« クラブ進駐軍 | トップページ | 2−1で勝ちました »

2005.08.16

五山送り火

今、五山送り火から帰ってきました。
私は、6時頃、夫と今出川で待ち合わせ。
既に沢山の人が出ています。
河合橋をわたり鴨川べりに家族分の場所とり。
学生さんのような団体がシートを広げて、そこで麻雀をやっています。
こっちではベンチに腰掛けた夫婦がビール片手に座っています。
その隣では、浴衣姿の彼女と彼が通路にベッタリと座っています。
私も持参のいすに座り、マンウオッチングをしながら、時間の経つのを待ちます。
金色だった雲は次第に茜色にたなびき、
合間から星が瞬く。
川風はちょっと寒ささえ感じるように個性的に吹く。
人はいよいよ多くなり。
闇と共に吸い込まれていく。
肝心の大文字は、あちこちで点火の準備か鋭い光を放つ。
七時半。
あと30分。
手持ちのビールを飲み干し、
小さなお寿司も食べてしまい、後は本番を待つだけ。
前の学生はますます盛り上がっているようで、暗闇の中から高らかな笑いが聞える。
そして、ついに点火2分前。
夫がデジカメの用意。
そして、赤い火のチロチロと燃える中
大文字が山に浮かび上がる。ゆっくりと。確実に。
八時ちょうど。
おおお〜〜〜〜〜
これが大文字。
まさに大文字。
確かに大文字。
もっとも大の字だけなのだが、、、
多くの人を飲み込み、
多くの人々の思いを焦がし、
火は天に向かい、煙は空にかき消される。
今年も京都の夏は大文字とともに終わる。
先祖の御霊を弔いながら、、、

この一年がさらによい年であることを祈りながら、、、
京の夜は更けていきました。

|

« クラブ進駐軍 | トップページ | 2−1で勝ちました »

コメント

今年も何とか、無事に送り火を見ることが出来ましたね。
わしは初めて、息子を肩車して、大文字の点火を見ました。
「来年も見に来ようね」と、息子と約束しました。高野川の歩行者専用橋の上で。

投稿: 龍3 | 2005.08.17 00:21

 私は8時10分ごろ点火と聞いていたので、ネットで配信するのを待ってましたが、裏切られました。
 でも、今年も良い年でありますようにと、お祈りだけは忘れませんでした。
 地震は本当に怖いですから・・・・・。

投稿: hitoriyogari | 2005.08.17 16:59

龍3さん。
hitoriyogari さん。
こんばんは。
コメント有り難うございました。

龍3さん。
そうですか、、、
じゃ、案外近くで見ていたりして。
とにかく素敵でしたね。
来年も坊ちゃんとご一緒に見てくださいね。
イシさんも喜んでくださると思います。
さてさて、
龍3さんのエントリー拝見して、しばらく考え込んでしまいました。
「自分が自分である証」。
なんだかすごくわかります。
自分にグ〜〜ンと引き当てて考えました。
そして、およそブログを書いている方は多かれ少なかれ思っているのではと思いました。
この問題、これからも考えていきます。
また、いろいろご意見お聞かせください。
まだまだ暑い日が続くので 坊ちゃん、大切になさってくださいね。
では、、、また。

hitoriyogari さん。
本当に地震は怖いです。
また、このごろ、いろんな災害が多くて天の運気が乱れているのでしょうか?
人心を正す必要がありそうですね^^;
いずれにしても、
今年がさらによい年であることを祈らずにはおれません。
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2005.08.18 18:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/5501135

この記事へのトラックバック一覧です: 五山送り火:

» 五山送り火 [dragon-tail]
5歳の息子を肩車して、高野川の歩行者しか渡れない橋の上で、大文字の点火を観た。 [続きを読む]

受信: 2005.08.17 00:18

» 五山送り火 [Dynamical Properties]
昨夜は五山送り火。仕事を早めに切り上げ、出町柳で家族と待ち合わせ、6時から鴨川の [続きを読む]

受信: 2005.08.17 08:16

« クラブ進駐軍 | トップページ | 2−1で勝ちました »