« 仁義なき解散 | トップページ | 何故私がイラク戦争に拘るか »

2005.08.10

平和への誓い

第二次世界大戦終結から60年。
今年は世界中で節目の行事が行われています。
日本でも8月6日、9日の「原爆の日」を迎え平和式典が行われました。
またテレビでも平和番組がこの時期は数々組まれています。
日々の雑多な出来事に追われ、
本来は、人間としての最低限の生きる保障である平和について考えること、心を砕くことをつい忘れがちになります。
そして、毎年やってくる夏の平和式典で思いを新たにする私です。
広島にいたころは幼い我が子を連れて、祈念式典に参加していました。
引っ越してからは、テレビで8時15分(長崎の11時2分は、何かと忙しくて出来なくて申し訳なく思っています)に黙祷。
私には、この時期いつも思い出す言葉があるのです。
それは、広島に引っ越した初めての日。
タクシーに乗ったとき、運転手さんと色々話をしているうちに話題は原爆の日になりました。
「そうですよね、、、広島は平和の町だから」と言った私に運転手さんは少々怒りの声で次のように語りました。
「貴女たち よそから来た人は8月6日に大勢で広島にやって来て、我が物顔で町を闊歩する。広島の町はそのため交通をはじめ、みんなパンク状態。そして6日が終わると潮が引いたように人がいなくなる。
しかし、我々広島に住んでいるものは、毎日被爆と闘っている人を身近に感じている。
何も8月6日だけが平和の日じゃないんだ、、、」と。
私は胸をえぐられるような思いで、その言葉を聞いていました。
そして、今も忘れません。

ヒロシマにあって原爆は人々の心の奥深いところにまで染みていき、立ち上がりそして生活そのものとしていかなければなりませんでした。
平和式典に参列する人々は、やがて自分たちの町に帰っていく。
しかし、
広島の人々は、そこで原爆と共に生きていかなければならない。
吸う空気、吐く空気、その隅々まで原爆と共にある。
それは、もう哀しみとか憎しみとか恨みではなく、
「そのもの」なのです。
そして、広島の人々は私たちに訴えているのです。
「本当はソッとしていて欲しい。
しかし、忘れないで下さい。
いつまでも、いつだって、この事実を覚えていて下さい」と。
今年も平和式典は終わりました。
しかし、
私たちは、決して忘れてはならないし、たとえ忘れたとしても、
同じことを再び行ってはならない事を、誓わなければならない、、、
そんなことを考えて、昨日は長崎の日を迎えました。
なお、昨年の8月6日にブログに書いた薄れていく記憶もお時間があったらご覧ください。

|

« 仁義なき解散 | トップページ | 何故私がイラク戦争に拘るか »

コメント

平和を守ることが大事なことですは言うまでもありませんが、必ずしも現実社会がそれを許してくれるとは限りません。
以下の台詞を紹介しておきます。

--------------------

『もしもお前が力を欲する日来たれば、その希求に応えて私はこれを贈ろう。
 教えられなかったことは多くある。
 が、お前が学ぼうとさえすればそれは必ずやお前を愛し、
 支えてくれる人々から受け取ることができるだろう。

 故に私はただ一つ、これのみを贈る。
 力はただ力。多く望むのも愚かなれど、無闇と厭うのもまた愚か。
 守るための剣、今必要ならばこれを取れ。
 道のまま、お前が定めた成すべき事を成すためならば。

 が、真に願うのはお前がこれを聞く日の来ぬ事だ。
 今この扉を開けしお前には届かぬ願いかもしれないが。
 どうか幸せに生きよ。』

(機動戦士ガンダムSEED-DESTINY PHASE-40「黄金の意志」より引用)

投稿: FeldDorf | 2005.08.11 01:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/5393141

この記事へのトラックバック一覧です: 平和への誓い:

« 仁義なき解散 | トップページ | 何故私がイラク戦争に拘るか »