« 今 帰ってきました | トップページ | 東アジア選手権 »

2005.08.06

夾竹桃のうた

夾竹桃のうた
♪夏に咲く花 夾竹桃 戦争終えたその日から
母と子どものおもいをこめて ヒロシマの野にもえている
空に太陽が輝くかぎり
つげよう世界に 原爆反対を

夏に咲く花 夾竹桃 武器をすてたあの日から
若者たちの願いにみちて 長崎の丘にもえている
空に太陽が輝くかぎり
つげよう世界に 原爆反対を

夏に咲く花 夾竹桃 祖国の胸に沖縄を
日本の夜明けつげる日を 迎えるためにもえている
空に太陽が輝くかぎり
つげよう平和と独立を
ーーーーーーーーーー

今日8月6日はヒロシマの日。
60年前の今日、ヒロシマの町に原爆が投下されました。
その瞬間、全ての音は消え、色は消え、光に吸収されました。
燎原と化したヒロシマ。
生きとし生けるもの、全ての生命と運命を奪った原爆。
その後75年は、ヒロシマには、生き物は育たないと言われた、その一年後。
原爆の土地に、育った木があった。
それが、
夾竹桃です。
赤く、白く天に向かって咲くその花は、人々に「生きる力」を与えました。
以来、広島市の花となった「夾竹桃」
この花は、強い毒性もあります。
が、
生きること、
生き抜くこと、
を、原爆の地に伝えるには、この花の持つ毒さえ力です。
人々は喘ぎ、傷つき、もだえ、苦しみながら水を求めたように、
地から育つ夾竹桃にどんなにか慰められたことか、、、

戦後60年、この歴史の日を、
どの様な思いで私たちは迎えただろうか。
戦争と平和と一口に言っても、それは人の数だけ思いがあることでしょう。
しかし、
人間の思いや計らいの関知せぬところで、
夾竹桃の花は、
何をか語り、
何をか答えるか、、、

今、ここに在るということの責任を感じながら、
夾竹桃を思い出したヒロシマの一日でした。

|

« 今 帰ってきました | トップページ | 東アジア選手権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/5339254

この記事へのトラックバック一覧です: 夾竹桃のうた:

» 祈りの日 - 「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」 [世に倦む日日]
今日は慰霊の日。毎年の事ながら平和祈念式典の中継に感動させられる。NHKらしい素晴らしい映像だ。広島放送局が制作しているのだろうけれど、経験の積み重ねがきちんとあり、同時に一瞬も気を緩めない緊張感があり、世代を繋ぐ文化的伝統の継承がある。何度もリハーサルを重ねて生の本番を撮っている。一年に一回だけ、わずか半時間の中継放送に賭けるスタッフの思いがよく伝わって来る。この平和祈念式典の中継と大晦日の『行く年来る年』の二つが、私にとってNHKらしい価値のある素敵な番組である。被爆六十周年はあるが被爆七十周年... [続きを読む]

受信: 2005.08.06 22:23

» 涙の流れるままに [Passing Strangers]
 今日は広島慰霊の日。毎年、平和祈念式典の中継を見ながら、これまで本で読み、学校 [続きを読む]

受信: 2005.08.06 23:27

» 絶望と希望 広島原爆の日 [NOPOBLOG]
今日はヒロシマの原爆の日でした。 テレビで平和式典を観ました。 そして、8時15分。 本などで読んで知った60年前の原爆が広島に落とされた当時のこと、 原爆で亡くなられた方たちの、それこそ想像を絶してしまうすざましかったであろう 痛み・苦しみや絶望、...... [続きを読む]

受信: 2005.08.07 17:55

» 2歳児の祈り [◆木偶の妄言◆]
朝食の途中で、2歳8カ月の娘Mたんに、「手を合わせて、目を瞑りなさい」と言った。 8月6日午前8時15分。 Mたんは「なんで?」と聞いた。 僕は「たくさんの人が死んだのを決して忘れないようにするためだよ」と答えた。 たぶん理解できなかっただろう。 「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませんから」 原爆慰霊碑に刻まれた言葉である。 「過ち」を誰が犯したかは重要ではない。 この慰霊碑の言葉を読む人間が一人ひとり「過ちを繰り返さない」ことを誓い、実行すれば... [続きを読む]

受信: 2005.08.07 22:16

» 昭和のいのち [天上のシンフォニー制作委員会:日記]
?(ページを破ってスクラップしてありましたので、いつ、何の雑誌か不明) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 黒柳徹子さんから聴いた話である。 ---作家の高橋玄洋さんは、終戦の夏のころ旧制の中学生で広島の郊外に学徒徴用で働いていた。... [続きを読む]

受信: 2005.08.09 16:17

» 平和の祈り [伯宮幸明コラム]
明日は8月6日。広島では戦後60年のイベントが開かれます。 そこで、平和に関してコメントしたいと思います。 平和について考える時、二つの要素があると思います。 平和に対する想いと、 現実の活動です。 想いというものには、愛、他民族・文化への理解、異なった考... [続きを読む]

受信: 2005.08.09 16:20

» 「サダコの折鶴」 [天上のシンフォニー制作委員会:日記]
ヒロシマの平和公園には、「原爆の子の像」というのがあります そのモデルになったのは、被爆から10年後に白血病になり、千羽鶴の祈りもむなしく12歳で世を去った佐々木禎子(さだこ)さんです ? そのサダコさんのことは、「サダコと折鶴の物語」となって世界に広まっていきま... [続きを読む]

受信: 2005.08.09 16:21

» 「60年目」のわたしたち・・・ [「緑」の基地プロジェクト・運営コミュニティ...?]
被爆から60年を迎えた、日本。 年々温暖化する中、酷暑な夏を迎えています。 [続きを読む]

受信: 2005.08.09 19:33

« 今 帰ってきました | トップページ | 東アジア選手権 »