« ハザードマップ | トップページ | 忙しい試合でした »

2005.09.07

混迷の中、イラクは

イラク、新憲法草案修正協議で合意できず
ということで、10月15日実施予定の憲法草案の賛否についての国民投票を前に、ますます混迷を深めているイラクの現状です。
各地で武装手段による襲撃が激化しています。
南部バスラでは5日。道路脇爆弾攻撃により英兵2人が死亡。
西部ヒートでは同日、多国籍軍基地近くで自動車爆弾による攻撃が発生。
イラク人11人が死亡、16人が負傷。
中部バラドではイラク軍車列にたいする自爆攻撃で、兵士2人が死亡。
首都バグダッドでは約30人の武装勢力が内務省建物にたいしロケット弾や迫撃弾で攻撃し、イラク警官2人が死亡、5人が負傷。
同地ではまた、米軍車両にたいする爆弾攻撃で米兵4人とイラク人3人が負傷。
こうした動きの中で米軍は「武装勢力掃討」を口実とした空爆を強行。
イラク駐留米軍は5日、イラク北部モスル西方のタルアファルに猛爆を加え、住民8人を殺害。
市内にある4つのモスクも爆撃。
さらに住民70人以上を拘束。
犠牲者はさらに増える見込み
(カタールの衛星テレビ・アルジャジーラが現地ジャーナリストの話として伝えたもの)
「イラク情勢」で検索ください。
各事件が載っています。
治安は悪化の一路を辿っています。
また韓国軍は1/3を撤退予定。
〜〜〜〜〜〜〜〜
ウリ党の金星坤議員(第二政調委員長)が明らかにしたもので、「多国籍軍が撤退や縮小を進めており、韓国内でイラク派兵に対する国民感情が悪化していることも考慮すると、派兵人員の削減は不可避だろう」と語った。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
各国の軍隊がイラクの情勢を見極め、
さらにそもそもの大義が崩れ去った今、イラクから撤退をしています。
しかし、
我が国の小泉さんは未だに「イラク戦争は正しかった」と言う。
そして、自衛隊のサマワ滞在期間も明言はしません。
混迷するイラクにあって活動なさっている自衛隊の方々が気がかりであると同時に、
この様な事態を生み出したそもそもの原因は「なんだったのか」を素直に認めて頂きたいものです。
小泉さん。
「大量破壊兵器の査察を受け入れなかった」の一点張り。
もう、やめにしませんか?
すでに破綻した論理にいつまでもしがみつくことは、
すべての人にとって不幸なことではないでしょうか?
小泉さん。
お願いです。
あの戦争は、するべきではなかったと、認めてください。
そしてそこから一歩踏み出してください。
なにしろ、
なにしろ、
多くの命がかかっているのだから、、、
私は、イラク戦争の同時代に生きている者としての責任を強く感じざるをえません。

|

« ハザードマップ | トップページ | 忙しい試合でした »

コメント

先日当方からトラックバックを投げさせて頂きましたが、当方のBrogへのトラックバックを投げて頂きました有難うございます。

一つだけ意見させてください。アルジャジーラの報道については、その内容に矛盾が見られることがよくあり、私は疑問に感じています。アメリカ軍によってイラク国民が数万人も殺害されたなんて、どう考えても根拠を疑う報道がなされたこともあるようです。

↓Wikipediaには、以下のようにあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%A9

---------- 以下Wikipediaの記事を抜粋 ----------

なおアメリカのテレビがアメリカ社会に偏向しているのと同様、アルジャジーラも当然イスラム社会に偏向しているが、これが直ちにアルジャジーラが反米メディアである事を意味しない。 カタールは、欧米諸国に対しては、イラク戦争では基地を提供する程度には比較的に穏健な姿勢であり、このアルジャジーラはカタール政府が西洋の近代的メディアを手本に創設した、発展途上国の官製報道としては、比較的自由な報道機関である。

---------- 以上Wikipediaの記事を抜粋 ----------

なおアルジャジーラの公式ホームページは以下の通りです。

↓アラビア語版公式Webサイト
http://www.aljazeera.net/NR/exeres/2798469E-8290-4C1A-9560-51AEBFCB09BA.htm

↓英語版公式Webサイト
http://english.aljazeera.net/HomePage

↓アラビア語も日本語も読めない(私のような)人用
http://ocn.amikai.com/amiweb/browser.jsp?url=http%3A%2F%2Fenglish.aljazeera.net%2FHomePage&display=2&langpair=1%2C2&c_id=ocn&lang=JA&toolbar=yes

投稿: Felddorf | 2005.09.09 00:24

↑いかんいかん。「アラビア語も英語も読めない(私のような)人用」の間違いですね。私は日本人なので勿論日本語は読めます。

投稿: Felddorf | 2005.09.09 09:34

Felddorf さん。
こんばんは。
コメント有り難うございました。

そうですよね。
確かに仰るように「情報」の偏向ってありますよね。
アルジャジーラがイスラムに偏向しているということは私も納得です。
ただ、だからといって、
今回、私が記事にした「米軍による空爆」までがデマとは思いません。
事実を調べようとしたら、すぐに調べられるし、何より当のアメリカからこれに関して、反対、反論が出ていないから、私個人は、この空爆は事実と思って、
自分の記事に例の一つとして挙げました。
いずれにしても、
どのような事に関しても、きっちり、しっかりと見ていく、判断していくということは大切なので、またいろいろお教え下さいね。
これからもよろしくお願いいたします。
では、、、また。

投稿: せとともこ | 2005.09.09 18:55

ご回答ありがとうございます。イラクで空爆が行われたのは恐らく本当でしょう。しかし、空爆の目的である武装勢力を制圧しかた否かについて、アルジャジーラが触れていないことが気にかかっています。

イラクの大量破壊兵器をめぐっては、米独立調査委員会が米中央情報局(CIA)などの事前情報が間違いだったと結論付けられているそうです。当時のコリン・パウエル国務長官は後にこのことについて「(私の)汚点だ。私は米国を代表して証拠を提示した人間の一人だ。ひどいものだった」と言っていたそうです。但し、フセイン政権は1997~8年頃にクルド人を大量破壊兵器で数万人虐殺していますので疑われても仕方ありませんでした。

コリン・パウエル前国務長官は湾岸戦争の時の統合参謀本部議長つまり軍人出身ですが、穏健派で国際協調路線でした。アメリカは軍属出身の政治家は戦争には否定的とのことです。恐らく現場の悲惨さを身を持って知っているからでしょう。

投稿: Felddorf | 2005.09.10 01:26

Felddorf さん。
こんにちは。
コメント有り難うございます。
お返事遅くなってごめんなさい。
週末は忙しくて、なかなか書けなくて申し訳ありません。

さて、
そうですよね、、、
パウエルさんも、イラク開戦については「凄く後悔している、汚点を残した」と演説した記事を私も読みました。
ただ、
Felddorf さんがお書きになったクルド人の虐殺については、
その後、本当にフセインがやったのか?と疑問が出ているという記事を目にしました(クルド人虐殺で検索しました)が、
事実はどうなんでしょうか?
いずれにしても、イラクは独裁国家であったことは事実です。
ただ、だからと言って、他国が内政を干渉していいのかは、私は疑問です。
また、お考え、お聞かせください。
では。

投稿: せとともこ | 2005.09.11 12:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/5829314

この記事へのトラックバック一覧です: 混迷の中、イラクは:

» 戦闘民族の国イラクに民主主義は根付くのか? [狸議長の寝入り]
イラクで憲法の草案が出来上がりはじめましたが、スンニ派勢力の反発から状況は流動的 [続きを読む]

受信: 2005.09.07 19:04

» ■[米ハリケーン]死者は数千人 防災対策、年々予算が削減、イラク戦争優先 [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
9月4日付・読売社説[米ハリケーン]「世界経済への影響も心配だ」 (抜粋)米国のルイジアナ州やミシシッピ州などに深刻な被害をもたらした、超大型ハリケーン「カトリーナ」の余波は、世界中に及んでいる。、、、  人口約50万のニューオーリンズでは、市域の8割が冠水し、死者は数千人に上るかもしれない、という。  救援活動がこれほどもたつくとは、米国民も信じられない思いだろう。甚大な被害の背景には、人災の側面も指摘されている。  ニューオーリンズでは、ハリケーン通過の翌日、堤防が決壊し、災害規模を一気に広げ... [続きを読む]

受信: 2005.09.08 02:03

» 夢なら良いのですが・・・ [続・愛のまぜご飯]
本当に大事な問題をごまかすために 郵政だ郵政だと五月蝿くきゃつは言っておりますが・・・ 撤収含みで派遣延長へ   『来年夏までに撤収する方向で』というのはとりあえずの 言い訳なのでしょうなぁ・・・と私は思っています。 『米政府は6月にイラク派遣の延長を日本政府に非公式に打診しており、 撤収に難色を示すことも予想される。小泉首相は11月1日で期限切れ となるテロ対策特措法の再延長を見送り、アラビア海に派遣している 海上自衛隊艦船を撤退させる意向で、米政府がいずれかの活動継続を... [続きを読む]

受信: 2005.09.09 10:14

» ■憲法9条 イラク多国籍軍への参加 選挙で話題にすべき だんまり??  [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
 国の進路を決める総選挙の投票日が迫っている。下記朝日新聞の社説は的を射ている。説明をして理解を得るのではなく、話題をそらし、新聞の紙面を埋め、テレビ放送の多くの部分が郵政民営化を巡るパホーマンスに時間が割かれたのではないか。平和と憲法の話題は後ろに下がったように思える。  しかし平和ほど貴重なものはない、豊かな生活の基礎があることには異論はないだろう。総選挙で平和外交の尊重と憲法の平和条項を守る意志を示したいものである。 小泉首相のメルマガ調、平和論を再録しておく 「戦争で人を殺したくない」皆... [続きを読む]

受信: 2005.09.10 12:11

« ハザードマップ | トップページ | 忙しい試合でした »