« 何故私がイラク戦争に拘るか | トップページ | 今晩 ペルセウス座流星群が極大 »

2005.08.11

2006年度予算の概算要求基準

2006年度予算の概算要求基準が政府の臨時閣議で了解されました。
さてその内容は?
〜〜〜〜〜〜〜
政策的経費である一般歳出の上限は47兆5430億円と前年のシーリング(48兆2000億円)に比べて抑制し、歳出改革路線を継続する。社会保障費で約8000億円と見込まれる自然増分は、そのうち2200億円を削減する。
〜〜〜〜〜〜〜
と、いうことです。
これに先立ち
首相は9日、首相官邸で谷垣禎一財務相と会談し、
シーリングについて
(1)社会保障関係費は約8000億円と見込まれる自然増分を前年度と同じ2200億円圧縮する
(2)公共投資関係費も昨年と同様、前年度比3%削減する——などの方針を指示しました(NIKKEI NETより)

小泉総理は郵政民営化などをめぐり「小さな政府」を目指すとかねてから言っています。
それは予算面でも同じで、国民生活にしわ寄せ、痛みの押しつけを就任以来し続けています。
小泉さん初の予算編成では(02年度予算概算要求基準)で、
社会保障費の3000億円圧縮を打ち出しました。
その後、毎年の概算要求基準に社会保障費の2200億円圧縮をものの見事に連続して盛り込んできました。
2005年度予算の場合、具体化されたのは、
介護保険の施設入所者に食費・居住費の自己負担を求めるものでした。
更に もっと大幅な圧縮案が経済財政諮問会議などで議論されています。
社会保障関係費の伸びを名目経済成長率に連動させて抑制する手法です。
財務省はこの手法で来年度予算の社会保障費の自然増分を4000億〜5000億円圧縮することを主張。
具体的には70歳以上の高齢者の医療費自己負担(現行1割)の2〜3割への引き上げなどが検討されてきました。
 社会保障費の伸びを経済成長の伸びにあわせて抑制し、
マイナス成長なら社会保障費もマイナスという考え方は、「小さな政府」というよりは「冷たい政府」だと思います。
国の予算は国民の為に使われない。
しかし、
国民の財布の中味はドンドン、国に取られていく。
私たちが払った税金は一体どこへいくんでしょうか?
小泉さぁ〜〜〜ん。
竹中さぁ〜〜〜〜ん。
私にでも分かるように教えてください。
まっまさか、自分の思い通りにならなかったら、
総選挙して、その都度税金を使うためプールしておく、、、なぁんてことはありませんよねぇ^^;

|

« 何故私がイラク戦争に拘るか | トップページ | 今晩 ペルセウス座流星群が極大 »

コメント

ちょっとすみません。
約50兆円ある一般会計よりも、約200兆円ある特別会計の方がインパクトが大きいかもしれません。

投稿: Felddorf | 2005.08.11 20:47

<小泉総理は郵政民営化などをめぐり「小さな政府」を目指すとかねてから言っています。
それは予算面でも同じで、国民生活にしわ寄せ、痛みの押しつけを就任以来し続けています。

同意します
パフォーマンスです。

言葉に惑わされないようにしたいもの
改革=裏切り
造反=良心
断行=独裁
などあたらしい日本語が必要かも知れません

投稿: kouhei | 2005.08.12 03:07

Felddorf さん。
kouheiさん。
コメント有り難うございます。
このところ、いつものようにコメント欄、なかなか賑わっていて^^;
お返事、遅くなりました。

お二人、一緒のお返事にさせていただきます。
昨日、予算の閣議決定が行われ、正式に決まったようですね。
さらに谷垣さんは社会保障をさらに削減する構想も述べています。
うううう〜〜〜〜〜んんん。
ですね。
高齢化のために税金を上げるとか、介護や年金など各種の保険を引き上げるとか言いながら、現実には社会保障は削減。
これってなんなのでしょうか????
国民は阿呆にされているのか、と思います。
しっかり、しっかり見ていかなければと思います。
これからも、またご意見、お考えお教え下さいね。
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2005.08.12 14:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/5407180

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年度予算の概算要求基準:

» ■郵政民営化2 民営化なら赤字600億円 不採算の郵便局の閉鎖? 議事録より [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
 単純に民営化しただけで租税八百四十八億円、預金保険料千百三十五億円の支出増で赤字転落になる?議事録から引用すると竹中大臣は次のように発言している。 「 ○竹中国務大臣 骨格経営試算ですから、新規のことをやらない、そういう場合でよろしいわけですね。(佐々木(憲)委員「はい」と呼ぶ)これにつきましては、税引き前の当期利益が、二〇一六年度でございますけれども、二〇一五年度のプラス二百億円から二〇一六年度にマイナス六百億円になるということでございます。」  民営化した瞬間から支出が増えることが指摘されて... [続きを読む]

受信: 2005.08.12 03:18

» ■郵政民営化1 新しいビジネスモデル、民営化の必要なし 公社総裁の発言より [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
民主主義者さんよりTBいただいた記事に気になるものがあった。衆院郵政特別委での質疑で「公社なら黒字1300億円、民営化なら赤字600億円」とするものである。衆議院の議事録を閲覧し検討をしてみた。  参考人 生田 正治(日本郵政公社総裁)の「公社のままでは今後十年、二十年で行き詰まるという考えなのか」との質問に対する答えはとても明快だった。つまり郵政公社に対する法律の縛りを検討すれば、新しい事業を開拓し収益を上げられるとするものである。ならば民営化の理由とされるものはまた虚構であることになる。  ... [続きを読む]

受信: 2005.08.12 03:19

« 何故私がイラク戦争に拘るか | トップページ | 今晩 ペルセウス座流星群が極大 »