« イラクは今 | トップページ | イラク新憲法草案延長 »

2005.08.15

終戦の証明

今日は60年目の終戦記念日です。
全国戦没者追悼式では天皇、皇后両陛下をはじめ、遺族ら約6300人が参列し、戦没者の冥福を祈り、平和への誓いを新たにしたというニュースを見ました。
小泉純一郎首相は式辞の中で、「戦後60年の節目にあたる本日、改めて過去の戦争への反省」を示したそうです。
一方、国内外の関心を集めた靖国参拝は超党派「参拝議員の会」47人 昨年より少なくということで、総理は今日の参拝は見合わせたようです。
首相談話の中で小泉さんは、以下の様に明記。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
前略
また、我が国は、かつて植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。こうした歴史の事実を謙虚に受け止め、改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明するとともに、先の大戦における内外のすべての犠牲者に謹んで哀悼の意を表します。悲惨な戦争の教訓を風化させず、二度と戦火を交えることなく世界の平和と繁栄に貢献していく決意です。
中略
とりわけ一衣帯水の間にある中国や韓国をはじめとするアジア諸国とは、ともに手を携えてこの地域の平和を維持し、発展を目指すことが必要だと考えます。過去を直視して、歴史を正しく認識し、アジア諸国との相互理解と信頼に基づいた未来志向の協力関係を構築していきたいと考えています。
中略
戦後60年という節目のこの年に、平和を愛する我が国は、志を同じくするすべての国々とともに人類全体の平和と繁栄を実現するため全力を尽くすことを改めて表明いたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
と、いうことです。

今年の追悼式は、戦没者の父母の出席はなく、子どもの世代になっているということで、時の流れを改めて感じます。
戦後60年かぁ〜〜〜
時の流れを語るには十分な時間が過ぎました。
時の試練を重ねるにも十分な時間が過ぎました。
忘れ去られたもの。
置き去りにされたもの。
未だ癒えぬ傷を負うもの。
記憶は風化し、変質していく。
それぞれの思いで生きぬ抜いてきた60年と思えば、
それだけで今、
ここに生きていらっしゃる先輩方への思いは、尊敬に値するには十分です。

そして「あの戦争は終わった」ということの証明は、
「再び戦争をしない」ということの誓いではないかと私は思います。
憲法9条、戦争放棄、平和への誓い。
この精神こそが、
「終戦の証明」であると私は信じています。

|

« イラクは今 | トップページ | イラク新憲法草案延長 »

コメント

 僕は9条改正には反対ですね。
国際貢献はもちろん積極的にすべきですが、いくら、国連決議があるとは言え、戦争への参加という国際貢献は国レベルではすべきではないですね。

 あと、世界の軍縮を推し進めるために、強い軍備(特に核)を持つもしくは増強しようとしている国や戦争や内戦を行っている国への支援を打ち切るべきでしょう。(これ現実がほぼ不可能な理想論ですけどね。)

 他国に干渉しない。これが一番ですよ。

投稿: sushi | 2005.08.16 08:29

小泉さんはどうして靖国へ行くのでしょう。
 幾らおかしな裁判といっても、戦争責任を問われた人たちと、心ならずも戦地で亡くなられた方たちを、一緒に祀った一民間の神社へ、死んだらみな同じ仏だと言ってお参りする神経が判らない。
 天皇もお参りする「戦没者慰霊塔」へ8月15日にお参りするだけで、充分だと思いますがね。さもなくば、国立の戦没者墓地を建立して外国の要人にも参って頂くようにすればいいのです。「二度と戦争は致しません」とね。

投稿: hitoriyogari | 2005.08.16 16:49

sushi さん。
hitoriyogari さん。
こんにちは。
コメント有り難うございました。

sushi さん。
私も全く同意見です。
他国への干渉は、結局、自国を破滅に導くと私は思います。
戦後60年、日本がここまで経済成長できた、その一つは平和憲法があったからではと思います。
今、なんだかきな臭い。
日本は郵政選挙で盛り上がっていますが、実はそのうらにあるものを思うと、
しっかりこれからの動きはチェックしていかなければと思います。
本当にどうなることか、、、
では、、、またね。

hitoriyogari さん。
私もそう思います。
結局、小泉さんにとって、神も仏も関係なく、
あるのは、ご自分の利益だけか、、、なんて疑いたくなります。
特にこの頃の言動を見ていると、、、、
そういう意味でも今回の選挙は大切ですね。
しっかり考えていきたいです。
では、、、、また。

投稿: せとともこ | 2005.08.18 16:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/5480644

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦の証明:

» 「終戦の日」「敗戦の日」 [アッテンボロー]
 今日は久しぶりに新聞を読むことが出来た。終戦60年の特集を読むために努力してみ [続きを読む]

受信: 2005.08.15 22:15

» 終戦記念日に [Passing Strangers]
 この国を悲劇へと導いた愚かな指導者への恩赦がはじまっている。東京裁判を全面否定 [続きを読む]

受信: 2005.08.16 02:52

» 終戦から六十年 - ユネスコ憲章の言葉を再び日本人のものに [世に倦む日日]
ユネスコ憲章には、その冒頭に、「戦争は人の心の中で生れるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」と書かれている。戦争の真実を射抜いた真理であり、とりわけ今の日本人が、自らの心を直接に向かい合わせて真摯に考えるべき重い言葉であるように思われる。このブログでも何度か警告し、また昨夜の『ニュース23』の終戦特集でも筑紫哲也が触れていた問題だが、もしも先の戦争について、日本は何も悪い事はしていないのだから反省も謝罪もする必要はないとするならば、同じ事をもう一度やってもよいということに... [続きを読む]

受信: 2005.08.16 21:19

» ■戦後60年[自民憲法原案]「自衛軍」15日不戦の誓いは選挙で実現できるでしょう [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
8月2日付・読売社説 [自民憲法原案]「条文に即して議論すべき段階だ」  焦点の9条は、現在の第1項の「平和主義」の理念の堅持を明確にした上で、大幅に項を増やし、全10項とした。  戦力不保持と交戦権の否認を定めた現在の第2項を削除し、「自衛軍」の保持を明記した。「自衛軍」の任務として、日本防衛だけでなく、「国際社会の平和及び安全の確保」を明示した。  文民統制の観点から、首相の指揮監督権や、自衛隊の活動に関する国会承認の原則なども明文化している。  「自衛隊は軍隊ではない」という虚構を排... [続きを読む]

受信: 2005.08.17 00:32

» 語り継ぐ事 [FAIRNESS]
8月15日を一日過ぎてしまった。 昨日は正午近くになり、時刻表示のあるチャンネル [続きを読む]

受信: 2005.08.17 14:48

» 敗戦の思い出 [歴史を糧にしよう]
わたしのふる里は埼玉の北部で利根川に面したまさに片田舎でした、しかし江戸時代には [続きを読む]

受信: 2005.08.21 21:02

« イラクは今 | トップページ | イラク新憲法草案延長 »