« 2006年度予算の概算要求基準 | トップページ | 見上げてごらん夜の星を »

2005.08.12

今晩 ペルセウス座流星群が極大

夏の流星でお馴染みのペルセウス座流星群が今晩、極大になります。
〜〜〜〜〜〜〜〜
このペルセウス座流星群の出現期間は長く、すでに7月下旬ごろから飛び始め、8月20日ごろまで続く。今年のピークは8月13日の2時から4時ごろと予想されているので、月の沈む22時以降は要注目だ。明るい流星の中には痕を残すものもあり、流星自身はもちろん、痕も見ものとなることだろう。

ペルセウス座は秋の宵の北の空で高く見える星座だが、北よりに位置する星座なので、8月12日ごろの宵の北東の空低くにはもう姿を見せている。したがって翌13日の夜明け前までほぼ一晩中観測できることになる。この夏は上弦の月が出ているが、月没が早いので宵のころ以外はあまり気にせず観測できそうだ。ちなみに東京の場合での月没は、11日は21時31分、12日は22時0分、13日は22時34分、14日は23時17分となっている。
(上記サイトより)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
夏の流星は、都会では淡いロマンをよびますが、
山の上とか、海の近くで行楽している方には、日常から離れたもう一つの贈り物のような気がします。
満天の星降るような夜空の下で、本物の流れ星をお楽しみ下さい。
(天気が良いことを祈っています)
先日、野口さんが無事宇宙から帰還。
本当に良かった。
はてしなく広がる宇宙への思いは未来に羽ばたくような躍動感があります。
しかし、それは昔の人も同様でありました。
〜〜〜〜〜〜〜〜
星は すばる。ひこぼし。ゆふづつ。よばひ星、すこしをかし。尾だになからましかば、まいて。
(枕草子より)
〜〜〜〜〜〜〜〜
これについては少々おもしろい話がありますので、
興味のある方は「枕草子」の中の星世界というサイトをご覧ください。
=========
 よばひ星は一般には流星のこととされます。
 「尾をひかなければいいのに」という文で、清少納言が流星と彗星を勘違いしていたという説と、よばひ星とは彗星のことであったという説もありますが、私はよばひ星は流星として、尾とは流星の残す光筋や痕を差し、当時流星は夜這いをしたい男性の気持ちから生まれると考えられていたことから、「尾を引いて人の目にとまることがなければいいのに」という、当時の女性感情の表れではないか、と考えています。
(上記サイトより引用)
========

|

« 2006年度予算の概算要求基準 | トップページ | 見上げてごらん夜の星を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/5435567

この記事へのトラックバック一覧です: 今晩 ペルセウス座流星群が極大:

» ペルセウス座流星群、見頃なのに・・・ [車にまつわるエトセトラ・・・]
ペルセウス座流星群、真夏の夜空を彩る (読売新聞) - goo ニュース ペルセウス座の流星群が今夜見頃らしい。 昨日の夜から見えているらしいんだけど、横浜はあいにくの雨。 今夜が一番見えるらしいんだけど、今夜の天気予報も雨。 どこか雨雲の上まで出れるところまで行かないと無理だねぇ。 ... [続きを読む]

受信: 2005.08.12 15:32

« 2006年度予算の概算要求基準 | トップページ | 見上げてごらん夜の星を »