« 学校占拠事件から一年 | トップページ | なんだか本当に防災の日 »

2005.09.01

イラクの大惨事

スンニ派過激派関与?宗派対立激化か イラク7百人死亡と言うことで報じられたこのニュース。
時間を追う毎に犠牲者の数が増えるばかりです。
〜〜〜〜〜〜
治安当局者は、一日以降の捜索で遺体が発見される可能性を指摘しており、死者数はさらに増大する恐れがある。
〜〜〜〜〜〜〜
犠牲になられた方の多くがパニック状態で、一気に逃げようとして混乱。
川から転落、将棋倒しということですが、
勿論、本当の原因、背景はそんなことではありません。
ズバリ
シーア派を狙ったテロ
です。
イラク戦争以降、シーア派を狙ったテロが繰り返されていたという現実があります。
2003年3月のシーア派の最重要行事のアシュラ最中に同時多発テロ。140人が犠牲。
2003年8月 南部ナジャフで自動車爆弾テロ。ムハマド・バキル氏を含む120人以上が犠牲。

こうしたテロの目的は、新生イラクの現状を認めず、シーア派自体を異端とみなすスンニ派過激派の格好のテロの標的となり、大量殺りくによって、シーア派信徒の報復心をあおり、内戦状態に持ち込むことであるという見方があります。  
こうした背景の中、
シーア派信徒が「宗教行事は狙われている」という意識を常に持っていて、
迫撃砲攻撃があった時点で、すでに危機意識が高まり、パニック状態になったと思うと胸が塞がる思いです。
つい先日、憲法草案について書こうと思って、途中まで書きながら、
時間がなくてアップ出来なかった記事が、今 私のパソコンのデスクトップに置かれたままです。
書くスピードに追いつかないくらい状況は変化し、
悪くなっています。
やりきれない思いが増すばかりのイラク。

憲法草案修正の可能性があるとうことで、この問題はさらに混迷を深めていく模様です。
しかし、
 目を離さず、しっかりとみていきたいと思います。

|

« 学校占拠事件から一年 | トップページ | なんだか本当に防災の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15797/5733148

この記事へのトラックバック一覧です: イラクの大惨事:

» イラク憲法草案の是非:イスラエルからの視点 [グローバル・アメリカン政論]
イスラエルのミドル・イースト・インフォというシオニストNGOのEニュースで、イ [続きを読む]

受信: 2005.09.01 20:49

» 世界と選挙 [境界例と躁鬱病の主観からの覚書]
多くの人が死んでいく・・・ イラクで痛ましい事件が起こった。 もしこれが計画的な [続きを読む]

受信: 2005.09.01 21:50

» イラクの深い混迷 [七五白書 (しらけないために)]
 日本が戦艦ミズーリ号で正式に降伏文書に調印した9月2日は、米国では「VJデー」と呼ばれる対日戦勝記念日で、ブッシュ米大統領は30日、カリフォルニア州サンディエゴの米海軍基地で退役軍人や海軍将兵らを前に対日戦勝60年の記念演説を行いました。  大統領は、「米国と日本の専門家は当時、日本には民主主義の備えがないと指摘した。だが、日本で達成したことを見れば、特定の人々が平等と自由に適していないと信じるの... [続きを読む]

受信: 2005.09.02 11:21

« 学校占拠事件から一年 | トップページ | なんだか本当に防災の日 »