1万人が集まりました。

 米軍の訓練施設は、同町伊芸区の住宅地から300メートル、
沖縄自動車道から200メートルしか離れていません。
過去、米軍演習場からの流弾事故の被害を受け続けてきた地元住民たちは「伊芸区は標的じゃない」などと書いた手づくりのプラカードを持って最前列に並び、怒りの意思を示しました。
戦後60年も危険と同居/流弾事故が15件と沖縄タイムスは述べています。
〜〜〜〜〜〜〜
背景に対テロ
 米国防総省は、二〇〇一年の9・11米同時テロ後、世界のテロ勢力に対抗するため、軍備のハイテク化と特殊部隊の増強を推進している。「レンジ4」の都市型戦闘訓練施設はこうした戦略に沿って、沖縄から各国へ展開する米陸軍特殊部隊(グリーンベレー)の訓練環境向上を図るのが主な狙いだ。
 レンジ4施設では、(1)射撃用建物で建物内の敵に対処するための小型武器(ピストル、ライフルなど)による射撃訓練(2)突破訓練施設での扉を破壊して建物内に強行突入する訓練(3)屋外射場での小型武器による射撃訓練(4)訓練塔(高さ約十メートル)から約二百メートル離れた射撃用建物内の標的に対する射撃訓練(5)訓練塔でのロープを使用しての懸垂下降訓練—を実施する。
 一般に市街地戦闘訓練場は、想定される国の市街地の模擬市街地をつくり、そこでの応用戦闘を行うのが目的。
(沖縄タイムスより抜粋)
〜〜〜〜〜〜〜〜
こうした県民の不安をよそに政府は「安全」といいます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 付近住民が最も懸念するのが訓練塔から射撃用建物への射撃訓練だ。
 十二、十三日に屋外射場で実施された実弾射撃訓練では、九ミリ弾と五・五六ミリ弾が使用された。五・五六ミリ弾はM16あるいはM4自動小銃が使用された可能性が高い。
 これらの自動小銃について軍事ジャーナリストの神浦元彰氏は「跳弾距離は二、三百メートルに及び、極めて危険。住宅地から三百メートルしか離れていない場所に、こういう施設を造るのは根本的におかしい」と指摘する。
 米軍は訓練開始に当たって、「安全対策」として訓練塔に面した外壁などに跳弾防止用の高密度ゴムを設置したことや、日米で合意した「レンジ16奥」への代替施設完成までの一時的使用であることを強調する。
 一方、政府は「レンジ16奥への移設は住民の要望に応えたもので、レンジ4での訓練が危険だからではない」とのスタンス。跳弾防止用の高密度ゴム設置についても「安心感を高めるため」(政府関係者)との認識だ。
(沖縄タイムスより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
昨日も報道番組で、大野防衛庁長官は、「安全」としながらも
「何か、その様な住民側の不安があるようなら先方(アメリカ)に伝えます」とコメント。
不安で、恐怖を日々感じているからこうした集会を行っているのです。
安全な永田町界隈から、簡単に「沖縄は安全」なんて言わないで下さい。
大野さんご自身が、沖縄に住んでいて、仰るのならわかりますが、
そうでないなら、やはり住民の生の声をお聞きください。
「家にいても危険、外に出ても危険」と涙ながらに訴えていた住民。
「訓練を中止してくれ」と訴える人々。
これらの願いをどの様に聞き、どの様に感じたことか???

国が守るべき者は誰か?
あらためて考えています。

基地の町が、本当に青い美しい島に戻る日はいつだろうか?
あの童神のように、安心して母たちが子どもを育てることが出来る日はいつか?

♪童神
1天からの恵み 受けてこの地球(ほし)に
生まれたる我が子 祈り込め育て
イラヨーヘイ イラヨーホイ
イラヨー 愛(かな)し思産子(うみなしぐわ)
泣くなよーや ヘイヨー ヘイヨー
太陽(てぃだ)の光受けて
ゆういりよーや ヘイヨー ヘイヨー
健やかに 育て

2暑き夏の日は 涼風を送り
寒き冬来れば この胸に抱いて
 イラヨーヘイ イラヨーホイ
 イラヨー 愛し思産子(うみなしぐわ)    
泣くなよーや ヘイヨー ヘイヨー
月の光浴びて
ゆういりよーや ヘイヨー ヘイヨー
健やかに 眠れ

3嵐吹きすさむ 渡るこの浮き世
母の祈り込め 永遠(とわ)の花咲かそ
 イラヨーヘイ イラヨーホイ
 イラヨー 愛し思産子(うみなしぐわ)    
泣くなよーや ヘイヨー ヘイヨー
天の光受けて
ゆういりよーや ヘイヨー ヘイヨー
天高く 育て

|

« 東アジア選手権 | トップページ | 夕方のお母さん »

コメント

はじめまして。
国が守るべき者は、沖縄の住民ではないということでしょうか。大野さんの発言からは、そう読み取れますよね。基地を受け入れてきた町で、絶対的な反対の声が上がっている重大性を、政府には受けとめてほしいと思っています。
TBさせて下さい。

投稿: bumeko | 2005.07.20 21:51

 「童神」 うちのコーラスの先生は所謂「島唄」が好きで、いろんな島唄を持ち込んで来ます。今練習しているのがこれです。どこか哀愁の漂う歌ですよね。合唱には合わないかも知れませんが、よくアレンジすれば素晴らしい物になります。 早く沖縄から米軍が引いて欲しいものだと祈ってます。

投稿: hitoriyogari | 2005.07.21 17:23

bumekoさん。
hitoriyogari さん。
こんにちは。
コメント有り難うございます。

bumekoさん。
初めまして。
>国が守るべき者は、沖縄の住民ではないということでしょうか。

いえいえ、この国は、沖縄の人々というか、国民すべからく守るなんて思っていないのではと、私は感じることが度々あります。
「生かさず、殺さず」
税金と兵役が国民の義務なんてことのないように、今からしっかりと見守っていきたいです。
また、ご意見やお考え、お聞かせくださいね。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
では、また。


hitoriyogari さん。
お体、如何でしょうか?
心配しておりました。
辛口の方にコメント書こうと思っていましたが、、、
お元気になられたよし、よかった(^.^)
安心いたしました。
昨日は、私のブログはなかなか熱いコメント^^;が並んで、壮観でしたよ、、、
一人で笑い転げていました。

さて、童神、いいですよね、、、
この歌を歌うと、涙がでます。
それから、「夕方のお母さん」。
はい、アドバイス通り、しっかり作ります^^;
私、あんまり得意じゃなくて、家族はいつもブーブー言いながら食べています^^;
みのさんの「おもいっきり」を見て作ると、尚更失敗。
不評です(^^;
まぁ、、、、頑張ります。
と、いうわけで、hitoriyogariさんもお体大切になさって下さいね。
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2005.07.21 18:57

<背景に対テロ
 米国防総省は、二〇〇一年の9・11米同時テロ後、世界のテロ勢力に対抗するため、軍備のハイテク化と特殊部隊の増強を推進している。

テロを口実に軍備を拡大していく。
そしてなによりも無関係な市民を犠牲にする上ではテロも流弾事故も侵略戦争も同様に罪が重いと思います。
●ロンドンテロ関連でTBします。

投稿: kouhei | 2005.07.23 15:25

kouhei さん。
こんにちは。
コメント、トラックバック有り難うございました。
自衛隊法、通りましたね。
この先、この国はどうなるのでしょうか、、、
また、今日トラバ頂いた記事。
拝見しながら、怖くなりました。
なぁんだか、とても怖い。
気がついたら、すぐそこに戦争が、なぁんてゴメンです。
石坂啓さんじゃないけれど、言えるうち、書けるうちに声を大にしなければならないのでしょうか、、、
また、いろいろ情報お聞かせください。
なお、暑さが頭にまで登り詰めるようなこの季節。
お体、大切にしてくださいね。
ではまた。

投稿: せとともこ | 2005.07.23 17:03

こんにちは
トラックバックありがとうございました。

>この国は、沖縄の人々というか、国民すべからく守るなんて思っていないのではと、私は感じることが度々あります。

同感です。何度も感じます。

投稿: pyo | 2005.07.23 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/5064275

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄県民集会:

» 県民大会に1万人余りの参加 [ダメ男なディレクターの妄想日記]
当初、3000人規模とも目されていた県民集会は、予想をはるかに上回る1万人余りの参加。すごい熱気だったようです。流れ弾の恐怖に脅えて暮らす沖縄金武町での、実弾射撃訓練に抗議する県民集会。 (沖縄タイムスの記事) 怒りの声は、沖縄住民の総意と考えるのが自... [続きを読む]

受信: 2005.07.20 21:50

» ■[ロンドン・テロ]無差別テロは本当に罪が重い 市民を処罰するネット規制?? [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
7月23日付・読売社説 [ロンドン・テロ]「日本も迅速に対応態勢を整えよ」  (抜粋)規模は小さく、被害も軽微だった。だが、公共交通機関を標的としたテロが再び起きたことを深刻に受け止めるべきだ。  50人を超す死者を出した同時爆破テロ事件から2週間、同じロンドンの地下鉄とバスを狙った、類似の爆破テロが起きた。、、、、  事件を受け、英国与野党は、従来の反テロ法より厳しい新法の制定を急いでいる。法案には、自爆テロの称賛や、テロリストが運営するサイトへの接続も違法とすることなどが盛り込まれている。  反... [続きを読む]

受信: 2005.07.23 15:29

« 東アジア選手権 | トップページ | 夕方のお母さん »