« 概算要求 | トップページ | 頭の体操 »

2005.09.02

控除見直し

ついに本音か、、、小泉さん。
1日夜のテレビ「きょうの出来事」の党首討論で、
所得税の控除見直しについて「控除見直しも当然やります」と明言。
これは、「与党税制改正大綱」で、控除見直しをうたい、2006年にそのための法改正を行うとしていることへの野党党首(共産党、志位委員長)への答え。
  小泉首相はまた、消費税の増税については、
相変わらず「私の在任中は上げない」の一点張り。
「長い将来で見れば、消費税(増税)は避けられない」と明言しました。
控除が無くなるということは、
実質的な増税です。
普段は感じない控除ですが、確定申告の時、その有り難みがわかります。
もっと、控除はないかと目をさらにして、「税金の戻る本」を読みながら、確定申告している私です。
また、消費税。
なんでも、かんでも消費税。
福祉のためという名目で、かかるようになった消費税ですが、
本当に福祉のために使われているのでしょうか?
疑問です。
ちょっと、調べてみる必要がありそう。
どなたか御存知でしたらお教えください。
あるいは、
どこでどのようにして調べたらいいか、ご教示いただけたら、嬉しく思います。
私たちの払う税金の行方、
しっかり見定めていきたいものです。

|

« 概算要求 | トップページ | 頭の体操 »

コメント

 消費税は一般財源ですから探しようがありません。仰る通りです。
 民主党の言う福祉目的税と銘打たなければ他へ使われても文句の言いようがありません。
 どちらにしても増税を言う前に税金の使われ方を、徹底的に見直すことが肝要ですね。

投稿: hitoriyogari | 2005.09.02 15:15

日本は現在毎年の収入が40兆円、支出70兆円、借金30兆円で、総借金750兆円という状態です。
だから増税は不可欠で、その幅を少しでも少なくするために郵政民営化などで国の支出を減らす必要があるのです。

投稿: 名無し | 2005.09.02 16:06

>>郵政民営化などで国の支出を減らす

 郵政事業では、郵便局員の給与であれ郵便配達用のバイクの経費であれ、まったく税金は使われていませんよ。郵政公社は独立採算制で、郵政省時代からこれはおなじです。戦後のある時期を除いて、郵政事業に税金が使われたことはありません。小泉さんのウソに騙されちゃいけません。

「なぜ公務員じゃないといけない」と小泉首相は言いますけれども、「なぜ公務員であっていけない」と言いたいのが正直な気持ちですね。

投稿: Rough Tone | 2005.09.02 23:53

 郵政公社は利益の50%を国庫に納入することになっていますが、現在改悪されようとしている法人税の30%への引き下げが実現した場合、国営より民営化した方が国庫への納入が少なくなります。基本的に郵政事業の民営化は大蔵族である小泉総理が銀行を始めとする金融資本のために行おうとしている物です。国民にとっては百害あって一利無しです。

投稿: アッテンボロー | 2005.09.03 01:32

消費税中心の税制が所得税中心の税制より優位性を持つ、というのは横山彰先生が「税制と税政」という著書でブレナン=ブキャナンの「公共選択の租税理論-課税権の制限-」を元に著されています。

最も望まし税制を模索するのは、現代を生きる我々の責任でしょう。
っていうか政府税調も、政府に対してさじ投げた答申を出しちゃった感じですから。今更「望ましい税制」をうたっても国民には届かないでしょうね。1970年代から税体系の見直しは識者の間では議論されていたのに、欲深な政治家が愚かな国民を騙し続けた結果、本来導かれねばならない結論にたどり着くのが遅すぎた。

政府や政治の責任は、残念ながら民主主義なので国民が担わねばなりません。
最終的に消費税アップなのですが、遅ければ遅いほど上昇率が上がりそうですね。1980年代にきちんとしていれば高くは感じても常識的範囲で収まっていたでしょうに。

減税が減って打ちのめされるのは、サラリーマンよりも年金生活者です。住民税や国民健康保険料とかで目玉が飛び出る年金生活者は来年も増えるでしょうね。
消費税アップなら貯金生活者に打撃を与えますからどちらも厳しいのは言うまでもありませんが。

投稿: GAMEしようよ | 2005.09.03 13:47

hitoriyogari さん。
名無しさん。
Rough Tone さん。
アッテンボロー さん。
GAMEしようよさん。
こんにちは。
コメント有り難うございました。
週末は忙しくてバタバタしていました。
お返事遅くなり失礼していました。
さて、皆さんの書き込み、読ませていただいて、とても参考になり、今後も考えていきたいと思います。


hitoriyogari さん。
防災の方にもコメント有り難うございました。
まとめて此方に書かせていただきます。
また、台風が来ていますね。昨日は昨日で東京は大雨。
一体どうなっているのか?天の運気は?
やっぱり温暖化でしょうか?
いずれにしても、今来ている台風が通り越してくれることを待つばかりです。
さて、税金。
歳入も勿論ですが、歳出もしっかりと見ていきたいです。
これからもまたいろいろアドバイスよろしくお願いいたします。

名無しさん。
>日本は現在毎年の収入が40兆円、支出70兆円、借金30兆円で、総借金750兆円という状態です。

そうですね、、、借金は雪だるまのように膨れに膨れて、今日に至っています。
私個人は小泉さんになって、さらに借金が増えた気がしてなりません。
郵政民営化よりまえにもっと無駄を考えて欲しいと私は思うのです。
たとえば、昨年は年金と社会保険庁で盛り上がったのですが、このところサッパリ社保庁の話題はききませんが、、、
いずれにしても、長い目で見たとき、どうなるかを考えていきたいです。
そのためにはやはり現政府の税金の使い方をしっかりと見ていきたいと思っています。
また、ご意見お聞かせください。


Rough Tone さん。

「なぜ公務員じゃないといけない」と小泉首相は言いますけれども、「なぜ公務員であっていけない」と言いたいのが正直な気持ちですね。

あああ〜〜〜すごくわかります。
まったく同感です。
国は一体国民に何をする機関なのでしょうか?
いつも疑問に思っています。
ところで、ハリケーン、すごかったですが、今来ている台風の影響は如何でしょうか?
九州地方が出ると Rough Tone さんとお母様を思います。
どうか、お気をつけて。


アッテンボロー さん。
いつも郵政に関しては、私はとくに詳しく実体験溢れるあなたの記事を拝見して勉強しています。
職場ではどんな感じなのでしょう?
まぁ、本音はなかなか言えないでしょうが、、、
色々大変とは思いますが、頑張ってください。
なお、チャンバラの記事、私は楽しく拝見していましたが、
あらぬ方向で話が盛り上がっていましたね、、、
いつも楽しく見ていますよ。
では。

GAMEしようよさん。
お久しぶりです。
>減税が減って打ちのめされるのは、サラリーマンよりも年金生活者です。住民税や国民健康保険料とかで目玉が飛び出る年金生活者は来年も増えるでしょうね。

うわっっ〜〜〜〜
です。
本当に年金生活者、またその予備軍である私たち。
なんか先が見えません。
掛けるだけかけて、お金払って、貰う時は「ミミズの涙」か、、、
ミミズですよ。スズメではありません。
(私が今作ったのですが^^;)
本当に、
本当に、
きびしい〜〜〜〜
実感です。
では、またご意見お聞かせください。


投稿: せとともこ | 2005.09.05 15:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/5750509

この記事へのトラックバック一覧です: 控除見直し:

» ■平和憲法を擁護する声は改憲勢力に託せない。 ブログ「世に倦む日日」に思う [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
 消費税の大増税と、改憲を容認する民主党に、社民党と共産党という護憲派の支持を回すことはどんなものか。 ●ブログ世に倦む日日より引用 共産党は小選挙区票を民主党に流せ − 社民と共産は合同せよ 「社民共産の二つの政党の併存現実こそ、まさに絶望と不条理と政治不信の根幹」 (抜粋)日本の国民を政治不信に陥れている根本的な責任者は、実は共産党と社民党の二党なのではないか。この二党はなぜ一党に纏まって選挙戦を戦おうとしないのか。議席が一桁しかない弱小政党のくせに、訴えている政策も同じくせに、何でわざ... [続きを読む]

受信: 2005.09.09 12:33

« 概算要求 | トップページ | 頭の体操 »